2016年01月一覧

手荒れは、借銭済ましかもしれない

手荒れは、借銭済ましかもしれない

私は3年ほど前から両手にひどい手荒れがあり、皮膚から血が出て辛い思いをしましたが、最近やっと治ってきました。ぶり返すかもしれませんが。

こんなひどい手荒れは、これまでに経験したことがないです。3年ほど前といえば、日月神示を読み始めた時期です。

日月神示に病気や怪我は、借銭済ましと書いてあります。

 

日月神示

月光之巻 第44帖
この道に入ると損をしたり、病気になったり
怪我をしたりする事がよくあるなれど
それは大難を小難にし
又めぐりが一時に出て来て
その借銭済ましをさせられているのじゃ。
借りたものは返さねばならん道理じゃ。
損もよい、病気もよいぞと申してあろうが。
ここの道理もわきまえず、理屈申しているが
そんな人民の機嫌取りする暇は無くなったから
早く神心になって下されよ。
そなたは祈りが足らんぞ。
祈りと申すのは心で祈り願う事では無いぞ。
実行せねばならん。
地上人は物としての行動をしなければならんぞ。
口と心と行と
三つ揃わねばと申してあること、忘れたか。

岩の巻 第7帖 
この神の許(もと)へ来て
信心さえして居(い)たら
良い事ある様に思っているが、大間違いだぞ。
この方の許へ参って先ず
借銭なしに借銭払いして下されよ。
苦しいこと出来て来るのが御神徳ぞ。
この方の許へ来て悪くなったと云う人民
遠慮いらん、帰って呉れよ。
そんな軽い信心は信心では無いぞ。
結構な苦しみが分からん臣民一人も要らんのぞ。
しっかりと褌(ふんどし)締めてついて御座れよ。
この方悪神とも見えると申してあろうがな。
分かっても分からん、出来ん事致さすぞ。
神が使うのだから楽でもあるのだぞ。
静かに神示よく肚(はら)に入れて御用して下されよ。
神の道光るぞ。

 

手荒れは、借銭済ましかもしれません。
日月神示を読み始めた人で、私と同じように手荒れや病気や損なことを経験した人は、多いと思います。


人を助けると、神がその人を助ける

人は、自分のした行動が、自分に返ってくる因果応報の摂理がある
この摂理は、だれも変えられない。
人の行動、言葉、心の想いは、寸分違わず記録され、自分に返ってくる。

 

を助けると、自分が人から助けられる。
人を怒ると、人から怒られる。
人を殺すと、逆にいつか殺されることになる。

 

お腹に宿った子は、すでに魂をもつ人間です。
宿った子をおろす人工妊娠中絶は殺人と同じ
2014年は
日本で中絶数が、年間約18万件。
大きなカルマを背負うことになる。

生まれた赤ちゃんを虐待で殺すと重罪ですが、お腹の中で殺すと罪に問われない。法的な殺人が、毎年何万件も起きている。
中絶をゼロにしなければならない。

現在、中絶するか迷っている人は、中絶しない方がいいです。
中絶すると殺人の大きなカルマをつくり、中絶しなかった人生よりもはるかに苦しむことになる。

 

困っている人、死にそうな人をどんどん助けることが大事です。
自分も困った状況になったときに、助けられる。
日本だけでも病気や貧困などで死にそうな人は、数えきれないほどいる。
人民救済のボランテァア団体の活動に参加するのもいいです。

 

落語では「文七元結」が、人助けの噺で面白い。
人助けをすると自分が助けられることが、うまく表現されている。

 

日月神示 

松の巻 第20帖

人助けておけば、その人は神助けるぞ。
神界と現界の事この神示よく分けて読みて下されよ
これから愈々の御用あるぞ。

 

春の巻  第7帖
言分けて書きおくから、迷わん様に、人民の理(みち)歩んで呉れよ。
何も彼も嬉し嬉しとなる仕組、
人民に禍(わざわい)無いのじゃ。
不足無いのじゃ。

いつも楽し楽しの歌で暮らせる仕組じゃぞ。
と申して、心で分かっても、今の人民には分かるまいから、更に言分けて、こまかに説いて聞かすぞ。
理(みち)しるべをつくりおくぞ。
これがよろこびの理じゃ。

