コーヒーのカスから肥料を作る

 

コーヒーのカスから肥料を作る

 

私は、毎朝、家でコーヒーを淹れるのですが、コーヒー豆のカスが毎日出てゴミになる。
ゴミを減らすと地球に優しいし、ゴミの処分の費用も減らせる。

再利用法をインターネットで調べました。

 

利用法はいくつかありますが、植物の肥料するのが、カスを捨てずに済むので良いと思いました
捨てるとゴミになってしまう。
肥料の作り方をインターネットで調べました。

 

手順

・コーヒーのカスと土を混ぜる。
・土を毎日混ぜて、発酵させる。
少なくとも2ヶ月はかかる。
・肥料になる。

 

いきなり植物の土にカスを混ぜるのは、植物の育成によくないそうです。
発酵が大切。

 

花屋さんで土を3袋購入した。
1つ250円。

これとコーヒーのカスを混ぜる。
最近、植物を育てることに興味があったのでよかった。

 

スターバックスでは、牛の飼料やたい肥として再資源化している。
牛の飼料と聞いて、初めは疑問に思いましたが、研究して可能になった。

コーヒー豆かすリサイクルループ


イギリスのロンドンでは、コーヒー豆のかすからコーヒー油を抽出し、動植物油につぎ足され、混合率20%のバイオディーゼル燃料にして、2階建てバスの燃料にしている。

コーヒー豆のかすでバスが走る? 英ロンドンでエコ燃料導入

ゴミは宝の山なので、この先もゴミのリサイクルが、どんどん進む。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました