この先の核戦争の被害を予想する (4)

この先の核戦争の被害を予想する (4)

中国も核兵器で大打撃を受ける可能性が高い。

2062年の未来人の仲間のTiger氏は、核兵器と自国が開発していた、放射性物質と化学物質を同時に拡散させる兵器の実験中の爆発事故が多発したことによって、中国という国が消滅したと言っている。

中国ほどの大国が消滅したのは、核兵器の大きな爆発が複数回起きて、被害が広範囲の規模であったと想像できる。

これは、中国が過去に大きなカルマを作ったことが、関係している可能性が高い。
カルマ無しに核兵器で国が消滅することは、まず、有り得ない。

これについて調べてみました。

 

中国が新疆ウイグル自治区で多くの核実験

中国の核実験

 

中国核実験、32年間で46回も

 

中国は、新疆ウイグル自治区の楼蘭付近で、1964-1996年に46回、総出力20メガトンの核実験を行った。
周辺住民への甚大な健康被害と環境汚染をもたらした。

大量の核の粉塵によって、現地住民の胎児に影響を与え、奇形の発生や、若い世代の白血病や癌の発生を大量に引き起こした。

しかし、中国共産党政府は、核実験を公開せず、核実験による被害も隠蔽した。

中国がかつて実施した最大規模の核実験は、4メガトンに達した。
それは、旧ソ連の核実験を上回る10倍の威力だった。

実験により大量に落下した「核の砂」と放射汚染は、周辺住民計19万人の命を一瞬にして奪った。

放射線汚染の影響を受けた面積は、東京都の136倍に相当。
中国共産党の内部極秘資料によると、75万人の死者が出たという。

アメリカの方が日本より被爆者が多い 原爆の秘密

アメリカは、これまでに200回の地上核実験を行い、800回地下核実験を行ったようです。
その影響で、アメリカの国土が汚染され、核の被爆者が、日本よりもはるかに多くなった。

ソ連ではアメリカの10倍、中国では100倍の被爆者が存在するようです。
しかし、国家機密に隠されたままです。

自国本土の地表での核実験となると、アメリカは、43KT(キロトン)。
ソ連は400KT、中国が4000KT。

中国は自国本土では核実験を行わず、周辺国のウイグルなどで大半の核実験を行ったとみられている。

 

2062年の未来人の仲間のTiger氏

2012/11/25 

「中国のアルコール問題」

当時の中国領土内では戦勝国のきれいな核兵器が使用されたことによる染色体異常者発生と、

自国が開発していた、放射性物質と化学物質を同時に拡散させる兵器の実験中の爆発事故が多発したことによる、

肝機能暴走症状の発症者の大量発生により、国民の多くが国際的医療組織により隔離、治療を受けた。

このことが、中国という国が消滅する要因のひとつであったという見方もある。

第一弾 「ウイグル人の虐殺を止めろ!ネットデモ」 開催

ウイグルの現実です。日本人で黙って見てられる奴なんていないでしょう。

【東トルキスタン】中国政府によるウイグル人虐殺に対する抗議デモ   [H21/7/13]

【東トルキスタン】ウイグル人に行われた蛮行 [H21/7/13]

【ウイグル】中国の核実験 潜入調査その1【シルクロード】

中国の被害を予測する

中国が、新疆ウイグル自治区に対して行った殺戮や汚染が、倍返しで自分の国に返ってくる。

中国が、過去に新疆ウイグル自治区で核実験を行い、放射線汚染の影響を受けた面積は、東京都の136倍に相当。
75万人の死者が出たらしい。

この数字は、あくまで大まかな計算なので、実際の被害は、もっと大きな数字かもしれません。

カルマは倍返しなので

中国の核兵器の被害面積は、東京都の272倍。
死者は、150万人ほどになると私は予想しています。

核兵器以外の兵器でも、被害が出る可能性が高い。
そうなると被害は、もっと大きくなる。

東京都の面積は、2,188 km²

2,188km²×272倍=被害面積 595,136 km²

中国の面積 9,597,000 km²
日本の面積 378,000 km²

広島・長崎の原爆投下による死者の数
原爆投下の年に 広島14万人 長崎9万人
被爆後5年間の間に広島20万人、長崎14万人

広島・長崎よりもはるかに大きな核兵器の被害が、中国で起きる。

もし、中国で日本の国土面積の約1,5倍の面積の汚染被害と、150万人が死亡すれば、中国が終わるのは、ほぼ確実と思われる。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました