すべての占いは、太陽系の惑星の作用を見るものである

 

すべての占いは、太陽系の惑星の作用を見るものである

占術研究家の梶原 煌平氏は、「万占同根」を唱えています。

————————————————————————————————

梶原流数霊術サイトより

この世は惑星(太陽系の天体)の星導によって紡がれた結果である。したがって全ての占いは惑星の星導をみるものである。

「星導」とは太陽系の天体から発せられる意味をもった霊的な星の作用と解釈して下さい。

———————————————————————————————-

 
占いには、人相、手相、姓名判断、方位術、四柱推命などたくさんありますが、実はどれもインド占星術の太陽系の惑星の作用と共通しているということです。1~10の数の象意は惑星の象意そのものである。これを知って、非常にすっきりしました。
 
以前にブログで「原子、人間、地球、太陽系などは、同じ構造をしている」の記事を書きましたが、それと似ていると思いました。
梶原氏のサイトは、数霊術、日月神示、シルバーバーチ、エドガー・ケーシーなどを分かりやすく解説しているので、興味がある方は読んでみて下さい。
 
占い以外にも、太陽系の惑星と共通しているものが、 見つかるかもしれません。

コメント

タイトルとURLをコピーしました