ひふみ神示の神の印が付いているか

 

ひふみ神示の神の印が付いているか

店の名が「ひふみ」

私の祖父の代から自営業をしており、店の名前は「ひふみ」といいます
昔は、将棋の加藤一二三氏が、同じ名前だと知っていた。加藤氏の本も家にありました。

 

最近気付いたのですが、「日月神示」の原文を解読し、漢字仮名交じり文に書き直されたものは、「ひふみ神示」という。

ひふみが同じ 。 これは何かの縁を感じる。


もちろん、祖父や父は、「ひふみ神示」を知りません。

私が最近、「ひふみ神示」を知り、ブログでも書くようになったばかり。

 

 

神の印の痣


他に縁があるかもしれないと思うことは、日月神示の紫金の巻第4帖 に、


大掃除はげしくなると世界の人民皆、仮四の状態となるのぢゃ、

掃除終ってから因縁のミタマのみを神がつまみあげて
息吹きかへしてミロクの世の人民と致すのぢゃ、
因縁のミタマには☉や◎の【カミ】の印がつけてあるぞ」とある。

 

私には、生まれつき、右の膝小僧に1,5センチほどの薄茶色の痣(あざ)がある。形は、神の印の真ん中の点に少しだけ似ている。
しかし、生まれつき痣がある人は多いので、これは神の印かは分からない。


日月神示に因縁がある人は、神の印があることでしょう。因縁のない人には、印はほとんど無い。

 

「ひふみ」という名字


自動書記で見事な文章の神示を書いている、「ひふみともこ」という名の女性がいます。神示の本も上梓している。

サイトはこちら

神から人へ - ひふみともこ の 神との対話

この女性の名字も「ひふみ」なのも興味深い。

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました