人は神の道具である

人は神の道具である

前回、シルバーバーチ
私は高級霊の道具にすぎないので謙虚である
と書いていました。

シルバーバーチほどの霊格の高い霊でも、更に上の高級霊の道具であり、その使命の遂行に努力している。

日月神示でも、これと似た内容の記述があります。

日月神示
地震の巻 第16帖

考えること、意志すること、行為することの根本は、
肉体からではない、霊的な内奥の自分からである。
この内奥の自分は神につながっている。
故に自分自身が考え、意志し、行為するのではなく、
自分というものを通じ、肉体を使って、
現実界への営みを神が為し給っているのである。

そこに地上における司宰者たる、また、たり得る本質がある。

【司宰】しさい

《「司」「宰」ともに、つかさどる意》
儀式などを、管理・監督すること。また、その人。

春の巻 第24帖
自分捨てて他力なし
人民なくしてこの世の仕事出来ん
人民は道具じゃ、神は心じゃ、元じゃ
元だけではならん、道具だけではならん

この世でもあの世でも、神が人を使って、あらゆる営みを為し給っているのである。

これは、シルバーバーチが言う
私は高級霊の道具にすぎない」と共通する。

また、神の道具として働くことを生きがいにしている。

人のあらゆる行為は、自分で考えて行っているように見えるが、実は自分と神は繋がっており、神が人を使って為し給っている。

人は神との繋がりを知ると、人は謙虚になる。

次の新たな世は、「人が神となる」と日月神示に書いている。

風の巻 第14帖
新しき世とは神無き世なりけり
人が神となる世にてありけり
世界中を人に任せて神々は楽隠居なり、
あら楽し世ぞ

次の新たな世は、人の神性がさらに上がり、人が神になり、神はいなくなるという。

これがどのような世なのかは、よくわかりませんが、あらゆるものが、大きく変化することになる。

人は、信じられないような能力を持つようになるのでしょう。

いよいよ、現在の地球上の地獄の状態の世から、素晴らしい世へ移行するときが、近づいてきているようです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする