身魂磨けば釈迦やキリストになる

釈迦やキリストの身魂 日月神示

釈迦やキリストの身魂

 

日月神示によると、
日々の身魂磨きで、釈迦やキリストと並ぶほどの人物になるという。

すでに釈迦やキリストに並ぶ人物が、日本や海外に何人か存在するのかもしれません。

もし、釈迦やキリストほどの人格になると、生活は激変するでしょう。

悩みはなくなり、悠々自適に暮らせる気がする。

 

私の人格は、まだ高くないので、身魂磨きで自分が釈迦やキリストになれるとは信じられない。

 

私は昔に比べて、少しずつですが、自分自身や、周りの環境が良くなってきています。

これは、日々の身魂磨きの成果かなと思います。

 

変化したことは、私は、怒ることが減りました。
精神状態が安定してきている。

若い頃は、私生活や仕事などで、人との衝突がたまにあり、怒ることもあった。

 

最悪だったのが、20年ほど前にブラック企業の回転寿司屋でバイトしたときです。
すぐに強制的にクビになった。

これは以前にブログに書きました。

 

悪人は自分を悪いと思っていない悪人は自分を悪いと思っていない (1)

 

 

 

 

心の中=外の世界

なので、嫌な事に遭うのは、自分の中にその原因があることが多い
原因がなければ、嫌なことに遭うこともない。

 

これは、日月神示にも何度か出てくる言葉です。

 

日月神示

黄金の巻 第66帖

苦しむばかりが能では無い
自分の中にあるから近寄って来るのであるぞ
厭な事が起こって来るのは
厭な事が自分の中にあるからじゃ

 

 

回転寿司屋のバイトで嫌な目に遭ったのは、自分にカルマがあった可能性が高い。

しかし、嫌なことがあっても、日々の身魂磨きで少しずつ良くしていける。

 

数年前に自殺した電通の高橋まつりさんについて、
そんなに厳しい仕事なら、辞めればよかったのに
と思う人がいますが、地獄のような仕事から逃れられなかったのは、カルマが関係している可能性があると思います。

 

世の中には、自殺を考えるほどの辛い仕事をしている人は多い。

しかし、カルマがあるので、その仕事を辞めることを考えられない、または辞められないケースがあると、私は考えています。

仕事の他にも、学校のイジメや、男女間のドメスティックバイオレンス(DV)などがありますが、これらもカルマが関係していることが多いと思います。

 

被害を受けるカルマがある限り、どんなにあがいても、被害を受け続けることになる。

 

この対策としては、
なるべく被害が少なくなるように、今の場所から逃げる、人の相談するなどをして、
あとは日々、身魂磨きを続けて、徳を積むことが大切だと思います。

 

私の変化は、他には少しずつですが、仕事が変わり、働く環境などが良くなってきている。
ストレスを溜めることが少なくなっている。

もう2度と回転寿司屋でバイトのような辛い経験をすることはないと思います。

 

自分の身魂を磨けば磨くほど、外の世界も良くなっていく。

 

 

日月神示
黄金の巻 第33帖

今度ここへ神が引き寄せた者は
皆キリストじゃ釈迦じゃぞと申してあろう
磨けば今までの教祖にもなれるミタマばかりぞ

それだけに罪深いぞ
岩戸あけて、めぐり果たせたいのじゃ
このこと肚によく分かるであろうが

扶桑の巻 第13帖

六ヶ敷いこと申してゐるのではない
自分の中の自分を掃除して
自分の外の自分を洗濯して磨けと
申しているのぞ
みがけば神と同列のミタマぞ
釈迦ぞ、キリストぞと申してあろう。

内にあるものを磨けば
外からひびくものも磨かれた、
けがれのないものとなるのぢゃ

中の自分を掃除しないで居ると
いつ迄たっても、
岩戸がひらけてゐても岩戸はひらけん。

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました