日月神示一覧

火の雨は、隕石の可能性

流れ星

 

以前に、地球に火の雨が降ってくる可能性を書きました。

近い将来、天から火の雨が降ってくる可能性がある

ひふみともこ氏の神示には、火の雨は隕石と書いている。

「来たる日、天は裂けて落ち、空から無数の隕石が、
数え切れぬ程の火の星が、降りて落ちなん、襲い来るらん」

火の雨は、多くのミサイルが落ちてくるという説もあります。

しかし、ミサイルは数に限りがあり、地球全体を破壊するほどの広範囲に落ちることはない。
ミサイルは、一部の地域を破壊するだけです。

人が作ったミサイルよりも、無数の巨大隕石が落ちてくる方が遥かに破壊力が高い。

過去には、多くの惑星に巨大隕石が衝突し、大爆発したことがある。

 

隕石は火の玉に見える

 

隕石の映像を見るとわかりますが、これはまさしく火の玉(火球)です。
これが無数に降ったら、轟音とともに火の雨が降ることになる。

そのとき地球人は、地獄の世を見ることになる。

 

宇宙人が隕石を破壊してくれた説

宇宙人が隕石を破壊して、人間を守ってくれたという説があります。

はやし浩司氏

これはものすごい科学技術です。
地球人には不可能。
しかし、隕石の破壊は、彼らにとって簡単なことなのでしょう。

もし事実なら、守ってくれた方に、心より感謝いたします。

 

今回の隕石の接近は、日本に隕石が衝突して大爆発したかもしれません。
かなり危なかったと思います。

人は流れ星を見ると願いが叶うと思っていますが、隕石が地球に衝突すると、大事件になることがある危ないものです。

 

宇宙人が、火の玉を見せてくれた説

実は、私は「火の雨は隕石のことではないか」と、ここ数日考えていました。
そのときにタイミング良く、隕石が日本の地表近くまで来たニュースがあった。

これは、もしかすると宇宙人が、火の雨は隕石のことであること見せてくれたのかと思いました。

宇宙人が隕石を破壊するなら、今回のように地表30キロ近くまで隕石が落ちるよりもっと前に破壊するのが普通だと思います。
おそらく、地球周辺の宇宙空間で隕石を破壊しているのではないでしょうか。

もし事実なら、宇宙人が私の考えたことを読み取り、隕石(火球)を地表30キロ近くまで見せたことになる。
私は、宇宙人の能力すごさに本当に驚愕するでしょう。

しかし、これはたぶん偶然だと思います。
いや、怖いので偶然と思いたい。

過去に巨大隕石が地球に落ちる危機

人の長い歴史で、大きな隕石が地球に落ちて大爆発して、多くの人が死んだことは一度もありません。
他の惑星では大爆発したことが何度もある。

 

地球に直径400kmの隕石が衝突したら

この動画は、地球に巨大隕石が衝突したらどうなるかシュミレーションしたもの。
地球が全滅する。
過去には、本当にこのような危機があったかもしれません。

しかし、過去に宇宙人が、巨大隕石の衝突から地球を守ってくれたことがあったかもしれません。

これが事実であれば、人は宇宙人にいくら感謝しても感謝しきれないほどです。

ありがとうございます。

 

 


臣民は神と獣に分かれる (2)

 
前回の続き

日月神示には、人が獣になることについて、恐ろしいことがたくさん書いています。

火と水の大きな災難

火と水の大きな災難の後に、人は神と獣に分かれる。

日月神示
富士の巻 第19帖 

 

「いよいよとなりたら地震かみなり
ばかりでないぞ、臣民アフンとして、
これは何とした事ぞと、口あいたまま
何うすることも出来んことになるのぞ、

四ツン這ひになりて着る物もなく、
獣となりて、這ひ廻る人と、
空飛ぶやうな人と、
二つにハッキリ分かりて来るぞ、
獣は獣の性来いよいよ出すのぞ、

火と水の災難が何んなに恐ろしいか、
今度は大なり小なり知らさなならん
ことになりたぞ。

一時は天も地も一つにまぜまぜに
するのざから、人一人も生きては
居れんのざぞ、

それが済んでから、身魂みがけた
臣民ばかり、神が拾ひ上げて
弥勒(みろく)の世の臣民とするのぞ、

どこへ逃げても逃げ所ないと
申してあろがな、
高い所から水流れるやうに時に
従ひて居れよ、
いざといふときには神が知らして一時は
天界へ釣り上げる臣民もあるのざぞ。」

 
火と水の大きな災難で、人々はどうすることもできなくなる。
何日も大雨が降ったり、火の雨が降ったりするのでしょう。

人が一人も生きられないほど地球が破壊される。

しかし、地球を破壊し尽くさなければ、次の世はできない。
地球が生まれ変わるために必要なこと。
 

肉を食べ続ける人は、獣になる
神にはなれない


肉食が日本人にとても悪い
ことは、以前にも書きました。

肉食は健康に良いのか悪いのか

肉を食べるときの対処法

 
肉食については、なわふみひと氏も何度も書いています。
 
「四ツン這ひになりて着る物もなく、
獣となりて、這ひ廻る人と、
空飛ぶやうな人と、
二つにハッキリ分かりて来るぞ
獣は獣の性来いよいよ出すのぞ」
神になった人は、空を飛ぶ。
天界に引き上げる者もいると書いてあるので、神の力で人を引き上げて助ける可能性がある。
 
仮説ですが、
大峠のときに、人は大きく変化する。
牛や豚の肉を食べ続けた人は、
人は牛や豚の動物のように変化する。

獣となった者同士が、共食いをする。

 
人は、自分が食べた獣のようになるという
すごく恐ろしい結果になる。

今すぐにでも、肉を食べないでおこうと思うでしょう。

大峠のときに、多くの人々が獣に変化し、四つ足で這い回るという映画やマンガのような事態を見るかもしれない。

私は絶対に獣になりたくないので、肉食はしません。
肉を食べるときがあれば、心のなかで神に捧げるイメージを持ってから食べています。
このやり方で良いのかわかりませんが。

日本人は和食が良い

やはり日本人には、昔からの和食が良いです。
肉が少ない和食を食べよう。

肉食の恐ろしさを人々に伝えて、大峠のときに獣になる人を少なくしなければならない。

 

梅の巻 第十四帖

「日本には五穀、海のもの、野のもの、山のもの、
皆人民の食ひて生くべき物、作らしてあるのぢゃぞ、
日本人には肉類禁物ぢゃぞ。

今に食物の騒動激しくなると申してあること忘れるなよ、
今度は共喰となるから、共喰ならんから、
今から心鍛へて食物大切にせよ」

 

碧玉之巻 第8帖     

「四つ足を食ってはならん、共喰いとなるぞ、
草木から動物生まれると申してあろう、
神民の食物は五穀野菜の類であるぞ」

 

「四つ足を食ってはならん、共喰いとなるぞ」
というのは、私は動物は人に近い生物なので、共食いであるという意味だと思ったのですが、これ以外にも「人が共食いする獣になる」という意味もあるようです。

 

牛や豚を食べると自分が牛や豚になる

 
天つ巻 第5帖 
「牛の喰べ物たべると牛の様になるぞ、
猿は猿、虎は虎となるのざぞ。

臣民の喰べ物は定まってゐるのざぞ、
いよいよとなりて何でも喰べねばならぬ
やうになりたら虎は虎となるぞ、
獣と神とが分れると申してあろがな、
縁ある臣民に知らせておけよ、
日本中に知らせておけよ、
世界の臣民に知らせてやれよ、

獣の喰ひ物くふ時には、
一度 神に献げてからにせよ、
神から頂けよ、
さうすれば神の喰べ物となって、
何たべても大じょうぶになるのぞ、

何もかも神に献げてからと申してある
ことの道理よく分りたであろがな、

神に献げきらぬと獣になるのぞ、
神がするのではないぞ、
自分がなるのぞと申してあることも、
よく分ったであろがな」

 
「牛の喰べ物たべると牛の様になるぞ、猿は猿、虎は虎となるのざぞ」

日本人は牛肉、豚肉、鶏肉を多く食べているので、大峠に牛、豚、鶏に変化する人が多いでしょう。
犬やクジラなどを食べる人もいる。

なぜ肉を食べると、人は獣になるのか分かりません。
動物を殺すという残酷なカルマと、肉を食べるカルマなどが関係しているかもしれません。
それらのカルマが、大峠のときに一気に出るのかもしれません。

 
 
日本の肉食や動物の殺処分は、日本の大きな問題です。
問題解決に努力していくしかない。
 
 

 


臣民は神と獣に分かれる (1)

神
 
 

日月神示
八分通りは獣の人民となる

「残る臣民 三分むつかしいぞ。
三分と思へども、二分であるぞ」

近い将来に来る可能性の高い大峠で、
世界の人民の七分~八分が獣になる。

あとの二分~三分は神であり、この二分~三分が助かる。
 
努力次第で多くの人は、助かる神になれると思います。

日月神示
の臣民が神と獣に分かれることについての記述を引用します。
 
日月神示

上つ巻 第18帖 

「一旦世界は言ふに言はれんことが出来るぞ、
シッカリ身魂みがいて置いて呉れよ、
身魂みがき第一ぞ。

岩戸開くまでに、まだ一苦労あるぞ、
この世はまだまだ悪くなるから、
神も仏もこの世には居らぬのざ
といふところまで、とことんまで
落ちて行くぞ。」

世界中が驚愕することが起きて、世の中が地獄になる。
しかし、日々、身魂みがきをしていれば心配ない。
残念ながら、身魂みがきが大切だと知り、
実行している人は少ない。
世界には三分もいないでしょう。
 
 
第38帖 

「残る者の身も一度は死ぬことあるぞ、
死んでからまた生き返るぞ、
三分の一の臣民になるぞ、
これからがいよいよの時ざぞ。

日本の臣民同士が食い合ひするぞ、
かなわんと云うて外国へ逃げて
行く者も出来るぞ。

神にシッカリと縋(すが)りて
居らんと何も分らんことになるから、
早く神に縋りて居れよ、
神ほど結構なものはないぞ。」

 

死んでからまた生き返る者がいるという。
次の世になったときに、生き返るのかもしれない。

食糧危機になり、食べ物がなくなると、
日本人同士で奪い合いが起きる。
獣の状態なので、人肉も食べる。

人々は混乱して、どうして良いか分からない。
神に縋るしかない。

 

下つ巻 第25帖

今に戦も出来ない、動くことも引くことも、
進むことも何うすることも出来んことになりて、
臣民は神がこの世にないものといふ様になるぞ、

それからが、いよいよ正念場ぞ、
まことの神の民と獣とをハッキリするのは
それからぞ。
戦出来る間はまだ神の申すこときかんぞ、
戦出来ぬ様になりて、始めて分かるのぞ

 

戦争や自然災害で世界中が何も
できなくなる状態になる。

現在のコロナウイルスだけでも
世界中が身動きが取れない状態になっている。
この先は、コロナウイルスよりも恐ろしい
被害が世界中で出る。
人々は戦争も何もできなくなる。

 
その後に神の民と獣とがハッキリする。
獣になる人は、言動が獣のように
豹変するのかもしれません。
 
 

富士の巻 第9帖 

「今の世は地獄の二段目ぞ、まだ一段下あるぞ、
一度はそこまで下がるのぞ、

今一苦労あると、くどう申してあることは、
そこまで落ちることぞ、
地獄の三段目まで落ちたら、
もう人の住めん所ざから、
悪魔と神ばかりの世にばかりなるのぞ。

この世は人間にまかしてゐるのざから、
人間の心次第ぞ、
しかし今の臣民のやうな腐った
臣民ではないぞ、

いつも神かかりてゐる臣民ぞ、
神かかりと直ぐ分かる
神かかりではなく、
腹の底にシックリと神鎮まってゐる
臣民ぞ、それが人間の誠の姿ぞ。

いよいよ地獄の三段目に入るから、
その覚悟でゐて呉れよ、
地獄の三段目に入ることの表は
一番の天国に通ずることぞ、

神のまことの姿と悪の見られんさまと、
ハッキリ出て来るのぞ、
神と獣と分けると申してあるのは
このことぞ。何事も洗濯第一。」

 
今の世は地獄の二段目で、もうすぐ三段目まで下がる。
その覚悟をしておくことです。
私も地獄の世を体験することになるでしょう。
ものすごく怖いです。
 

身魂を磨いて神かかっていると助かる。
「腹の底にシックリと神鎮まってゐる
臣民ぞ、それが人間の誠の姿ぞ。」
これは私は、まだよく分かっていません。

おそらく、神かかると腹の底に
シックリと神鎮まっていると感じる
のでしょう。


食糧危機 日月神示

農地

 

前回、食料危機について書きました。
日月神示にも食べ物がなくなり、この世が地獄の世になることが書いてあります。

残念ながら、この記述の通りの地獄の世になる可能性が高まってきている。
覚悟しておかなければなりません。

日月神示
「食べ物がなくなっても死にはせぬ、
ほんのしばらくぞ」
と書いています。

人は、数日間は食べなくても生きていける。

数日間を食べないで過ごす断食があります。
食べ物が無くなったときは、断食と思って我慢するといいかもしれません。

いつもお腹いっぱい食べると、食べ物が無くなったときに空腹になりやすいので、普段から腹八分がいいです。

 

 

日月神示 

風の巻 第11帖 
「日本の国に食物なくなってしまふぞ。
世界中に食べ物なくなってしまふぞ。
何も人民の心からぞ。
食物無くなっても食物あるぞ、
神の臣民、人民 心配ないぞ、
とも食ひならんのざぞ。」

食べ物が無くなるのは、人の心から現実になる。
心になければ、現実にはならない。

「食物無くなっても食物あるぞ」
「神の臣民、人民 心配ないぞ」
私は、この意味はまだよく分かっていません。
分かり次第、ブログに書きます。

 

日ノ出の巻 第12帖
「頼るところも着るものも住む家も
食う物も無くなる世に迫って
来るのだぞ。
それぞれにめぐりだけのことは
せなならんのであるぞ」

あらゆるものを失って苦しむのは、人が過去に作ったカルマが関係している。
カルマが大きい場所ほど被害が大きい。

 

上つ巻 2帖
「それでも神の国の臣民、天道人を殺さず、
食べ物がなくなっても死にはせぬ、
ほんのしばらくぞ。
木の根でも食うて居れ。
闇のあとには夜明け来る。」

人は、食べ物がなくても生きられる。
その苦しみの後、ついに明るい世が来る。

 

第25帖
「一日一握りの米に泣く時あるぞ、
着る物も泣くことあるぞ、
いくら買溜めしても神のゆるさんもの
一つも身には附かんぞ、

着ても着ても、食うても食うても
何もならん餓鬼の世ざ。
早う神心にかへりて呉れよ。」


一日に一握りの米さえ手に入らない事態になる。
今の日本では考えられないことですが、十分にありえる。

 
第36帖 
「元の神代に返すといふのは、たとへでないぞ。
穴の中に住まなならんこと出来るぞ、
生(なま)の物食うて暮らさなならん」
 
家も食べ物も何もかも失う時がやってくる。
お金をかけて買った家や車などがなくなる。
お金が使えなくなる。
 

夜明けの巻 第4帖
さあ今の内に神徳積んでおかんと
八分通りは獣の人民となるのざから、
二股膏薬ではキリキリ舞するぞ、
キリキリ二股多いぞ。

獣となれば、同胞(はらから)
食ふ事あるぞ。」
 
獣のような人は、人を食べることがある。
すごく恐ろしい光景です。

夜明けの巻 第2帖 
「神の国は神の肉体ぞと申してあるが、
いざとなれば、お土も、草も、木も、
何でも人民の食物となる様に出来て
ゐるのざぞ。
何でも肉体となるのざぞ。」
 
土も食べられる。
食べ物がなくなれば、土でも食べて生き延びられるかもしれません。

 


インチキ霊に騙されるな(1)

インチキ霊に騙されるな(1)

 

昔から世の中には、インチキをして人を騙す人、霊、宗教団体などが存在する。

多くの人が、騙されやすいので要注意です。

私もこれまでに、まんまと騙されたことが何度かありました。
悔しい思いをしました。
幸い大きな被害はなかったですが、多くの時間を無駄にしたことを後悔しています。

最悪の場合は、インチキを信じ込んでしまい、高額の情報商材を購入する、宗教に入会して大金を取られる、家庭崩壊などの被害があることです。

これらは、昔から世界中で起きています。

日月神示審神者(サニワ)について詳しく書いています。

何度も読んで、インチキに騙されないようにすることが大切です。

結論から言うと、
奇跡的なこと、超能力、霊言などは、ほぼすべて対手にしてはいけない。

 

日月神示
龍音之巻 第3帖

下級霊は現実界と紙一重の所に住んで
ゐるのであるから、その感応は極めて強く、
如何にも尤(もっと)もらしく
人民の目にうつるものであるぞ

下級霊は現実界と非常に近いので、騙されやすい。
しかし、下級霊が人間の近くにいることを知る人は少ない。

 

龍音之巻 第5帖

幽界は人間界と最も深い関係にあり、
初期の霊かかりの殆どは、この幽界
からの感応によることを忘れるでないぞ。

霊かかりの動作をよく見極めればすぐ判る。
高ぶったり、威張ったり、命令したり、
断言したり、高度の神名を名乗ったり
するものは必ず下級霊であるぞ、
インチキ霊であるぞ、インチキ霊にかかるなよ

霊だけでなく、この世の人間も高ぶったり、威張ったり、命令したり、
断言したりする人は、要注意です。
政治家やユーチューバーにも多いです。
しかし、多くの人は、このような人に騙されやすい。
人格が高いほど謙虚になる。

 

龍音之巻 第18帖     

霊覚者や行者の中には奇跡的なことや
非常識な行動をする者がよくあるぞ、

一般の人民はそれにだまかされることがよくあるぞ、
いずれも下級霊のわざであるぞ、
正神には奇跡はない、
奇跡ないことが大きな奇跡であるぞ、

奇跡する者は亡びる。
高級霊は態度が立派であるぞ

 

「正神には奇跡はない
奇跡ないことが大きな奇跡であるぞ」
これは、名言だと思います。

 

黄金の巻 第18帖

霊人と語るのは危ないぞ。気つけくれよ。
人は人と語れよ。

 

人が霊と語ろうとすると、邪霊に語ってしまうので危ない。
霊と語ることのできる霊能者にも要注意です。

 

黄金の巻 第50帖

霊媒通じてこの世に呼びかける
霊の九分九分九厘は邪霊であるぞ。

 

霊媒を通じて言葉を話す霊は、なんと!ほぼ全てが邪霊。
この世に現れる霊は、邪霊が多い。
やはり、どんな霊にも要注意です。

テレビに登場する霊能者が、霊と語ったり、霊の言いたいことを代わりに言うことがあります。
これは、本当は霊と語っていないのにウソをついているか、邪霊が霊媒を通して語っている。
こんな霊能者を相手にしてはいけない。

昔に亡くなった有名人が霊媒を通して語る霊言の本もありますが、要注意です。
これも、ほぼ全てウソでしょう。

黄金の巻 第57帖

悪神かかりたなれば自分では偉い神様が
うつりてゐると信じ込むものぞ。
可哀さうなれど それも己の天狗からぞ。
取違ひからぞ。
霊媒の行見ればすぐ判るでないか。
早う改心せよ。
霊のおもちゃになってゐる者多い世の中、
大将が誰だか判らんことになるぞ。

悪神は、自分が偉くて正しいと思っているので、悪神がかかると、そう思ってしまう。

 

黒鉄の巻 第18帖

霊眼で見たり霊耳で聞いたりする

ことは間違い多いぞ。心せよ。

 

霊眼や霊耳もけっして信用してはいけない。

 

奇跡的なこと、超能力、霊言などは、ほぼすべて対手にしてはいけない。

 

【緊急鼎談第2弾】安倍政権コロナ対応で犯した3つの罪〜10万円給付の落とし穴|三橋貴明×藤井聡(京都大学大学院教授)×安藤裕(自民党衆議院議員)

 


パソコン疲れに黙祷とハーブティー

 

コロナで外出自粛が続き、心の悩み相談が増加。
厚生労働省に相談ページ。

新型コロナウイルス感染症対策(こころのケア)

新型コロナウイルス感染症関連SNS心の相談

コロナの心の悩みについて、チャット形式で相談。

新型コロナこころの健康相談電話

コロナの不安な気持ちの対処法など電話で相談。※5月6日まで

 

パソコン疲れに黙祷とハーブティー

 

パソコンやスマホの疲れに、黙祷とハーブティーを試してみると、良かったのでご紹介します。

以前にも素足で土の上に立つのが、健康に良いことを書きました。

裸足で土を歩く青人草

公園や砂浜などの土の上に立って目を閉じて、深呼吸する。
それに合わせて、土の気を足の裏から入れたり出したりするイメージをしています。

日月神示にも黙祷せよと書いています。

 

日月神示
空の巻 第13帖 

昼は大地に祈れよ、黙祷せよ。
時により所によりて、しばし黙祷せよ、
お土の息 頂けよ、
できれば、裸足になってお土の上に
立ちて目をつむりて足にて呼吸せよ、
一回、二回、三回せよ。

 

裸足の方がいいですが、わたしは靴のままのときも多いです。
裸足が人の目が気になるとき、足が汚れるのが嫌なときは、靴を履いてもいいと思います。

パソコンやスマホのストレスを少しは発散できている気がします。

室内に長時間いるよりも、たまに公園などで土の上に立ったり歩いたりした方が体に良いです。

毎日の生活に数分間の黙祷や瞑想を取り入れるといいと思います。

アーシングの動画

 

ハーブティー

少し前に、デパートでenherb(エンハーブ)というハーブ専門店でハーブを偶然見かけて購入しました。

いつくかあるハーブの種類の中から、ストレスを緩和するハーブを選びました。
茶葉100g 3300円
ハーブティーを作るポットも購入。

私は、ストレスでかなり頭が疲労していたのですが、ハーブティーを毎日1杯飲み続けていると、疲労がかなり回復しました。

これまで長い間、頭の疲労で辛かったので、これはすごく嬉しかったです。

ハーブティーの味は、紅茶に似ている。
少し薬のような味がするので、やや飲みにくい。
砂糖やハチミツを入れると良いかもしれません。
私は何も入れずに飲んでいます。

ストレスでお悩みの方は、ハーブティーをおすすめします。

 

おすすめ動画

Ryuichi Sakamoto | Playing the Orchestra 2014

 


日本がコロナの感染者が少ない理由

新型コロナウイルス

 

 

先進国の中で、日本は新型コロナウイルスの感染者が少ない。
これからも日本の感染者は増加していきますが、外国並みの数になるかはまだ分かりません。

インターネットで日本が新型コロナウイルスの感染者が、少ない理由をいくつか読みました。
(マスコミで発表される感染者数、死者数は、ウソである可能性があるので要注意です)

日本はハグやキスをしない、靴を脱いで家に入る、トイレなどの衛生状態が良い、風呂に入る、味噌汁や緑茶を飲む、などいろいろな意見がありました。

私もこれらは、効果があると思います。

風呂は、全身を熱いお湯で殺菌してキレイにするので、とてもいいと思います。
体や頭の疲れも取れて、免疫力が上がる。

コロナウイルスを殺菌する入浴剤があればいいと思います。
世界的に需要は高いです。
私もあれば欲しいです。

 

カルマが関係している

日本は外国に比べて、新型コロナウイルスの被害を受けるカルマが少ないのが、一つの要因だと私は見ています。
インターネットの情報でカルマについて書いている人は、見ませんでした

新型コロナウイルスの蔓延による、世界中の人が街にいなくなるという異常な状態は、人々のカルマも関係していると思います。

以前にもカルマと病気や事故の関係についてブログで書きました。

人はカルマが無くなるまで苦しむ

風邪をひくのも、カルマが関係してることがある。
風邪をひくことで、カルマが解消される。

新型コロナウイルスは、人工のウイルスであり、人によってばら撒かれたという説があります。

 

何のカルマもなく、人工ウイルスをばら撒かれることは少ない。

悪は、同じ悪にしか働かない
という摂理があるからです。
悪は善には働かない。

中国が過去に人や動物などを残酷に殺したカルマが、新型コロナウイルスの被害を引き起こした可能性が高いと私は見ています。

他にも、イギリスでは、王室が多くの子供を殺したとか、イタリアのバチカンの聖職者が、多くの子供を性的虐待したなど噂されている。

昔から現在まで、多くの人を殺す大きな犯罪が、世界で続けられているようです。

世界中の借銭なしが大望

日月神示
「人ばかりでないぞ 家ばかりでないぞ
国には国の借銭あるぞ
世界中借銭なし どうしても
大望(たいもう)であるぞ

今度の世界中の戦は世界の
借銭無しぞ 世界の大祓いぞ 」

カルマのことを日月神示では「めぐり」「借銭」と表現している。

カルマが無くなるまで苦しむ。
世界のカルマが無くなることが、神の大きな望み。

この先も大地震、自然災害、戦争などで人々が苦しむことが続きますが、これは世界のカルマの解消の役割もある。

新型コロナウイルスで苦しむことは、カルマの解消の役割もあるのです。

 

カルマを解消するためには、日月神示に耳にタコができるほど何度も出てきますが、人の洗濯、身魂磨きが大切。

大峠が来るまで、大難が小難になるように努力するしかない。

 

おすすめ動画

🔴ドイツ振動医学によるコロナウイルス感染症 Wインパクト編

 

日月神示
地つ巻 第8帖

祓いせよと申してある事は
何もかも借銭無しにする事ぞ
借銭なしとはメグリなくする事ぞ
昔からの借銭は誰にでもあるのだぞ
それ、払ってしまうまでは
誰でも苦しむのぞ

人ばかりでないぞ 家ばかりでないぞ
国には国の借銭あるぞ
世界中借銭なし どうしても
大望(たいもう)であるぞ

今度の世界中の戦は世界の
借銭無しぞ 世界の大祓いぞ 

 

上つ巻 第26帖

洗濯すれば神かかるぞ、
神かかれば何もかも見通しぞ、
それで洗濯洗濯と、
臣民 耳にたこ出来るほど申してゐるのざ。

 

 


3月29日の東京の雪は人々が降らせたのか

3月29日の東京の雪は人々が降らせたのか

 

政府の外出自粛要請から2日目の3月29日 東京では、季節外れの雪が降った。

動画のコメントには、
神様が季節外れの雪を降らせた」
というものがあります。

神様が雪を降らせた可能性もあると思いますが、
東京の人々が、降らせた可能性もある。

心の中=外の世界ですから
多くの人が、いつもと違う心を持つと、気候も変わることがあると思います。

コロナウイルスの感染者が増え続けて、
東京の多くの人々のコロナウイルスへの恐怖心や
外出は危ないという気持ちや行動が、
季節外れの雪を降らせた可能性がある。

 

日月神示にも同じことが書いています。

日月神示
冬の次が春とは限らんと申してあろうが。
夏 雪降ることもあるのだぞ。
神が降らすのでないぞ、
人民 降らすのだぞ

この先も、冬の次に春が来なかったり、夏に雪が降ることがあるでしょう。
これは、人民が自然災害や戦争などに怯えるなどの異常な心や行動が関係している場合がある。

天候と人は、密接な関係がある。

雨男・雨女という言葉もある。
天皇陛下は、昔から大切な日に晴れることが多かったようです。

即位の礼で注目 エンペラーウェザー=「天皇晴れ」とは?正殿の儀も雨止む

バッタや蛾の大繁殖

日月神示
人民の邪気がりて、
天にも地にも、わけのわからん虫わくぞ。
わけのわからんやまいひどくなって来る

心の中=外の世界ですから、人の邪気が虫や病を蔓延させる。

多くの人民の邪気や悪い行動がカルマとなり、虫や難病の蔓延を引き起こす。
何のカルマもなしに、虫や病の流行があることは少ない。

被害に遭う国は、事件が起きる何年も前から、多くの人や動物を殺すなどの悪いことをしている場合が多い。

 

アフリカでサバクトビバッタの被害が始まり、サバクトビバッタは中国にも移動して大繁殖するようです。
バッタの総数は、4000億匹以上になるという。

現代の科学力でも、何億匹のバッタの大群にはどうしようもない。
バッタがいなくなるまで傍観するのみ。
その後に大飢餓がやってくる。
人間は、自然の大きな力には無力です。

 

中国は、ウイグル人の大量虐殺やセンザンコウなどの動物を大量に殺して食べるなど問題が多い。
これらが大きなカルマとなる。

これらの残虐な行為の後に、何も起きないことは有りえない。

この先も中国は、核兵器の爆発の被害など大きな事件が起きる可能性があると私は見ています。

日本も昔から毎年大量に、牛や豚の家畜を殺して食べたり、犬猫の殺処分をしている。
これがカルマとなり、ガンなどの重い病気になっている可能性が高い。

日本には、バッタの大群は来ないという人がいますが、これは間違いだと思います。
なぜなら、バッタの被害に遭うのは、そのカルマが関係していますから、日本にカルマがあるなら、船などでバッタが日本にやってきて、繁殖することはありえる。
人が外国から日本に持ち込むということもある。

昔から昆虫や魚や動物などさまざまな生物が、外国から日本へ来て大繁殖している。
バッタだけ来ないことはないでしょう。
バッタの大繁殖にも注意した方がいいと思います。

対策としては、人や動物や昆虫などを大量に殺すなどでカルマを作らないことが大切。

 

動物や虫は人の敵ではなく味方

動物や虫は、基本的に人の味方だと思います。
しかし、人が動物や虫に酷いことをするから逆襲に遭う。

無農薬のリンゴを作った木村秋則さんが、おっしゃっていたことです。
害虫が農薬のかかったリンゴを食べるのは、
害虫が「私が農薬のかかった(人の健康に悪い)リンゴを食べますから、人は食べないでください」という気持ちがあるから。

私は、そういう考えがあるのかと思った。
こう考えると、この虫は害虫ではなく、人のためになる益虫と言える。
農薬を植物や土にかけることは、カルマを作るかもしれない。

そうとは知らず、人は害虫を殺しまくっている。
害虫を殺しても殺しても、いつまで経っても害虫は無くならない。

 

蝗害の大飢饉で無くなる人々は、大きなカルマを背負っている可能性がある。

太古の昔から蝗害はたくさんあり、蝗害で王朝が崩壊している。
蝗害によってカルマのある国が、リセットされるのかもしれない。

こう考えると、バッタの大群も人々にとって、むしろ大きな利益をもたらすのかもしれない。

害虫や自然災害は、人々にとって、ためになる場合があると考えるようになりました。

 

じゃき
邪気
  1. すなおでない、ねじけた気持・性質。わるぎ。
     「―のない人」
     
  2. 人の身に病気を起こすと信じられた悪い気。
     「―を払う」

 

日月神示

夜明けの巻 第3帖

天の異変 気つけと申してあろうが、
冬の次が春とは限らんと申してあろうが。
夏 雪降ることもあるのだぞ。
神が降らすのでないぞ、
人民 降らすのだぞ。
人民の邪気がりて、
天にも地にも、わけのわからん虫わくぞ。
わけのわからんやまいひどくなって来るのだから、
書かしてある御神名 分けて取らせよ。

 

天つ巻 第13帖    

そらに変わったこと現れたならば 地に変わったことがあると心得よ

 

 


コロナウイルス対策の食事

コロナウイルス対策の食事

 

コロナウイルス対策には、健康に良い食べ物や食べ方が大切だと思います。

以前にも、それについて書きました。

一二三の食べ方で病気が治る

放射能被害を防ぐには、味噌汁

和食

野菜中心の和食がいいです。

やはり、日本人には和食が合っていると思います。

味噌汁、納豆、豆腐、煮物、海苔、ひじき、きなこ、小豆などたくさんある。
国産の野菜や無農薬だとさらに良い。

味噌汁は、広島の原爆の放射能の被害をかなり抑えることができたすごい食べ物です。

私も週に3回ほど味噌汁を食べています。

インスタント味噌汁のように、味噌と乾燥ワカメを自分で買って、お湯で溶かして簡単な味噌汁を作るときもあります。

備蓄用に乾燥ワカメと味噌を買いました。

学校の給食に以上のような和食が出るといいのですが、コロナウイルスで休校になり、自宅で勉強となると、食事が変わってしまうことが多い。
家でも和食がいいです。

何度もよく噛む

日月神示
「ヒフミの食べ物に病無いと申してあろうがな

一二三の食べ方は一二三唱えながら噛むのだぞ
四十七回噛んでから呑むのだぞ
これが一二三の食べ方頂き方だぞ

神に供えてからこの一二三の食べ方すれば
どんな病でも治るのだぞ


よく噛むことで、病気が治る。

何度もよく噛んで食べることが大切。

緑茶

急須でいれた緑茶を飲むと、体がスッキリする。
私も毎日飲んでいます。

緑茶は、口内や体内のウイルスの増殖を防ぐ効果があるようです。
コロナウイルス対策に、急須でいれた緑茶を毎日何杯か飲むといいでしょう。

栄養学博士が教える自分の免疫を高める食事法

子供の食事が大切

日月神示
「よくない子が出来た、その子には海の藻草や山の菜、
野菜を食べさせてくれよ、段々よい子になるぞ」
と書いている。

これは、問題行動をする子供に海の藻草、山の菜、野菜を食べさせると、良い子になるということだと思います。

食べ物は、人の性格や行動にも大きな影響を与えている。

健康に悪いものを食べると、イライラしたり、脳が働きにくくなるなどの悪影響が出ることがある。

昔から学校の給食には、パンと牛乳が出ますが、それよりも和食を多くすることが大切です。

小さい頃から健康に良い食べ物や食べ方は、とても大切です。

 

日月神示
五葉之巻 第1帖

あの子を生んで、この子を産んで
去ったのであるぞ。

その中に一人だけよくない子が出来た、
その子には海の藻草や山の菜、
野菜を食べさせてくれよ、
段々よい子になるぞ。

 

 


一二三祝詞で熱が下がった。コロナにも効果あるか?

一二三祝詞で熱が下がった。コロナにも効果あるか?

 

2020年4月6日に、少し自分の体に熱が出ました。
頭がぼうっとして、体もだるい感じになった。

これは風邪かもしれないし、コロナウイルスの感染かもしれない。
コロナウイルスで入院することになると、仕事や勉強ができなくなるので、とても厄介です。

そこで
「一二三祝詞」を15分ほど宣りあげてみました。

「祓え祝詞」は3回。
すると、熱がすぐに下がった。
体のだるさも、ほとんど解消した。
熱がこんなに早く下がった経験は初めてです。

これが一二三祝詞のおかげとは、断定はできませんが可能性はある。

「一二三祝詞」は、すごい力のある祝詞だと知った。

これまでは、毎朝3回ほど、一二三祝詞を唱えていました。
しかし、15分も声に出して唱えたことはなかった。

病気や災難を逃れるには、「一二三祝詞」と「祓え祝詞」を唱えるのが良いことは、以前にも書きました。

病気や地震などの災難をなくす方法

 

体調が悪いとき、良くなるまで何分間か一二三祝詞を唱えると良いです。

 

コロナウイルスに「一二三祝詞」は効果があるか?

今はコロナウイルスが日本で拡大しているので、その対策にも一二三祝詞は良いと思います。

コロナウイルス感染者で、一二三祝詞を唱えて治った方がいらっしゃいましたら、このページのコメント欄にお知らせして頂けると幸いです。

コロナウイルス対策に一二三祝詞が、広がっていけばいいと思います。
人から人へ伝えていけばいいと思います。
コロナウイルスは急速に拡大しているので、これは急務です。

しかし、日月神示に「この事はこの方信じる人でないと誤るから
知らせるではないぞ
とあるので、日月神示を信じる人しか効果がないかもしれません。
これが少し残念です。
一二三祝詞は、あまり広がらないかもしれません。

一二三祝詞を知るのも、その人の徳が関係している気がします。
徳がなければ、一二三祝詞で病気が治る経験をすることも少ない。

 

ひふみ祝詞の効果や意味について知ろう!奇跡を起こす祝詞の唱え方について解説します

 

【 一二三祝詞(ひふみのりと) 】

ひふみ、よいむなや、こともちろらね
しきる、ゆゐつわぬ、そをたはくめか
うおえ、にさりへて、のますあせゑほれけ

 

【祓え祝詞】

かけまくもかしこき、いざなぎの大神、つくしのひむかの、たちばなの、おとのあはぎはらに、みそぎはらえたまえるときになりませる、つきたつふなどの神、みちのなかちはの神、ときおかしの神、わつらいのうしの神、ちまたの神、あきくひのうしの神、おきさかるの神、おきつなぎさびこの神、おきつかいへらの神、へさかるの神、へつなぎさびこの神、へつかいへらの神、やそまがつひの神、おおまがつひの神、かむなおひの神、おおなおひの神、いづのめの神、そこつわたつみの神、そこつつのおの神、なかつわたつみの神、なかつつのおのみこと、うわつわたつみの神、うわつつのおのみこと、はらえと四はしらの神たちともに、もろもろのまがごと、つみけがれをはらえたまえ、きよめたまえともうすことを、きこせめせと、かしこみかしこみもうす

 

日月神示
日の出の巻 第15帖

病あるか無いか、災難来るか来ないかは
手届くか届かないかで分かると申してあろうがな
届くとは注ぐ事ぞ

手首の息と腹の息と首の息と頭の息と足の息と
胸の息とへその息と脊首の息と手の息と
八所十所の息合っていれば病無いのだぞ

 

災難見ないのだから、毎朝神拝みてから
よく合わせてみよ
合っていたらその日には災難無いのだぞ
とくにへその息一番大切だぞ

もしも息合っていない時にはヒフミ唱えよ
唱え唱えて息合うまで祷(いの)れよ
何んな難儀も災難も無くしてやるぞ

この方意富加牟豆美(オオカムツミ)神であるぞ
神の息と合わされると災難、病無くなるのだぞ
大難小難にしてやるぞ、生命助けてやるぞ

この事はこの方信じる人でないと誤るから
知らせるではないぞ

飛行機の災難も地震罪穢れの禍いも
大きい災難ある時には息乱れるのだぞ
「一二三祝詞」と「祓え祝詞」と神の息吹と息と
一つになっておれば災難逃れるぞ

信じる者ばかりに知らせてやって呉れよ

 

水の巻 第7帖    

皆病気になっていることわからぬか。
一二三ひふみ祝詞のりとで直してやれよ。
神示ふで読みて直してやれよ。
自分でもわからぬやまいになっているぞ、
早う直さぬとどうにもならんことになって来るぞ。

 

下つ巻 第7帖 

一二三祝詞(ひふみのりと)するときは、
神の息に合はして宣(の)れよ

神の息に合はすのは三五七、三五七に切って宣れよ。
しまひだけ節(ふし)長くよめよ
それを三たびよみて宣りあげよ。
天津祝詞の神ともこの方申すぞ。