お役立ち情報一覧

日本の高学歴がイマイチな理由

 

日本の高学歴の人々は、頭が良くて素晴らしい人は多いです。
しかし、株のインサイダー取引、知事のお金の悪用、酷評される本を書く、すごく傲慢な性格など、高学歴だけど残念なことをする人も少なくありません。

高学歴の人々の言動に、いまいちな感じを受けることが少なくない。
この理由を私なりに、いくつか考えてみました。

釈迦、キリスト、霊界、神を知らない

頭の良い高学歴の人でも、釈迦やキリストなどの偉大な人物の聖典を学び、霊界や神の存在を知っている人は、多くないでしょう。

小学生の頃から、学校や塾で受験科目の国語、算数、理科、社会、英語などを勉強しており、釈迦やキリストなどの聖典は、ほとんど教わらないので当然のことです。

ましてや霊界の存在は、信じない人がほとんど。
神なんて、なんとなくいるんじゃないという程度。

これは、若い頃の私や私の周囲の人々がそうでした。

私も小さい頃から釈迦やキリストなどの偉大な人物の教えを少しは学んでおけば、かなり違った人生になったのではないかと思います。

学校の教育内容も釈迦やキリストなどの偉大な人物を教えてもいいと思います。

釈迦やキリストの教えを学び、霊界のや神の存在、神の完璧な摂理について得心すれば、嫌でも日々身魂を磨き、真面目で謙虚な人にならざるをえなくなる。

悪いことをしたり傲慢な人間になることは、少なくなる。

しかし多くの人は、釈迦、キリスト、霊界、神を知らないので、犯罪を犯したり、傲慢な態度をとる、牛肉や豚肉をたくさん食べる大人になってしまう。

しかも、それが悪いと思っていないので、反省するどころか、どんどん身魂を汚すことになる。

今のままでは、残念ながらこの状態が、何十年も続くでしょう。

小さい頃からの教育が大切です。

 

🔴コロナウイルス感染症 ライフ周波数による癒し音楽


アメリカのコロナ プラザ合意説

ニューヨーク
コロナウイルスの被害は、国のカルマが関係していると私は考えています。
以前にも書きました。

日本がコロナの感染者が少ない理由

2020年8月の時点で、コロナの被害は、世界でアメリカがもっとも大きい。

米コロナ感染者6百万人超す 死者18万3千人といずれも世界最多

統計の数は、ウソや間違いの場合がよくあるので、そのまま信じてはいけない。
あくまで参考程度です。

アメリカに大きなカルマがあった可能性が高い。

そのカルマの1つに、日本とのプラザ合意があるのではないかと私は考えています。

理由は、国を騙したことと300兆~600兆円もの損失額の大きさがコロナに共通しているからです。

これは、あくまで可能性の1つであり、プラザ合意説は外れているかもしれません。
しかし、プラザ合意でなければ、他の何らかのカルマが関係しているでしょう。

プラザ合意で300兆~600兆円のただ働き

プラザ合意
1985年9月22日、先進5か国 (G5) 蔵相・中央銀行総裁会議により発表された、為替レート安定化に関する合意の通称。
その名は会議の会場となったアメリカ合衆国ニューヨーク州ニューヨーク市のプラザホテルにちなむ。

 

お金について詳しい大西つねき氏によると、
日本の労働者は、プラザ合意でアメリカに300兆~600兆円のただ働きを、この三十数年間、強いられ続けてきた。

アメリカ政府は、よくもこんな数字操作の詐欺を何十年も日本にできるなと驚く。
これは大きな罪です。
多くの日本人は、激怒するでしょう。

彼らは、日本人のお金が失われることなど、なんとも思っていない。
原爆を日本に2発落として人を殺しても正しい、謝罪しないと言うのだから、アメリカにとって日本人は、どうでもいい存在でしょう。

コロナは世界的な詐欺

【暴露】ついに日本でもコロナのウソが暴かれた!

コロナは世界的な詐欺であったことが、バレてきている。
コロナの後に、ワクチンを打つ。

コロナ詐欺に遭うのは、国のカルマが関係している可能性が高い。
悪は同じ悪にしか働かないという摂理があるからです。
 

カルマは倍返しですから、300兆~600兆円の倍で600兆円~1200兆円のお金をアメリカは、コロナ詐欺で騙されて失うことになるかもしれません。

とんでもない額のお金です。

まさかアメリカは、プラザ合意の詐欺のカルマが、自分たちに返ってくるとは夢にも思っていない。

8月の時点で、アメリカはコロナ対策に数百兆円の財政出動をしている。
この先も数百兆円の財政出動は続く。

最終的には、合計で1000兆円は超えるのではないでしょうか。
すごい額です。

コロナだけでこの額ですから、戦争、自然災害、疫病などがあると、世界中で莫大な額の損失が出ることは、ほぼ確実です。

世界中が、地獄のような世になることを覚悟しておくことです。

 

 


本を公立図書館へ寄贈した

図書館

 

最近、アマゾンで本を8冊買いました。
しかし、注文した数を間違えて、3種類の本を2冊注文してしまい、3冊も余分に買ってしまいました。
注文のときに数を見ていなかった。

本を返品しようとしましたが、送料が自己負担ですし、梱包して送るのが面倒でした。

どうしようかと考えていると、本を公立図書館に寄贈できることを思い出した。

私は、これまで図書館で多くの本を借りましたし、お世話になったので、恩返しにこの3冊の本を寄贈しました。

 

古本でも寄贈できます。
新品か中古の本を買って、きれいな状態で読んで、不要になったら図書館へ寄贈するのも良いと思います。

本が図書館で受け入れることができなかった場合は、他の団体へ無償で譲渡するか廃棄処分になる。

 

図書館で改善してほしい点

・図書館の席が少ない

席が少ないので、図書館でじっくり本を読むことが、なかなかできない。

 

・読みたい本をすぐに読めない

読みたい本を読み終えるまでに、何日もかかることが多い。

本の数が少ないので、他の人が借りている本を予約して何日か待つ。

やっと借りた本を読み終わらずに返却して、その本は他の人が借りる。

また他の人が借りている本を予約して、何日か待つ。

それ故に、自分で本を買って、家で読んだ方が早いことが多い。

図書館で読みたい本をすぐに借りられて、図書館で読めるようになると、かなり便利になる。

 

充実した大型書店

最近は、ジュンク堂書店で本を買っています。
書店の落ち着いた雰囲気も良いです。
本の数もすごく多い。
立ち読みもできるので、自分に必要な本を選べる。

1万円以上で送料無料。
本を入れる布製の緑のバッグをもらえる。
これが、けっこう使えるので気に入っています。

 

アマゾンはとても使いやすいですが、紀伊国屋書店などもネットで本を販売しています。
本のランキングが、アマゾンと少し違っています。
ネットの紀伊国屋書は、良い本が厳選されている印象。
紀伊国屋書店のランキングなども見ておくといいと思います。

私も本を買うときは、本当に役に立つ本だけが欲しいので、
店員さんが良い本を選んでくれたり、本の詳しい解説をつけてくれると、とても助かる。

これらの点に力を入れてくれると、書店の売上も上がる。

公立図書館も大手の書店と同じくらいの快適さがあると、すごく良いと思います。
これからの図書館の進化に期待。

 

 


学校の教育 休み時間に外で遊ぶ

遊び

 

私が小学生の時は、授業の間の休み時間、昼休み、放課後に校庭で友達とドッジボールなどをしていました。
とても楽しかった。

しかし、中学生からは休み時間に外で遊ぶことが少なくなった。
この理由は、よくわかりません。
休み時間は10分なので、外で遊ぶには時間が短いのが1つあります。
昼休みは時間があったので、キャッチボールやサッカーをしていました。

クラスの仲間と一緒に校庭で遊ぶと仲が深まりますし、学校生活が楽しくなる。
勉強のストレス解消にもなる。

授業の間の休み時間は、もう少し長くしてもいいかもしれません。

 

外で太陽光やを浴びて体を動かすことは、健康にも良いし学力にも良い影響を与える。

小学生のころから学校の休み時間にでドッジボール、サッカー、キャッチボール、卓球、ジョギングなどで仲間と楽しく運動することが大切。

 

 


食糧危機に備える

農地

 

現在は、コロナウイルスやアフリカのサバクトビバッタが4000億匹に大繁殖などで、世界中で食料が手に入りにくくなってきています。

大不況で食べ物を買うお金も急激に減っている。

この先は、自然災害、戦争、気候の大きな変化などが起きれば、
短期間で世界中の食料が手に入らなくなることは、十分にありえる。

日本は食料自給率が低いので、さらに危ない。

大地震に備えて引っ越しする

なわふみひと氏が自身のサイトのなわのつぶや記
南海トラフ巨大地震やその悲惨な被害について詳しく書いています。

なわふみひと氏は、地震の被害から逃げるために、安全な場所に引っ越したそうです。
賢明な行動だと思います。

引っ越した場所で農業をして自給自足すると、助かる可能性が高まる。

安全な場所へ引っ越しができる方は、した方がいいでしょう。

私は残念ながら、仕事などで引っ越しできない状況なので、今の場所で頑張ります。
しかし、自分の命が何より大切なので、仕事を辞めてでも、引っ越しした方がいいかもしれません。

南海トラフ大地震で多くの人が亡くなれば、やはり引っ越しておけばよかったと後悔するでしょう。

家庭菜園

トマト

 

日本全国で家庭菜園をする人が1千万人、2千万人、3千万人と増えると、少しは食糧危機を乗り越えやすくなると思います。
私もベランダで野菜を育てています。

もし、今、食料が手に入らなくなったとすると、餓死者が大量に出るでしょう。
家庭菜園の野菜でも、あった方が助かる。

日本全国で余った野菜は、どんどん備蓄するといいと思います
それを近所の人に分け与えると、とても助かる。

You Tubeに家庭菜園の動画がたくさんあります。
農業に詳しい人は、多くの人に農業を広めて頂きたい。

植物は育つのに時間がかかるので、食料がなくなってから始めても遅いです。

 

食料を備蓄する

今のうちに食料を冷凍保存などで蓄えておくことも大切。
海産物も、蓄えておく方が良いでしょう。

水や食料の備蓄は、多くの家庭では保存できる場所が狭いので、多くの量は備蓄できない。
別の安全で広い場所で備蓄するしかない。

れいわ新選組の方などが、サイトや動画で食料の危機や備蓄のことをどんどん取り上げて頂ければ、多くの人に知らせることができる。

 

私の考えを書いてみましたが、他にもいいアイデアがあると思います。
皆で知恵を出し合い、やってくる可能性の高い食糧危機を乗り越えなければいけないと思います。

努力次第では、大難を小難にできる。

 

 


インチキ霊に騙されるな(2)

今年3月の3連休は、平常時と変わらない人出でした。
連休中は、外出する人が増加。

5月以降の連休も外出する人が増加。
コロナ対策 連休中も人との接触を減らすために外出自粛。

3月の連休、緩み鮮明 全国の外出「自粛率」算出―地域差大きく・国立情報研など

インチキ霊に騙されるな(2)

 

 

霊能者が、あの世の人の言葉を話すことがあります。
「口寄せ」や「霊言(れいげん)」というようです。

これは、日月神示にも書いているように、ほとんどが霊能者のウソか下級霊の仕業です。

要注意です。

もし本物であっても、素人には本物と偽物を見分けるのは難しい。

日本でもテレビや宗教などで、霊能者が霊界の人の言葉を話すことがある。
以前に「オーラの泉」というテレビ番組で江原啓之さんが、あの世の人の言葉を何度か話していました。

これをすぐに信じてはいけない。
普通の人は、これが本当か確かめようがないからです。

もしウソであれば大きな罪です。

江原啓之の正体まとめ スピリチュアル番組は消滅して下さい。

霊能者の口寄せの内容が当たっているので、人は騙されてしまう。
しかし、これは霊能者のウソか下級霊の仕業がほとんどです。
長くは続かない。
後でボロが出てしまうものです。

テレビに出演した霊能者、超能力者で長く活躍した人はほとんどいない。

ウソや下級霊の場合、イギリスのシルバーバーチのように、何十年も霊媒を通して立派な内容を語り続けることは不可能です。

テレビやインターネットや宗教で、霊能者が霊界の人の言葉を話したら、ほぼすべてインチキだと思っていいです。

 

黒魔術も奇跡的なことをして人を驚かせる。
黒魔術をした人は、後で苦しむ経験をする人が多いという。

黒魔術やこっくりさんなどは、面白半分でしてはいけない。

 

おすすめ動画
テレビが詳細を報じない感染第二波の正体を科学が解き明かす

 

 


新型コロナウイルスの感染者は、さらに増加する

新型コロナウイルスの感染者はさらに増加する

現在、新型コロナウイルスが世界各地に急速に広がっている。

日本もこの先、感染者がさらに増加する可能性が高い。
私や私の家族も感染するかもしれません。
感染する覚悟や準備をしておくことです。

JapaNews24 ~日本のニュースを24時間配信

 

波動振動測定のサイトによると、

中国全土の感染者数や死者数は、実際は発表者数の25倍もある

日本での新型コロナウイルス感染は、どんどん増加して、相当な数の人が罹患する

「アビガン」という抗インフルエンザウイルス薬は、65~70%効果がある

 

中国が感染者数を実際よりも少なく発表したことは、事実である可能性が高いでしょう。
これは大きな罪です。
世界中で大変なことが起きているときに、嘘をついて世界を騙してはいけない。

新型コロナ 武漢当局「最初の発症は去年12月8日」(20/02/27)

 

新型コロナウイルスの治療薬の研究、開発をした人は、素晴らしい仕事をされたと思います。
私には、薬の開発はできません。
できることは、せいぜい株を買って協力するくらいです。

このようなときに薬の研究は、すごく大切なのだと認識する。

インフル治療薬「アビガン」使用検討 “新型コロナ”で加藤厚労相

 

霊能力者による新型コロナウイルス対策の動画

私は動画からエネルギーを感じる能力はないので、動画を見てもほとんど何も感じません。
しかし、動画の霊能者のお話を聞くと、信頼できると判断しました。
何かの力があると信じて、毎日これらの動画を見ています。

無料で霊能者のヒーリングが受けられるのは、素晴らしいです。

【京都のパワースポット】東寺の薬師如来のエネルギー〜プロ霊能力者のガチヒーリング


【コロナウィルス対策】見るだけで身体を温め免疫力を上げる〜プロ霊能力者のガチヒーリング


【風邪・インフル対策】体の内側から免疫力を上げる〜プロ霊能力者のガチヒーリング

【極百薬】コロナウイルス対策!氣功で免疫力を超活性!自己治癒力!自然治癒力!免疫機能強化!氣の拡大!基礎体力の向上!未病!風邪の早期回復!遠隔氣功治療!

 

新型コロナウイルスの対策には、薬の開発、コロナウイルス対策の動画やブログの作成、マスクの作成、栄養のあるものを食べる、睡眠を十分にとる、手洗いうがいを毎日する、外出を控える、などさまざまな方法があります。

一人一人が、今できることをして、解決するしかないと思います。

 

 


親が子供の能力を伸ばす

 

親が子供の能力を伸ばす

 

子供の能力を伸ばす方法は、英才教育などさまざまな方法があります。
やはり、学問・芸術・スポーツなど、どんな分野でも小さい頃からしていた方が身につきやすい。

大人になってから始めるのは、さまざまな制約もある。

 

私が大切だと思ったことは、
親の努力も大きく関係しているということです。

以前に「小学生の教育について」書きましたが、
今回は、親と子ついて書きます。

 

 

NHKの番組
親が太っていると、子も太りやすい事が分かったという。
これは、どこまで信じて良いのか少し疑問もあるので、あくまで参考程度です。

太っている人がダイエットすると、生まれる子供も太りにくくなる。

 

子供を太りやすい体質にしたいなら、
(そう願う親は、相撲以外では少ないですが)親が太る、
痩せている体質にしたいなら、
太らないように、食事や運動に気を付けることです。

 

近年では、細胞内の二重らせん構造のDNAが、遺伝に関係していることが多くの人に知られている。

性格、容貌、身長、知能、健康など、あらゆることが子供に受け継がれる。

子供は、親の分身と言えます。

子供は親と似ているので、親の職業と同じような職業に就くことが多い。

 

カルマも受け継がれることがあると思います。
親が犯罪などを犯して、大きなカルマを作っていると、
子供がそのカルマで苦しむことがある。

逆に徳を積むと、子孫がその徳の恩恵を受ける。

 

平凡な親からすぐれた子供が生まれることの例えに
鳶が鷹を生むという言葉がある。

平凡な親から優れた子供が生まれることは少ないという意味で使うこともある。

平凡な親から優れた子供が生まれることが少ないのは、
私は、まあまあ当たっていると思います。

まあまあと思うのは、
偉大な人物は低い身分から出ることが、よくあるからです。
以前にも書きました。

偉大な人は、落ちぶれている人の中から出てくる

 

子供の能力を伸ばすためには、親も日々努力することが大切。

親もすごく努力すると「鳶が鷹を生む」かもしれません。

 

物理学者アインシュタインの親

 

ウィキペディアで物理学者のアインシュタインの生い立ちを見ると、

アインシュタインはヘルマン・アインシュタインを父、パウリーネ・コッホを母とし、その長男としてドイツ南西部に生まれた。

父ヘルマンは学生時代、大の数学好きで同分野の探究を続けることを望んでいたが、家庭の経済的事情からそれを断念。
商人となることを決意。

そして、父ヘルマンは弟ヤコブから誘われ、アルベルト誕生の翌年、兄弟は、直流電流に基づいた電気機器を製造する会社を設立した。

ヘルマンは営業を担当しヤコブは技術を担当した。

 

 

アインシュタイン

        1893年 アインシュタイン 14歳の写真

 

アインシュタインの父は、学生時代、大の数学好きであった。
父は、数学にすごい努力をした。

アインシュタインは、父の数学の努力を受け継いだのだと思います。

その後の電気機器を製造する会社での父の努力も、アインシュタインに良い影響を与えたと思います。

その後、もちろん、アインシュタインの努力もあって、
1895年、スイスの名門、チューリッヒ連邦工科大学を受験するも総合点が合格基準に足らず失敗。
しかし、数学と物理の点数が最高ランクを獲得という快挙を成し遂げた。

 

日月神示

日月神示
祖先は過去の自分であり、
子孫は新しき自分、未来の自分であるぞ。
兄弟姉妹は最も近き横の自分であるぞ
と書いています。

先祖や子孫や兄弟は、自分であるということです。
人はあらゆるものと繋がりがあり、切り離すことはできない。

それ故に、祖先も子孫も大切にしなければならない。

 

 

日月神示

冬の巻 第1帖

自分の衣は自分の外側であるぞ。
自分を霊とすると、衣は体、
衣着た自分を霊とすれば家は体、
家にゐる自分を霊とすれば
土地は体であるぞ。

更に祖先は過去の自分であり、
子孫は新しき自分、未来の自分であるぞ。
兄弟姉妹は最も近き横の自分であるぞ。

人類は横の自分、動、植、鉱物は
更にその外の自分であるぞ。
切りはなすこと出来ん。

自分のみの自分はないぞ。
縦には神とのつながり切れんぞ。
限りなき霊とのつながり切れんぞ。

故に、神は自分であるぞ。
一切は自分であるぞ。
一切がよろこびであるぞ。

 

春の巻 第11帖

内の自分は神であるが、外の自分は先祖であるぞ。
祖先おろそかにするでないぞ。
先祖まつることは自分をまつることぞ。

 

 

 


新聞やタオルをボランティア団体へ

 

新聞やタオルをボランティア団体へ

 

 

以前にもボランティア活動についてブログに書きました。

与えるものは、無限にある

 

私は、以前から動物のボランティア団体へ支援物資を送っています。

支援物資の種類は多いですが、
その中でも新聞紙やタオル、レジ袋などが、お金がかからないので、送りやすいと思います。

新聞紙やタオル、レジ袋は、日本全国で大量にゴミになっている。

 

・新聞紙

用途は、新聞紙をペットシーツの代わりに犬猫の小屋の下に敷く。

「支援物資 新聞 犬 猫」などで検索すると支援物資を募集しているボランティア団体が出る。

新聞紙を使うボランティア団体は、毎日大量に使用するので、新聞が足りないことが多い。

自治体がゴミの分別で新聞を回収していますが、回収した新聞をボランティア団体に送るのも良いと思います。

ボランティア団体がすごく助かる。
素晴らしい活動になると思います。
すでにしている自治体が、あるかもしれません。

 

・タオル、シーツ、毛布、布団、その他の布類

犬猫の保温管理として使用する。

タオル、シーツ、毛布を大量に使用している所は、ホテルや病院など多く存在する。

しかし、タオルや毛布は、裁断する手間が必要な場合がある。
これが、少し障害になっている。

この裁断の問題を解決すれば、寄付しやすくなる。

 

・レジ袋

スーパーなどのレジ袋は、ゴミ入れとして使う。

 

 

例えばJCDLという動物のボランティア団体は、
新聞紙を1日に1家庭分の約2ヶ月分も使用する。

しかし、日本全国の新聞を回収して送れば、十分に足りる。

JCDLのサイト

 

「ピース・アニマルズ・ホーム」では、1日に新聞紙を10袋から15袋を使用。
災害時に備え、ある程度の量を備蓄したいと考えている。

毛布、布団、布類も募集している。

ピース・アニマルズ・ホーム

 

支援物資を送る場合は、一度メールを送り、了解を得てから送るようにします。

 

 


横浜のカジノ断固反対

 

 

横浜のカジノ断固反対

 

2019年8月

横浜市が山下埠頭にIRを誘致することを正式に決定しました。

カジノについては、過去にもブログで書きましたが、カジノは日本を潰すので反対です。

カジノに賛成する日本の政治家は、全員が反日と思っていい。

日本を潰すカジノ建設を賛成する政治家 反対する政治家

 

横浜港運協会の会長の藤木 幸夫(ふじき ゆきお)氏は、IRのカジノのことを「未知との遭遇」であると言いました。

藤木氏は、初めはIRを横浜でやろうと思ったが、あとで調べるとIRのカジノは、街を潰すことを知り、とても危ないと分かったので、反対するようになった。

しかし、会長になるくらいの偉い人なら、博打や娼妓(しょうぎ:売春のこと)はしてはいけないことは、常識として知っているべきだと思います。

 

博打や娼妓は、昔から日本に多い。
これらは、日本を潰し続けているので、減らすべきです。

 

カジノ業者は、カジノで裕福層から莫大なお金を手に入れることが目的です。
これは当たり前の話です。

しかし、いろんな理由をつけて、人々にカジノが良いことであると思わせているのです。

 

博打で金持ちの客を博打中毒にして、博打がないと生きていけない状態にする。

金持ちの客が博打で負けて、数百万円、数千万円、数億円があっという間に無くなる。

お金が無くなると、借金をする。

そのお金を博打に使って、また負ける。

 

この愚かな状況は、麻薬と同じようなものです。

 

アメリカのラスベガスのような施設を日本に3つも作る予定。

カジノを3つも作れば、どれだけの日本の裕福層の富がアメリカに毎年行くのか?

数兆円にもなる。

それが10年20年と続けば、莫大な金額になる。

そして、その街が潰れる。

街が潰れると、カジノ業者は、また他のお金持ちの多い場所に博打の法律を強制的に変えて、カジノを作る。

この繰り返し。

 

過去にカジノで多くの街が潰れている事実があること(カジノに経済効果があるのは大ウソで、大きなマイナス)や、アメリカのトランプ大統領とカジノのアデルソンの関係など重要なことは、カジノ業者はまったく言わない。

マスコミも報道しない。

カジノ業者に質問する機会があれば、これらのことを聞くことが大切。

 

残念ながら、日本も外国のカジノと同じく街が潰れるでしょう。
博打にプラスの経済効果はありません。

 

テレビなどでカジノはIRの3%に過ぎないと言っていますが、3%でもカジノで日本の兆単位の莫大なお金が毎年失われるので大問題です。

大きな展示場が必要なら、展示場だけ作ればいい。
博打は必要ない。

カジノ業者は、日本人が3つのカジノで負けて失われる金額をテレビで言いません。
金額は、毎年数千億円、数兆単位です。
その金は、アメリカのカジノ業者へごっそり渡るのです。

 

カジノ業者やカジノ賛成の日本の政治家にとって、日本の街が潰れようが、日本人が貧しくなろうが、自殺しようが、どうでもいいのです。

博打で天才が潰される

最近では、バトミントン選手やプロ野球選手などが、博打で問題になりました。

これは日本のスポーツ界にとって大きな損失でした。

学問、芸術、スポーツなどあらゆる分野の天才が、博打で人生を棒に振ってしまうことが起きてしまうのです。

野球の王や長嶋のようなスター選手に並ぶほどの選手が、博打で潰される事件が起こりうるのです。

 

もし日本にアインシュタインに並ぶほどの数十年に1人の物理の天才が出現したとする。

しかし、彼がカジノにハマってしまい、人生を棒に振ってしまったとしたら、日本の物理の大きな損失です。

他の物理学者の方は、カジノに激怒するでしょう。

しかし、こういったことは、現実に起こり得るのです。
これは表に出ないだけで、過去にもあったかもしれません。

 

残念ながら、この先もバトミントン選手やプロ野球選手の博打問題と同じ事件が、起きるでしょう。
この問題の解決は急務です。

 

 

大西つねき氏が、横浜のカジノ反対の対策について語る。
大西氏の素早い行動が、素晴らしいと思いました。

皆がカジノに怒り、断固反対の行動を取るしかないです。

カジノが街を潰すことを知らない人もまだ多いので、広めることです。

 

 

田中康夫氏は、作家のドストエフスキーはギャンブラーであり、傑作を書いたので、ギャンブルはいけないのではないと言っています。

しかし、彼は博打をしなくても傑作を書いた可能性もあります。

偉大なドストエフスキーがギャンブラーだったから、他の多くの人もギャンブルしても良いというのは、少し違うと思います。

 

博打にはまってしまい、天才的な才能がありながら、作家になる夢を諦めた人が日本や海外にいたかもしれません。

博打にはまり、作家になる夢を諦めることは有り得るのです。

麻薬と同じく、博打で身を滅ぼした人が、ものすごく多く存在するので、減らすべきです。