日本のケムトレイルと農薬のカルマ

飛行機

日本は農薬の使用量が、昔からとても多いです。

飛行機で日本中に毒を撒き散らすケムトレイルは、日本の農薬のカルマが関係しているかもしれないと思いました。

ケムトレイルと農薬には共通点がある。

どちらも何十年も昔から日本全国で、毒の化学物質を定期的に撒かれている。

農薬で昆虫や植物や土壌の微生物などが殺さて、大きなカルマを作る。
すると、そのカルマが人に返ってきて同じような被害にあうのではないか。

以前に、微生物が農薬で大量に殺されていることを書きました。

「農薬で殺された微生物が人間に逆襲」 

カルマ説は、あくまで可能性の1つです。間違っているかもしれません。

もし、これが事実なら、農薬をさらに増やせば、ケムトレイルの被害もさらに増える。
逆に農薬を減らせば、ケムトレイルの被害も減る。

宇宙人が、ケムトレイルを消して無害化してくれているという説もあります。
ケムトレイルを撒く飛行機の近くにUFOが写っている。
そしてケムトレイルが消えている。
これが事実なら、この宇宙人にとても感謝しています。

日本人のアレルギーやガンなどが急増

日本人のアレルギーやガンなどが急増しているのは、ケムトレイルや農薬や肉食(牛や豚は、遺伝子組み換えや農薬の多い飼料を食べている)が大きな要因のひとつである可能性が大きい。

日本の野菜の農薬使用やモンサントの農薬使用の野菜の輸入を減らすことが急務です。
そのために努力している日本人はたくさんいます。
とても尊敬しています。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする