視力の低下を防ぐには、毎日遠くを見る

 

 

視力の低下を防ぐには、毎日遠くを見る

 

私は、小さいころから近視で、遠くが見えないことを不便に感じていました。

視力の低下を防ぐには、毎日遠くを見るといいと思います。

現在、私がしていることを書きます。

電車の中釣り広告を見る

私は毎日、片道20分間ほど電車に乗っています。
往復で40分ほど。

電車に乗っている間は暇なので、電車内の遠くの少しぼやけて見える広告を見ている。

私は、デザイン関係の仕事をしているので、広告を見ることは勉強になる。

大きな企業の広告は、デザイン、色使い、キャッチコピーなどが、とても良く出来ている。

音楽を聴きながら遠くを見る

家で音楽を30分ほど聴くときに、遠くの景色やパソコンの画面やテレビ画面などを見る。

これも視力低下の防止に良い感じがする。

公園を散歩して遠くの緑を見る

公園の緑を見ると、目がとても癒やされる。
パソコンや携帯を長時間使うと、目や頭が疲労するので、体も癒やされて良い。

今は、毎日30分ほど遠くを見る人は少ない。
多くの人は、小さいころから毎日パソコンや携帯を長時間見ている。
これでは、近視になりやすい。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました