福島県の土が、放射性物質を吸着・固定していた

 

福島県の土が、放射性物質を吸着・固定していた

 

2011年の福島県の原発事故による放射能汚染が、深刻な問題でした。
しかし、土が、放射性セシウムを吸着・固定し、作物への吸収を抑えていた。

土の力の「奇跡」=放射能汚染と闘う農民、研究者-農業の復興へ道開く・福島



以前にも、土が有害物質を吸着することを書きました。

放射能汚染を防ぐ微生物

土や植物が、空気を浄化する

今度の福島の件で、やはり、土は有害物質を吸着する力が強いことが判明した。

 

・土には、今も残る放射性物質のほとんどを占めるセシウムを吸着・固定する力がある。
放射性セシウムは、性質の似たカリウムが豊富な土では、植物に吸収されにくい。

 

やはり、土にはものすごい力がある。
土を大切にしなければならない。

 

福島の農家の方々は、この先も復興に多大な努力が必要だと思いますが、頑張っていただきたいです。

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました