早死にする職業ベスト10

早死にする職業ベスト10

「日刊SPA!」が、2013年に「早死にする職業ランキング」を掲載しています。
「早死に」とは、残酷なことを書くなと思いましたが、健康について参考になる。

「日刊SPA!」 早死にする職業ランキング


早死にする職業ベスト10

1位 大手広告代理店の営業
2位 IT企業の下請けSE
3位 チェーン飲食店店長
4位 若手官僚
5位 病棟勤務の看護師
6位 タクシー運転手
7位 LCCの客室乗務員
8位 自衛官
9位 公立学校の教員
10位 トラック運転手

早死する原因は、ストレス、過重労働、暴飲暴食、深夜までの残業、長時間労働、低賃金、接待続きなどの過剰飲酒など。


毎日の厳しい仕事で短命になるのは、とても不幸です。
少しでも体の負担が少なくなるように改善、努力していくしかない。

日本は世界的に長寿国ですが、まだまだ肉体的に厳しく短命な仕事は多いので、改善していかなければならない。そうすることで、日本の平均寿命はもっと伸びる。



私の知り合いにも広告代理店に勤める男性がいます。

仕事の内容は、街の看板広告の設置などです。
暑い日も寒い日も雨の日も、外で仕事をすることが多く、肉体的にも厳しい。風邪も引きやすい。

早死しやすい仕事は、若いときは、なんとか無理がききますが、中年以降は、肉体的に急に衰えてくるので苦しくなる。それで短命になりやすい。


老化が始まる中年以降も、楽しく快適にできる仕事が、健康に良い。

そのためには、若いうちからいい仕事に就けるように、努力しておくことです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする