日本の野菜の自給率は低い


日本の野菜の自給率は低い

前回に国産の野菜が、健康に良いと書きましたが、日本の野菜の自給率は低い
スーパーに行っても、外国産の食べ物をとても多く見かける。

国内の自給率が向上した方がいい理由に、もし戦争や自然災害などで、海外から輸入ができない事になると、困ることがある。

これも重要ですが、他にも、日本人の健康には、国産が良いということがある

食品別生産自給率

日本の“真の食料自給率”は1.5%?―【農家の窓から】

まだまだ日本の食べ物には、自給率の低さや、野菜の栄養価の低下、化学肥料の使用、食品添加物の使用など問題が多い。

あまり健康に良くない外国産を、小さい頃から食べると、病弱な体になる。

皆が安心して国産の野菜を食べられることが理想的。
そうなると、健康になり、病人も減る。


昔の日本人のように、小さい頃から健康に良い国産の野菜を食べる習慣が大切。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする