AI(人工知能)は、急速に進化していく (6)

AI(人工知能)は、急速に進化していく (6)

2017年のAI研究論文数は、1位米国、2位中国、3位インドで、日本は7位。

日本のAI研究は、アメリカや中国にかなり遅れている。
この先も、日本がこれらの国に追いつくのは、難しいでしょう。

AIが発達して、人々の生活をコンピューターが管理して、便利になると、人は肉体的、精神的な能力が低下する可能性が高い
それにより、人や社会に大きな弊害が出て、困ることが多くなる。

AIは急速に発達している。
日本は、今からその対策を徐々にしていった方がいい。

日本は、AI開発のトップになるのは難しいと思いますが、AIの弊害の対策先進国になることは、努力すればできるかもしれない。

日本は、AIの開発による利益は、トップになることは難しいが、弊害によるマイナスを減らすことも重要。

対策の1つに、人は小さいころから、機械にあまり頼らず、自然が豊かで農業をしていたような昔の暮らしをすることが、人の発育にいいと思います。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする