薄毛対策 運動、柔軟体操、リンゴ、頭皮マッサージ

薄毛対策

薄毛の原因の1つに、頭皮の血流の悪化があります。

その原因は、ストレス、運動不足、栄養不足など。

重力で頭頂部の頭皮は弾力がなくなり、血流が悪くなる。

側頭部や後頭部の皮膚は、弾力があり、血流も良い。
頭の側頭部や後頭部が、薄毛になっている人は殆どいません。

頭頂部の頭皮も側面や後頭部のような状態にすると、薄毛がかなり防げる。

毎日運動する

運動をすると頭皮の血流も良くなる。

短距離のダッシュを繰り返す。

何度か走ると、顔や頭に血がのぼり熱くなってくる。

私は近くの公園で走っています。
きれいな緑の芝生があるので、そこで走ると気持ちがいい。

ジョギングなどもいい運動になりますが、部屋ではできない場合があります。

手軽にできる下半身の運動を考案しました。

1 両手を壁につけて体を安定させる。

2 ヒザとかかとをリズムよく数分間上下させる。

これは、ヒザとふくらはぎの良い運動になります。
勉強などの合間に手軽にできる。

柔軟体操

立っだ状態で前屈をするのもいいですが、頭への負担が大きく長い時間は難しい。

床に座り、両足を伸ばして前屈をすると、長い時間できる。
なんとなく頭に血液が循環している感じがする。

疲労やストレスが溜まったら、床に座ってボ~と何も考えずに、10分ほど柔軟体操をすると、ストレス解消になる。

風呂上がりや暇なときに。

リンゴを食べる

リンゴにはリンゴポリフェノールがあり、これが発毛作用があるという。

リンゴを多く食べるリンゴ農家の人々を調べるといいと思います。
リンゴを食べない農家の人々よりも薄毛が少なかったら、リンゴに発毛効果があるでしょう。

無農薬のりんごを作った木村秋則さんは、頭の前が少し薄くなっています。

奇跡のリンゴ―「絶対不可能」を覆した農家 木村秋則の記録

リンゴ農家の人を検索すると、薄毛の方が結構いる。

頭皮マッサージ

シャンプー時に頭皮マッサージをする。
髪様シャンプーで重要な点は、
初めに頭の後ろと横をマッサージする。
その後に頭頂部をマッサージすると、血液が頭頂部にも行き渡る。

走ることや、柔軟体操、果物を食べるなどは、健康に良いので、小さい頃から楽しんでするといいでしょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする