野球の第4回WBCで気付いたこと (2)

野球の第4回WBCで気付いたこと (2)


・ドーピング検査をしていない

WBCでは、第1回からドーピング検査をしていない。
プロ野球選手には、昔から薬物を使用する選手が、少なからず存在している。

オリンピックでは、ドーピング検査を行い、毎回違反者が出て大きな問題となっている。


これまでのWBC出場選手の中に、薬物を使用した選手がいた可能性が高い。

最近で有名なのは、アメリカのアレックス・ロドリゲス選手の薬物使用が判明した。
テキサス・レンジャーズ時代の2001年~2003年に、ステロイド剤を使用していたことを認め、謝罪した。この他の年も薬物を使用している。

ウィキペデイアに詳しく載っている。
ウィキペディア アレックス・ロドリゲス

彼は、2006年のWBCに出場しており、このときにも薬物を使用していた可能性がある。


プロ野球選手やプロ野球関係者の中には、どの選手が薬物を使用しているか知っている人がいる。ドーピング検査をする人は、それらの人に聞くと、分かるかもしれない。


薬物使用者は、出場停止にしなければならない。
また、スポーツ選手の薬物使用を撲滅しなければならない。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする