家と食べ物を大切にすることが第一歩

家と食べ物を大切にすることが第一歩

日月神示に「家の中キチンと食物大切がカイ(初め)の御用」とある。これは、日本では昔から生活の常識であり、誰でもできることです。しかし、していない人は、日本にまだまだ多い。

以前にブログで掃除について書きました。私も家の掃除・整理整頓は、最近になって熱心にし始めたところです。

家の掃除を怠る理由は、家の大切さを分かっていないからです。
家は神からの大切な借り物であり、自分のものではない。その借り物の家を大切にすることで、幸運が手に入る

食べ物は、昔の和食がいいです。肉類は、なるべく控える。特に牛肉と豚肉などの四つ足は、控える。
「いただきます」と言ってから、何度もよく噛み、腹八分にする。これは、昔の日本人がしてきたことです。

まずは、家と食べ物を大切にすることから始めることです。

日月神示
梅の巻 第18帖

自分で自分のしていること分かるまいがな
神がさしているのだから
人間の頭では分からん
仕組通りに使われて
身魂の掃除の程度に使われて
使い分けられているのじゃぞ

早く人間心捨てて仕舞って

神の申す通りに従って下されよ
それがお主(おぬし)の徳と申すものじゃぞ
一家の為めぞ、国の為めぞ
世界の民の為めだぞ
天地の御為めだぞ

今までに無かったこと

今度はするのじゃから
合点出来んのも道理じゃ道理じゃ
始めは戦(たたか)いで
争(いくさ)で世の建替えする積りであったが
あまりに曇りひどいから
イクサ(戦)ばかりでは
隅々までは掃除出来んから
世界の家々の隅々まで掃除するのじゃから
その掃除中々じゃから、戦(いくさ)許りでないぞ

家の中キチンと食物大切が

カイ(始め・開)の御用と申してあろうがな
今度の岩戸は、あけっぱなしじゃ
褌(ふんどし)要らんと申してあろう

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする