この世の何を拝んでもいい

この世の何を拝んでもいい

日月神示に「宇宙の総てはこの神の現れであり、一面であるから、その何処つかんで拝んでもよいのである」とある。

人は、昔から様々なものを拝んで来ましたが、基本的に何を拝んでも良かったのです。

これに関する私の経験を書きます。

左馬とひょうたん

3年ほど前に、デパートで1,5センチほどの左馬とひょうたんがセットになった縁起物を5000円ほどで買った。

左馬は、将棋の駒に馬の字が、左右逆に書かれていて「まう(舞う)」という意味で縁起が良い。

ひょうたんは、上下がねじ式になっており、色々な縁起物が詰まっている。
水晶、ひょうたん、サイコロ、カエル、七福神の大黒さんと恵比寿さんなどが入っている。

70歳位のお爺さんが販売していて、色々とお話してくれた。
私は、昔の人はこんなユニークな物を作っていたのかと思い、日本の昔の文化を学ぶつもりで、これを買った。

これをいつもパンツのポケットに入れていた。たまに握りしめたり、磨いたりした。

それからは、ひょんなことから、人から思いもよらぬ物を貰うラッキーなことが何度かあった。
これは、ひょうたんをいつも持っていたからかもしれない。
というのも、貰ったものは、ひょうたんに形が似ていることが多かった

どんぐり

次に、他にもいつもポケットに入れておくといいと思い、どんぐりを1つポケットに入れておいた。

すると、知り合いのお婆さんから、自分の庭で植えているグミの木の枝を切ったものを何度か頂いた。
グミの木を人から頂くのは、生まれて初めて。

グミの木の実は、赤くて形が、どんぐりに似ている
これもやはり、どんぐりをいつも持っていたからかもしれない。

初めに書いた左馬とひょうたんのセットの縁起物は、昔の人がいつも持っていると、同じようなものを引き寄せることを、多分知っていたのでしょう。
良い知恵です。

自分の家と食べ物

まず、多くの人が大切にしなければならないのは、自分の家と食べ物です。

家を毎日掃除し、整理整頓する。
毎日の食べ物に感謝する。
これは、生活の基本です。
そうすると、嬉しいことが起きてきて、生活が良くなっていく。

その他にも、お金が好きなら、お金をいつも大切に扱うといい。お金が不思議と手に入るようになる。
服が好きなら、服をいつもお手入れすると、また新たな服と出会えることがある。

自分の好きなものや、欲しいものを大切にするといいです。


日月神示
春の巻 第22帖

宇宙の総てはこの神の現れであり
一面であるから
その何処つかんで拝んでもよいのである
その何処つかんで、縋(すが)ってもよいのであるぞ

水の流れも宗教ぞと申してあろう
総てに神の息、通っているぞ
一本の箸拝んでもよいのじゃ
ちゃんとめあて、決めねばならん


月光之巻 第23帖

金が好きなら金を拝んでも良いのじゃ
区別と順序さえ心得て居れば
何様を拝んでもよいぞ

金を拝めば金が流れて来るぞ
金を拝み得ぬイコヂ(意固地)さが
そなたを乏しくしたのじゃ赤貧は自慢にならん、無神論も自慢にならん

清貧は負け惜しみ
清富になれよと申してあろうが
清富こそ弥栄えの道、神の道
大ひつき大神のマコトの大道ぞ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする