レプティリアン(爬虫類人)の特徴 瞬膜など

レプティリアン

レプティリアン(爬虫類人)の特徴について

爬虫類人だけど質問ある?の書き込みから引用。

このレプティリアンの書き込みは、本当なのか不明なので参考程度です。
また、本物であったとしても、嘘や間違いを書いている可能性もあるので要注意です。
しかし、興味深いことが、たくさん書かれている。

日本に住む地球原産のレプティリアンによると、レプティリアンの特徴について

画像さえ送れたら舌の長さや、
斑点つきのまだら模様の黒と茶色と緑の鱗皮膚や、

脊椎が2本ある背中や尻尾や背中の突起物を見せられるのにな。
あともちろん瞬膜と縦長の瞳孔もね
と言っている。

ニセモノが特徴を聞かれて、ここまで詳しく書ける者は少ない。

爬虫類には、昔から目を保護する瞬膜がある。

この動画が本物かは分かりませんが、レプティリアンの瞬膜は、これとほぼ同じでしょう。この動画は貴重です。削除されるかもしれないので、保存するといいかもしれません。
政治家や著名人の目をよく観察すると、瞬膜が見つかるかもしれません。
今は、映像やインターネットの進化で、瞬膜やホログラムの見分けができるようになってきている。

レプティリアンは、いくつか種類がある

地球に住む動物の爬虫類に多くの種類があるように、レプティリアンにもいくつか種類があるようです。

地球の恐竜から進化したレプティリアン
宇宙のオリオン座や竜座などから来たレプティリアン

上の瞬膜の動画の解説によると

1)純粋なDNAのレプティリアン
2)レプトイド (ヒトと爬虫類のハイブリッド)
3)レプティリアンハイブリッド (非ヒトとレプティリアンのハイブリッド)
4)ドラコニアン

The Reptilian Collective consists of several branches.
1) Reptilian: (Pure DNA).
2) Reptoid: (Human- Reptilian Hybrid).
3) Reptilian Hybrid: (Non-Human – Reptilian Hybrid).
4) Draconian: Similar to the original Reptilians, but they’re physical.

彼らはリキッドクリスタル( liquid crystal holographic technology )という技術で人間に化けているという。
これは、ものすごい科学技術です。
宇宙へ自由に移動できるのも納得。

月に3m級のレプティリアンが100体以上もいた!

レプティリアンは、人間よりもはるかに長い文明の歴史があり、科学技術もはるかに進んでいる。
彼らは、遠い惑星から地球へかんたんに来られる科学技術を持っていることになる。

映画「ゼイリブ」にも、人々が地球から宇宙へ高速で飛んでいく場面がある。
これは、ワープかもしれない。

彼らの精神性は、あまり高くない。人間よりも上かは分かりませんが。
彼らが人間をバカにしたり、人間を食い物にする言動を見ると分かる。

ブガッティ Bugatti Chiron – Inside the Factory

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする