将来、放射能汚染やでプラスチックゴミで、魚が食べられなくなる可能性

将来、放射能汚染やプラスチックゴミで、魚が食べられなくなる可能性

福島の原子力発電所事故で海が汚染され、近い将来、魚などの海産物が食べられなくなる可能性がある。
今後も、原子力発電所の事故や核戦争が起きる可能性が高い。
 
今のうちに、養殖できる海産物を確保しておくことが重要。


また、海のプラスチックゴミが微細化され、
それを摂取した魚介類が食物連鎖により濃縮化され食べられなくなる。この大問題の解決も急務。

ネットで海のプラスチックゴミの問題を検索すると、問題の深刻さが分かる。しかし、この問題の解決は、非常に難しい。


善良な宇宙人に解決法を聞くといいかもしれない
。宇宙人と話せる人がいれば、ぜひ聞いていただきたい。

昔から地球に関与している善良な宇宙人は、海の浄化を昔から人知れずしてくれているようです。ですから、海の浄化法を知っているかもしれません。


人間が、環境問題や海の汚染で苦しむのは、人間が昔から自然破壊、戦争、原発の開発、ごみの廃棄などで、地球を破壊してきたことが原因。
  

2062年から来た未来人

Q.海に放射能をばら撒かれる大事故があり魚が食べられなくなるという話もほんとなのかとも。
A.海洋生物は“ほぼ”食する事が出来ない状況(2062年)だ。
(2010/11/14)

 Q.2062年からみて、2010年の内に食べておいた方がいい物は?

A.海産物は食べておいた方がいい。
(2010/11/16)

 

重要なこと

地震による原発事故や核戦争を防ぐ

・今のうちに養殖できる海産物の確保
養殖技術は、かなり進歩してきている。
海の汚染が進むと、食せる海産物がなくなり、養殖できない。

微生物に放射能を防ぐ力があるので、その活用の研究。
 放射能汚染を防ぐ微生物

海のゴミを減らす。

海の汚染で、食せる海産物がなくなると

食料不足や栄養不足。
魚屋や寿司屋など海産物の仕事がなくなる。
海水浴や魚釣りなどの海のレジャーがなくなる。
スキューバダイビング、サーフィンなどがなくなる。
様々な分野の大きな経済的損失。

など非常に困ることになる。

3bf59bd3

 

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする