音楽一覧

名曲 小林香織「Nothing gonna change my love for you」

小林香織 「Nothing gonna change my love for you」


 

サックスの音は、優しく、懐かしく、懐が深い感じがする。

小林香織さんの「Nothing gonna change my love for you」は、すごい力を持った曲。
これを聴くと、自分の心が熱くなる。
くじけそうになっても、頑張ろうという気になる。

素晴らしいです。

 

かわらぬ想い / ジョージ・ベンソン


こちらも同じ曲。
とてもよく作り込まれている。
素晴らしいです。

 


名作CM 「クリスマス・エクスプレス」

名作CM 「クリスマス・エクスプレス」

東海旅客鉄道(JR東海)の東海道新幹線のCMシリーズ。
1989年~1992年。
電通の三浦武彦氏などが手がけた。


このCMが良い点は、音は山下達郎の音楽だけで、セリフがないサイレントであること。
演出、お洒落な雰囲気、映像の画質など素晴らしいです。

視聴者をとても幸せな気持ちにさせる。
この制作者は、天才だと思います。

女優もみんなすごく綺麗。
こんな綺麗な女性が日本にいるのかと信じられない気持ちになる。

視聴者は、映像だけで登場する女性の置かれた状況を想像する。
よく理解できないシーンもあるので、何度も繰り返し見てしまう。
視聴者の想像力を掻き立てる。
これがサイレントの魅力です。

 

とんねるずのパロディ  1990年

とんねるずのパロディ。
とてもソックリに作っている。
落ちもなかなか良い。

 

 


名曲 「スローなブギにしてくれ」 南佳孝 

名曲 「スローなブギにしてくれ」 南佳孝 

かっこよくて、大人な曲ですね。
スローテンポで歌詞をじっくりと聞かせる。
速いテンポで高音の曲が多いので、この曲は新鮮に感じる。

(最近の)南佳孝/スローなブギにしてくれーI want you

名曲 「虹」 ゆず

 

ゆずの名曲  「虹」

2009年 作詞・作曲:北川悠仁

伸びのある高音が、素晴らしいですね。
以前に取り上げた「クリスタルキング」も高音が素晴らしいですが、ゆずも負けていません。
何度聴いても飽きない、元気の出る曲。

 

ゆず 「虹」 LIVE Music Video

 

豪華なオーケストラ

ゆずライブ  虹(15th Anniversary DOME LIVE)


「大都会 」 クリスタルキング

 

クリスタルキングの名曲 「大都会

作詞:田中昌之・山下三智夫・友永ゆかり
作曲:山下三智夫 / 編曲:船山基紀
1979年


累計150万枚以上のミリオンセラーを記録。
今でも色褪せない日本最高の曲の1つ。

 

タイトルの「大都会」は、福岡の博多を歌った曲。
クリスタルキングにとって、博多が憧れの都会であった。

 

ヴォーカルの田中昌之(たなかまさゆき)さんは、1989年のある日、バンド仲間たちとの草野球で、サードを守っていると、強烈なゴロが喉に直撃。
ハイトーンの声が出なくなった。

 

よりによって、日本最高レベルの歌手の喉にボールが当たり、声が出なくなるとは、偶然とはちょっと考えられない。
もしかすると、何らかのカルマかもしれない。

 

1986年に田中昌之さんは、残念ながら、クリスタルキングを脱退している。
詳しい事情は知りませんが、音楽性の違いなどでしょうか。
メンバーの間で大きな衝突が、あったのかもしれません。
喉にボールが当たったのは、脱退の3年後。

 

 その後も2009年に、ムッシュ吉崎と田中昌之は裁判沙汰になり、吉崎と田中他元メンバーの関係は、修復不可能なほど悪化している。
これも残念です。
そして、田中昌之さんは、2011年に心筋梗塞で入院。
これもカルマが関係してるような気がする。

田中さんは、イギリスのレッド・ツェッペリンのヴォーカルのロバート・プラントを神と崇拝していて、自分の葬式には「天国への階段」を流してほしいと言っている。
ロバート・プラントの髪型や雰囲気が、田中さんと似ている。

 

名曲  「天国への階段」  レッド・ツェッペリン


「北斗の拳」で涙を流してしまった

 

「北斗の拳」で涙を流してしまった

You Tubeでアニメソングを見ていたら、アニメの「北斗の拳」の歌を見つけて懐かしかった。
私が、小学生の頃に「北斗の拳」のマンガとアニメをしていて、大人気でした。

クリスタルキング、うじきつよし、子門真人、TOM☆CATなどの素晴らしい歌手が、「北斗の拳」の名曲を歌っていた。

 

そして、YouTubeでアニメの「北斗の拳」を見ていたら、雲のジュウザがラオウと戦う名シーンで、思わず涙を流してしまった。
小学生のときに見たときは、泣いたことは一度もなかったと思いますが、大人になってから涙を流すとは思わなかった。

これは、懐かしさが関係しているのかもしれない。
また、ジュウザが、愛するユリアのために死ぬという悲しさは、大人になってからの方が分かるのかもしれない。

 

クリスタルキング 名曲 「愛をとりもどせ!!」と「ユリア・・・永遠(とわ)に」


「クリスタルキング」
のお2人の歌唱力は、今でもダントツで素晴らしい。

「クリスタルキング」には、たくさんの力強いエネルギーを貰いました。
彼らに並ぶほどの歌唱力のある人が、また出てきてほしいですね。
それには、やはり小さいころから歌を歌う多くの練習が大切。

 

TOM☆CAT 名曲 「TOUGH BOY」  


 

私は、「TOM☆CAT」を当時はあまり知らなかった。
今、YouTubeで聴いてみると、他にも良い曲がたくさんある。
彼女のとても優しい心が、伝わってくる。

彼女は、今はバンド活動をしていなくて、鉄の家具を作っているようです。
家具は普通、木で作るが、鉄というのがロックの人だなと思った。
今も「TOM☆CAT」のファンは多いので、再び新曲を作っていただけたら嬉しいです。

 


盲目のピアニスト 辻井伸行 素晴らしい

 

盲目のピアニスト 辻井伸行 素晴らしい

辻井伸行
 (つじい のぶゆき、1988年9月13日 – )

 

ラ・カンパネラ

 

彼のピアノの評価については、さまざまな意見があります。

しかし、目が見えなくても、多くの人が感動するピアノの腕前があるのは、素晴らしいです。

さまざまなハンデがあっても、努力で活躍できることを示した。

 

以前にも書きましたが、世の中には、病気、貧困、障碍などで、死んだも同然の状態の人が多いです。

世の中には、死んだも同然の人が多い (1)

このような人の中にも、偉大な魂を持つ人がいるので、社会で活躍する機会を作ることが大切。

 

日本の企業の障害者の雇用が、増加している。
この先も、さらに増加していくでしょう。
いい傾向です。

企業の障害者法定雇用率、2.3パーセントに引き上げへー発達障害・精神障害者の雇用機会は広がるか