2017年12月一覧

原爆についての私の見解 (2)

・神の完璧な摂理

神の完璧な摂理については、以前に書きました。

神の完璧な摂理

原爆とカルマの関係

 

自分のした良いことも悪いことも、多すぎもせず少なすぎもせず、神の完璧な摂理によって、自分に返ってくる。
しかも、だいたい倍返しで返ってくる。

これは、とても分かりやすい法則です。

 

原爆投下にもこの摂理が、完璧に働く。
広島と長崎に原爆が投下されたのは、日本が過去に作ったカルマが関係している可能性が高い。

 

そして、原爆投下によって大きなカルマが作られた。
神の完璧な摂理では、原爆投下後に、原爆のカルマによる被害がないことは、まずあり得ない。

再び広島と長崎のような原爆による大きな被害が、起きる可能性が高い。
しかも、カルマは倍返しなので、被害も倍になる。

 

2062年から来た未来人は、第三次世界大戦で、日本には核は落とされないと言っている。
日本以外で核兵器の大きな被害が出る可能性が高い。

次に核兵器の被害が出る国は、過去に大きなカルマを作った可能性が高い。歴史を調べると分かることです。

 


2062年から来た未来人
 

Q第三次世界大戦で日本はどの程度被害を受けるのか。

A核は落とされない、とだけ言っておく。
(2010年11月16日) 

 

 


原爆についての私の見解 (1)

 

きのこ雲

 

原爆については、これまでにこのブログで何度か書きました。

インターネットなどを見ると、広島と長崎への原爆投下について、さまざまな意見があります。

原爆について、私がこれまでに得た知識による見解をもう一度書きます。

 

・原爆は、想像以上に恐ろしい

・神の完璧な摂理

・酷い目に遭っても、罪も人も憎まず

・どんな理由であれ、原爆で殺人をしてはいけない

 

原爆は、想像以上に恐ろしい

原爆で数十万人の民間人を殺すのと、他の爆弾で殺すのとでは、原爆が断然、破壊力が高く、人を無残に殺し、地球も大きく破壊する。

原爆は、他の兵器と性質がまったく違う。
原爆の恐ろしさを知ると、原爆の使用を賛成できなくなる

広島と長崎への戦争を止めるために、原爆の使用はやむをえないと言う人は、原爆の恐ろしさをよく知らないからそう言える。

この先は、原爆使用の賛成者も、原爆の怖さを知るにつれて、賛成しなくなるでしょう。

戦争を早く終わらせるために、原爆で数十万人の民間人を殺すことに大きな違和感を感じるのが、多くの人の正常な感覚。

 

核戦争が地球を破壊する

このままでは、近い将来、本当に核戦争で地球を破壊してしまう可能性がある。

人が、原子エネルギーを使用するのは、まだまだ早い。
原爆は、絶対に作ってはいけないものだった。
何としてでも、核兵器を全廃しなければ、人類は本当に滅びる可能性が高い。

 

地球の内部に住むアガルタ人は、人間が原爆を1945年に広島と長崎に使用したとき、使用を止めるように警告した説がある。

原爆は、人間が絶対に作ってはいけないもの

 

もし、わざわざアガルタ人が人間に警告してくれているとしたら、その後も核実験を繰り返しているのは、罪が重い。

 


学校を卒業後も、勉強を続けたいと思える授業が、良い授業

 

学校を卒業後も、勉強を続けたいと思える授業が、良い授業

 

物理学者のアインシュタインの名言

学校で学んだことを一切忘れてしまった時になお残っているもの、それこそ教育だ

学校を卒業後に、自分の頭や体に残る教養や技術が大切。
どんなにテストで高得点を取っても、卒業後に忘れると、教育の意味があまりない。

 


私は最近、中学生の二次関数などの数学を勉強する機会があったのですが、なかなか興味深かった。

学生時代は、数学は公式を覚えて問題を解くという機械的な作業で、あまり楽しくなかった。

今は、解答を求めるために、どのようにすればいいか考えることを少し楽しめた。

これは、日々の身魂磨きで、学生時代よりも人格が向上したからかもしれない。

数学で解答を求めるのは、人気マンガの『名探偵コナン』や推理小説で謎解きをして、真犯人を探すことに似ていると思った。

 

学校を卒業後も、勉強を続けたいと思える授業が、良い授業だと思う。
残念ながら、私の受けた教育では、殆どの科目は、卒業後には興味が無くなった。

読書の楽しさも、卒業後に少しずつ自分から本を読むことで、得ることができた。
音楽も最近、クラシック音楽を楽しんで少しずつ聞き始めている。

勉強は、自ら進んで学ぶ姿勢にならないと身につかない。
そのためには、日々御魂を磨いて人格を向上させることです。

 


ピコ太郎は『マネーの虎』に出演していた

 

ピコ太郎は『マネーの虎』に出演していた

前回、テレビ番組の『マネーの虎』について少し書きました。

なんと、その出演者の中に、『PPAP』で大ヒットしたピコ太郎(古坂大魔王)が13年前に出演していた。

 

小坂和仁 30歳


小坂和仁 「世界をビックリさせたい

「地元の青森のねぶたまつりを音楽に取り入れたい」

 

『PPAP』は、「ねぶたまつり」とお笑い芸人で「底ぬけAIR-LINE」をしていたころの面白さ組み合わせた感じがする。
PPAPを見ると、視聴者は、楽しくなり笑ってしまう。

 

 

『マネーの虎』の映像からは、彼のとても誠実な感じがよく伝わってくる。

彼は、この後も「世界をビックリさせたい」と音楽活動を続けた
努力が実を結んだ。

運良く、「YouTube」ができたのも良かった。

 

彼の後にも、「YouTube」などで世界的ヒットを飛ばす日本人が、また出るのではないでしょうか。

誠実に努力を続けると、実を結ぶことが多い。

 

 


行動すると、やがて実現することが多い

 

 

行動すると、やがて実現することが多い

 

日月神示には、「祈り」についての言及が多い。
それだけ、祈りは、重要だということ。
この祈りとは、心で祈るだけではなく、実際に行動すること。

 

「祈りとは意が乗ることぞ。
霊の霊と霊と体と合流して一つの生命となることぞ。
実力であるぞ」

 

「祈りは弥栄であり、限りない生活であるぞ。
生命のイキであるぞ。
祈りから総てのもの生れるぞ」

 

誠の喜びの祈りからは  が生命し、
かげの祈りからは  が生命するぞ。
人祈れば神祈り、人為せば神なる道理ぢゃ

人の行動というのは、人体と霊と霊の霊が1つになり、1つの生命となること。
人の行動は、実は目に見えない霊と霊の霊が伴う。

霊界でも人は、祈り続ける。これが弥栄となる。

 

自分がしたいことがあれば、どんどん行動すると、暫くして実現することが多い。
行動する努力が大切。
もちろん、犯罪などの悪いことはしてはいけない。

 

欲しい洋服があれば、お店に洋服を見に行ったり、試着したりして、どんどん行動することです。

私は3年前に、デパートでマネキンが着ているイタリアのジャケットを見て、素敵だと感じて、一着欲しいと思いました。

 

しかし、ブランドのジャケットは、一着が30万円くらいするので、買うのはまだ先だと感じた。
しかし、1年ほど後に、正月のセールで3割引で買うことができた。
これは、1年前から買いたいと思い、行動した結果、運良く買うことができたのだと思います。
この行動がなければ、買うことはできなかったでしょう。

 

お金が欲しかったら、稼げる仕事をネットや雑誌などで、どんどん調べることです。
大抵の場合は、何かの仕事が見つかることが多い。

 

仕事で何かの研究をしているとき、研究を続けていると、何かの拍子に、新たな発想や発見をすることがある。
これは研究を続ける行動が、新たな発見を引き寄せる。

 

自分がしたいことがあれば、どんどん行動することです。
行動しないと実現しない。
この重要な法則を知っていると、とても生活しやすくなる。

 


日月神示
黄金の巻  第100帖

真剣で求めると真剣授かるぞ
求めるとは祈ること
よく祈る者はよく与えられる
日々の祈りは行であるぞ

百年祈り続けても祈りだけでは何もならん
それは祈り「地獄」じゃ
祈り地獄多いのう
肉体人は肉体の行せねばならん 


月光之巻 第44帖
 

そなたは祈りが足らんぞ
祈りと申すのは心で祈り願う事では無いぞ

実行せねばならん
地上人は物としての行動をしなければならんぞ
口と心と行と
三つ揃わねばと申してあること、忘れたか
 

黒鉄の巻  第32帖

祈りとは意が乗ることぞ。
霊の霊と霊と体と合流して一つの生命となることぞ。
実力であるぞ。

想念は魂。
魂は霊であり、霊の世界に属し、
霊に生きるのであるぞ。
ものは霊につけられたもの、
霊の霊は、霊につけられたものであるぞ。

 

黒鉄の巻 第34帖

祈りは弥栄であり、限りない生活であるぞ。
生命のイキであるぞ。
祈りから総てのもの生れるぞ。

誠の喜びの祈りからは  が生命し、
かげの祈りからは  が生命するぞ。

人祈れば神祈り、人為せば神なる道理ぢゃ。
禁慾は神の御旨でないぞ。慾を浄化して、
生めよ。産めよ。

今の人民、慾の聖化を忘れて御座るぞ。
慾は無限に拡がり、次々に新しきもの生み出すぞ。
慾を導けよ。

 

 


ブラック企業で働く理由は、悪い因が関係している

 

 ブラック企業で働く理由は、悪い因が関係している

 

悪は、同じ悪にしか働かない。善には働かない。
善が神の現れなら、悪も神の現れ。

悪には、悪の存在意義がある。
存在意義がなくなれば、悪もいなくなる。

 

日本でブラック企業が、大きな問題となっている。

日本にブラック企業が多く存在するということは、それだけブラック企業に勤めて苦しむ因がある人が、多く存在するということ。

 

ブラック企業に勤める人は、苦しくて、腹が立つと思いますが、基本的には、ブラック企業を憎んではいけない。

 

日々御魂を磨いて、人格が向上していくと、自分の仕事が良いものに変わってくる。
目に映るものも、良いものに変わってくる。

 

私は昔、バイトで回転寿司へ一度行きました。
男性の店長が、初めから高圧的を従業員にとり、少しミスしただけで、すごい形相で怒鳴り散らす。
店長が、何か気に食わないことなどがあれば、強制的にクビ。

 

私も何度か怒鳴り散らされて、一ヶ月ほどで、店長が 「間違って消してしまってな」 という意味不明な理由を言われて、クビになった。
「間違って消してしまった」というのは、クビの理由にならない。

こういうことは、回転寿司の従業員の方なら、知っていることです。

 

電話で家庭教師の宣伝をするバイトもしました。
そこも人相の悪い社員がいて、私に言いがかりをつけてきて、すぐにクビ。

これらの経験は、とても腹が立ったし、落ち込んだ。
私と同じような経験者は、日本中にたくさんいる。

 

しかし、このような嫌な経験をするのは、私にも悪い因があったからだと思う。
悪い因がなければ、嫌な経験はしない。

これ以降は、少しずつだが嫌な経験は、しなくなっていった。

 

日々、御魂を磨いて、自分の内分を高めていくことです。

 

日月神示

キの巻 第17帖

今の仕事五人分も十人分も精出せと申してあろうがな
急ぐでないぞ
その御用済んだら次の御用にかからすのだから
この世の悪も善も皆御用と申してあろうが
身魂相当の御用致しているのだぞ
仕事しながら神示肚に入れて行けば仕事段々変わるのだぞ

 

黄金の巻 第99帖

内にあるもの変えれば外から映るもの
響いて来るもの変わって来るぞ
内が外へ、外が内へ響くのじゃ

妻にまかせき切った夫
夫にまかせ切った妻の姿となれよ
信仰の真の道ひらけるぞ
一皮むけるぞ、岩戸ひらけるぞ
不二晴れるぞ

 


死んだも同然の人を助ける

 

以前に、人の命を救って大きな徳を積むを書きました。

日月神示
今の人民九分九厘は死んでいるぞ、救え、救え、救え

おかげは取り徳じゃ」とある。

人民の99%が死んでいるというのは、多すぎると思いますが、病気や貧困で死んだも同然の人は、日本だけでもとても多い。

私の親戚、友人、知人、近所の人などを見ても、肉体的、精神的な病気や障害や貧困などで苦しんでいる人は多い。
私の従兄弟の男性は、植物人間状態になり、病院で意識がない状態で何年も過ごしている。
母親がずっと息子の看病している。そして、その母親も老化で背骨が曲がる病気になり、金属の棒を背中に入れる手術をしました。

このような苦しい生活の人は、日本だけでもザラです。すごく多い。

家族の1人が重病になると、誰かが付きっきりで看病しなければならない。
肉体的にも経済的にも、大きな負担がかかる。

幸いにも、私は健康なので、とても有り難いことだと感じる。

 

若い世代の「死因トップが自殺」はG7で日本だけ : 未成年自殺率、最悪を更新

日本は若い世代の死因のトップが自殺。悲しすぎる。

自殺者は、うつ病などの精神病になってから自殺することが多い。
精神病を減らせば自殺も減る。

 

 

精神病は一二三祝詞で治る

精神病を治す方法は、日月神示に書いている。

ブログにも書きました。

一二三の食べ方で病気が治る

 

 

日月神示

日の出の巻 第8帖

ヒフミの食べ物に病無いと申してあろうがな
一二三の食べ方は、一二三唱えながら噛むのだぞ

四十七回噛んでから呑むのだぞ
これが一二三の食べ方頂き方だぞ

神に供えてから、この一二三の食べ方すれば
どんな病でも治るのだぞ
皆の者に広く知らせてやれよ

心の病は一二三唱える事に依って治り
肉体の病は四十七回噛む事によって治るのだぞ
心も身も分け隔て無いのであるが
会得(わか)る様に申して聞かせているのだぞ
取り違い致すでないぞ

 

一二三祝詞は、文字数が合計で47。

一二三祝詞

ひふみ、よいむなや、こともちろらね
しきる、ゆゐつわぬ、そをたはくめか
うおえ、にさりへて、のますあせゑほれけ

【ひふみ祝詞】森羅万象と交響し、宇宙と同化する大いなる言霊の力(一二三祝詞)


祝詞の最後の文字は声を伸ばす。
心の病は一二三唱える事で治る。
毎日、何度か唱えるといいです。

 

病気は、カルマが関係していることが多い

今の地球に住む人の多くは、病気や貧困など、さまざまな困難を乗り越えて魂を磨くように、あらかじめ人生がある程度決められているという。
これは以前に書きました。

過去の記事 人生は、両極を経験する


ですから、世の中に病気や貧困などで、苦しむ人が多いのは、当然といえる。頑張ってそれを乗り越えるしかない。

 

病気は、その人のカルマが関係していることが多い。
病気になることで、カルマを解消している。
カルマを作ると、再び病気になることが多い。
神の完璧な摂理は、誰も変えることができない。

困っている人達を無償でどんどん助けることが大切。
そうすると大きな徳を積める。

 

 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

完訳日月神示 [ 岡本天明 ]
価格:6050円(税込、送料無料) (2022/6/1時点)

楽天で購入

 


ブログは1ページあたり10円か20円

 

ブログは1ページあたり10円か20円

このブログは、グーグルアドセンスという広告を使っています。
これは、グーグルが提供する広告をブログに設置して、訪問者にクリックされると、報酬が発生する仕組み。

 

ワンクリックが、10円ほど。
クリックが無くても、ページビューが多ければ、1円か2円ほどあることもある。
利益はとても低い
しかし、ページビューなどが分かり、便利なので使っています。

 

私のブログでは、利益は1ページあたり平均10円か20円ほど。
しかし、人気が高まると、利益はもっと上がってくる。

 
本は1ページ1円か2円

私の手元に、岩波文庫のトルストイの 『戦争と平和』 の全六冊がある。
1冊あたり500ページほどで、値段が940円。
1ページあたり2円弱。

『戦争と平和』の全部を日本語に翻訳するのは、ロシア語やロシア文化の教養と膨大な労力と時間が必要。
この本の翻訳は、ごく一部の人しかできない。
こう考えると、940円は安すぎると感じる。

しかし、本が完成して傑作ができると、たくさん売れる。
しかも、長い間売れ続けることが多い。

 

洋服でも高級ブランドの洋服は、数十万円もしますが、職人が時間をかけて数百、数千ものステッチをかける。
デザインも考え抜かれている。
1つのステッチは、たいしたものではないが、洋服が完成して良いものができると、高くても売れる。

 

アニメでも、天才的なアニメーターが、セル画を1枚1枚描いて、数万枚、数十万枚と積み重ねて、ひとつの作品が完成する。

 

学問、芸術、スポーツなど、どんな仕事でも、毎日コツコツと努力を積み重ねて、手間をかけていいものができる。

 

ブログで稼ごうと思ったら、毎日良い記事を500ページ、1000ページと書いて行くしかない。
短期間で大きく稼ぐのは、難しい。

 

仕事で徳を積む

もし、仕事で利益がなくても、人の役に立つことが大切。徳が積める。
さまざまな仕事で稼いでも、仕事の内容が悪く、人の役に立たないと、徳は積めない。
むしろ、カルマを作り、苦しむことになる。

 

シルバーバーチが繰り返し言っているように、自分を人の役に立たせることが大切。

 


イチョウの葉が防虫剤になる

 

イチョウの葉が防虫剤になる

 

冬になり、公園でイチョウの葉を拾ってきて、衣類の防虫剤にしてみました。

作り方は、イチョウの葉を洗い、3日ほど乾かして、お茶のパックに適量入れるだけ。
効果は、2年ほど持つらしい。
親にもあげました。

作ってみた! 銀杏(イチョウ)の葉でオーガニック防虫剤

イチョウの葉は、独特な香りがする。
この香りを虫が嫌うのでしょう。

 

私は、防虫剤の「ムシューダ」も箪笥に入れましたが、ウールやカシミヤのコート、セーターどは、高価で虫に食われやすいので、イチョウの葉も入れてみました。

防虫効果がどのくらいあるかは、まだ不明。

私も過去に、セーターが虫に食われて、小さい穴が空き、我慢して着続けた。
しかし、他人に穴を見られるのが格好悪いので、捨てた。
小さい穴でも、他人には見せられない。


イチョウの葉のエキスを染み込ませるなどして、防虫効果のあるウールやカシミヤの衣類が開発されると、売れると思う。

防虫対策総まとめ~虫食いの原因から防虫剤選びのポイントまで~

 

洋服屋さんは、お店の洋服の防虫対策は、どうしているのでしょうか?
やはり防虫剤を置いているのか、それとも何もしていないのか。

 

イチョウの葉は、綺麗な黄色で、多くの落ち葉を見るだけで、とても気分が良くなる。

ちなみに、漢字の銀杏は、「ぎんなん」と「いちょう」のどちらでも読める。

 


人の命を救って大きな徳を積む

助け合い

 

日月神示に 「人民のいのちを正しく育てることが一番の喜び」
今の人民九分九厘は死んでいるぞ、救え、救え、救え

おかげは取り徳じゃ」とある。

 

人民の99%が死んでいるというのは、多すぎると思いますが、病気や貧困で死んでいるのと同然の人は、日本だけでも沢山いる。
そういった人をどんどん救うことが大切。
救うと徳が積める。
これが人の喜びのみち。

 

贅沢するお金を少しでも人助けに

最近私は、なるべくお金をボランティア団体の寄付や支援物資に充てている。
これまでに無駄な洋服をたくさん買ってしまい、無駄使いして後悔したことがある。
そのお金を寄付に使えばよかった。

 

テレビなどでお金持ちが、贅沢三昧の暮らしをしている場面がでることがある。
多くの人は、凄いと感じて賞賛するが、このような暮らしは、あまり褒められたものではない。高価な宝石をたくさん持つことは、贅沢です。

お金をかけて豪華な宗教施設を建てることや、カジノ、パチンコ、競馬などのギャンブルをするなど、世の中には、無駄使いがたくさんある。そのお金を人の命を救うことに使う方がいいです。
日本だけでも、貧しくて生活に困る人がたくさんいる。

 

日本にカジノ建設計画がありますが、これもしてはいけない。
以前に書きました。

日本にカジノ建設は、大きなマイナス

 

日本昔ばなしの 『わらしべ長者』 の主人公が、苦しむ女性をミカンをあげて助け、その後にその女性と再会して結婚するというのがある。
教訓のある良い話です。
大人になっても、たまに見返してしまう。

過去の記事  日本昔ばなしの「わらしべ長者」を見習おう

 

人の命を育てて、人の喜びのみちを歩む。

 


日月神示
 

春の巻 第7帖 

言分けて書きおくから、迷わん様に、
人民の理(みち)歩んで呉れよ
何も彼も嬉し嬉しとなる仕組
人民に禍(わざわい)無いのじゃ
不足無いのじゃ 

いつも楽し楽しの歌で暮らせる仕組じゃぞ
と申して、心で分かっても、今の人民に
は分かるまいから、更に言分けて、
こまかに説いて聞かすぞ
理しるべをつくりおくぞ

これがよろこびの理じゃ
人民のいのちを正しく育てることが一番の喜び
人民と申す者は神の喜びの全き現われであるぞ
いくら穢れても元の神の根源神のキをうけているぞ

それを育てることじゃ 導くことじゃ
死なんとする人助けるのもその一つじゃ
宿った子殺すことは、人民殺すことじゃ

今の人民九分九厘は死んでいるぞ
救え、救え、救え
おかげは取り徳じゃ

生かせよ。生かせよ
生かす理は神示読むことじゃ

 

 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

完訳日月神示 [ 岡本天明 ]
価格:6050円(税込、送料無料) (2022/6/1時点)

楽天で購入