人民のいのちを正しく育てることが一番の喜び。
人民と申す者は神の喜びの全(まっと)き現われであるぞ。
いくら穢れても元の神の根源神のキをうけているぞ。
それを育てることじゃ。
導くことじゃ。

死なんとする人助けるのもその一つじゃ。
宿った子殺すことは、人民殺すことじゃ。
今の人民九分九厘は死んでいるぞ。

救え、救え、救え。
おかげは取り徳じゃ。
生かせよ。生かせよ。
生かす理は神示読むことじゃ。


すべての占いは、太陽系の惑星の作用を見るものである

 

すべての占いは、太陽系の惑星の作用を見るものである

占術研究家の梶原 煌平氏は、「万占同根」を唱えています。

————————————————————————————————

梶原流数霊術サイトより

この世は惑星(太陽系の天体)の星導によって紡がれた結果である。したがって全ての占いは惑星の星導をみるものである。

「星導」とは太陽系の天体から発せられる意味をもった霊的な星の作用と解釈して下さい。

———————————————————————————————-

 
占いには、人相、手相、姓名判断、方位術、四柱推命などたくさんありますが、実はどれもインド占星術の太陽系の惑星の作用と共通しているということです。1~10の数の象意は惑星の象意そのものである。これを知って、非常にすっきりしました。
 
以前にブログで「原子、人間、地球、太陽系などは、同じ構造をしている」の記事を書きましたが、それと似ていると思いました。
梶原氏のサイトは、数霊術、日月神示、シルバーバーチ、エドガー・ケーシーなどを分かりやすく解説しているので、興味がある方は読んでみて下さい。
 
占い以外にも、太陽系の惑星と共通しているものが、 見つかるかもしれません。

原子、人間、地球、太陽系などは、同じ構造をしている

 

 

原子、人間、地球、太陽系などは、同じ構造をしている

 

原子、人間、地球、太陽系、銀河系などあらゆるものは、同じ構造をしている。
近い将来の岩戸開きでは、あらゆるものの構造が変化するらしい。

 

日月神示

冬の巻 第1帖
宇宙は霊の霊と物質とからなっているぞ
人間もまた同様であるぞ
宇宙にあるものは皆人間にもあり
人間にあるものは皆宇宙にあるぞ
人間は小宇宙と申して、神のヒナガタと申してあろう

至恩之巻 第5帖

人民の肉体も心も天地も皆同じものから同じ想念によって生まれたのであるぞ。 故に同じ型、同じ性をもっているぞ。

 

至恩之巻 第16帖
太陽は十の星を従(したが)えるぞ。 原子も同様であるぞ。 物質が変わるのであるぞ。

人民の学問や智では分からん事であるから、早く改心第一ぞ。
二二と申すのは天照大神殿の十種(とくさ)の神宝に ﹅ を入れる事であるぞ。 これが一厘の仕組み。 二二となるであろう。 これが富士の仕組み。
七から八から鳴り鳴りて十となる仕組み。 なりなりあまるナルトの仕組み。 富士(不二)と鳴門(成答)の仕組み愈々ぞ。
これが分かったならばどんな臣民でも腰を抜かすぞ。

 

原子の構造。
中心に原子核があり、周りに電子がいくつかある。
岩戸が開くと電子の数が増えるらしい。
1314159_011

人間の構造。
人間の場合は、チャクラが原子の電子や太陽系の惑星に相当するのではないかと思います。
人間のチャクラは、7個ほどある。
岩戸が開くと、チャクラが増えるのかもしれません。

福原氏のサイト「日月神示(ひふみ神示)の真の解釈」
人間の岩戸開きについて

chakra

 

地球の構造。地球にもチャクラがある。
地球のチャクラの図。 

o0725046012963084446

 

太陽系の構造。
中心に太陽があり、周りに惑星が、水金地火木土天海の8個。
岩戸が開くと10個になるらしい。

 
orbit-v2-m

 

銀河系の構造。これも原子や太陽系と同じような構造をしている。
F07002