レムリアとアトランティスの戦いから学ぶ

レムリアとアトランティスの戦いから学ぶ

宇宙の本質を語る宇宙人「オレンジャー」からのメッセージ

レムリアの末裔

レムリアの聖地


アンドロメダ星雲のオレンジャーによると、レムリアは、アトランティスの前に栄えていた精神性の高い古代文明。

人々は、素晴らしい生活を享受していた。

その後に、科学力の高いアトランティスが生まれた。
そして、次第にレムリアを制圧するようになっていった。


あるとき、アトランティス人が仕掛けた装置によって、レムリア大陸は海に沈んだ。

レムリアが沈む前に、アトランティス大陸の地下深くに強力なエネルギーを据えこんだ。

アトランティスが、繁栄のピークを迎えたとき、そのエネルギーが放射され、アトランティスは海に沈んだ。

 

 

 

アトランティス人は、科学力は高かったが、目に見えないカルマをよく知らなかったのでしょう。レムリア大陸を沈めるという大きな間違いを犯してしまった。

レムリア人が経験した悲惨な出来事を、自分たちも同じように経験することになるとは、アトランティスが繁栄していたときは、夢にも思わなかった。

多くの人を殺した大きなカルマが自分に返ってきて、アトランティス大陸も沈み、多くの人が亡くなってしまった。


他国を滅ぼすことは、大きなカルマを作り、やがて自分の国が滅びて、自滅することになる。

カルマは、同じものが返ってくる。しかも、倍返しになって返ってくることが多い。


現代でも、科学技術が進んでも精神性が低いと、彼らと同じように悲惨な道を歩む可能性がある。

戦争で多くの人を殺して、大きなカルマを作ってはいけない。
そのカルマが、いつか自分に返ってくる。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました