インドが世界最強国家になり、ノーベル賞最多国になる

インドが世界最強国家になり、ノーベル賞最多国になる

2062年の未来人

Q.現在の中国は中華人民共和国ですが、あなたの時代では中国の政治体制分裂したか否か、できれば人口や政治指導者を教えてください。

A.中国はもう存在していない。アジアの大半がインドになっている
(2010/11/14)

Q.日本周辺の国で国境に大きな変化を生じた国は有りますか?

A.国境に大きな変化を生じた国はインドだな。(2010/11/14)

Q.ノーベル賞受賞者はコンスタントに出ているか?

A.ノーベル賞は日本人多い。日本はインドに続き世界的天才集団
(2010/11/16)

Q.2062年のインドの総人口は何億人か?

A.55億人。
(2010/11/21)

Q.第3次世界大戦の前に中国と日本の軍事衝突はありますか?あるならそれはどう終息する?
A.ある。序盤、アメリカ、日本が応戦するが、最強国家インドが鎮圧
(2010/11/21)

今や世界的企業のCEO(最高経営責任者)などのトップに多くのインド人が抜擢されている。今後もインドから多くの天才が輩出されることになる。裕福層も激増している。


インドはこの先、急成長し続け、ノーベル賞の数が世界最多になり、世界最強国家になる可能性が高い。

2016年のインドの人口は、約13億人。中国も現在は、約13億人。インドは、今後も人口が増え続け、人口が世界一になる。


2062年の未来人によると、「ノーベル賞は日本人多い。日本はインドに続き世界的天才集団」
と言っているので、2062年のノーベル賞の数は、インドが世界1位で、2位は日本かもしれない。
日本の教育レベルもすごい。私も
日本人として嬉しい。人口が日本とインドでは大きな差があるので、ノーベル賞の数では勝てない。

日本の教育者は、優秀な頭脳を輩出するインドの教育や文化を学び、日本の教育に生かしてほしい。

歴史の大きな視点で見ると、東洋と西洋の勢力は、2000年周期で入れ替わり、今は東洋の時代になりつつあるとき
これからは、日本やインドなどの東洋の国が、大きく発展していく。

アンドロメダ星雲のオレンジャー
東洋と西洋の入れ替わり

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする