動物カフェで大地震を予知できるかもしれない

 

動物カフェで大地震を予知できるかもしれない

 

前回のつづき。

動物には、3日ほど前から災害を予知する能力があると書きました。

動物の予知能力を活用すると、日本の大地震を予知できるのではないでしょうか。

 

動物カフェを活用する


今は日本では、猫カフェ、フクロウカフェ、うさぎカフェ、ハリネズミカフェなどの動物カフェが全国に沢山ある。 ペットショップもある。 個人でペットを飼っている人もいる。

これらの動物たちが、南海トラフ地震が起きる3日ほど前に、異常に鳴く、騒ぐなど、普段とは違う行動を取る可能性が高い

その時の動物たちの行動を動画で撮影しておくと、後で参考になる。

 

動物の異常行動から地震までの流れ


動物たちが異常な行動を取ったら、動物カフェやペットを飼っている人同士で連携して、ツイッター、ラインなどのSNSやブログで連絡を取り合う。

他のいくつかのお店の動物たちも異常な行動を取っていると分かれば、空の様子も観察する。 もしくは、空の模様に詳しい人に聞く。

 

空の異常 (空の色が変わる、月の色が赤い、など) も同時に起きていたら、大地震が起きる可能性が高い。

動物の異常と空の異常が同時に起きることは、普段は滅多にない。

 

その後、大地震に備えて避難するようにSNSやブログなどで皆に警告して、避難する。
動物たちも避難する。

 

そして、3日後に大地震が来る。

 

このような流れでいくと、大地震を予知し、避難できる可能性が高いと思います。
もちろん、外れることもある。

しかし、動物の異常と空の異常が同時に起きることは、普段は滅多にないので、避難する回数は少ない。

 

 

 

地震の前兆の動画は、以前に紹介した。

南海トラフ大地震の前に、空などに異変がある可能性

 

動物カフェの店員さんが、地震対策に協力してくれるかが問題。
そんなことは、うちでは無理というお店が多いと思う。

無理なら、ペットを飼っている人たちが皆で協力して、これと同じようなことをするといい。

南海トラフ地震は、目前に迫っているので、これを実行するとしたら、1年以内に準備を整えておく必要がある。

 

動物たちの予知能力が、地震予知にうまく活用されることを願う。

 

 

動物は3日先の災害を知ることができる

 

動物は3日先の災害を知ることができる

 

前回、動物が大地震の前に異常行動を取ることを書きました。

犬、猫、鳥、馬、鼠など動物には、3日ほど前から大地震などの災害を予知する能力がある。 

動物は長い歴史の中で、災害を予測する能力を獲得し、厳しい生存競争を生き延びてきた。

人間にも災害の前に、頭痛や耳鳴りなどの症状が出る人が少数いる。
しかし、これは少数であり、現在の多くの人は、明日に何が起きるかも分からない。

日月神示でも「鼠でも三日先のことを知る」とある。

 

この動物の予知能力を活用すれば、人は地震などの大災害を高確率で予知できるかもしれない。

次回につづく。

 

 


日月神示
 
上つ巻 第2帖
鼠でも三日先のことを知るのに、
臣民は一寸先さへ分らぬほどに、
よう曇りなされたな、

それでも神の国の臣民、天道人を殺さず、
食べ物がなくなっても死にはせぬ、
ほんのしばらくぞ。木の根でも食うて居れ。

闇のあとには夜明け来る。神は見通しざから、
心配するな。手柄は千倍万倍にして返すから、
人に知れたら帳 引きとなるから、人に知れん
やうに、人のため国のため働けよ、
それがまことの神の神民ぞ。

 

酒と煙草も勝手に作って暮らせる善き世になる、
それまで我慢出来ない臣民沢山ある。

早く  (モト)の神の申す通りにせねば、世界を
泥の海にせねばならぬから、早うモト  心になり
て呉れよ、神頼むぞよ。

 

 

南海トラフ大地震の前に、空などに異変がある可能性

 

南海トラフ大地震の前に、空などに異変がある可能性

 

近い将来、起きる可能性の高い南海トラフ大地震。
大地震の前に、前兆として空などに異変があることが多い。

空の異変


空の色がいつもと違う色になる。
月の色が赤くなる。
海の色が変わる。
雲が独特な形をする。

など。

 


動物の異常行動

ペットの犬や猫が、いつもと違った感じで吠える。鳴く。騒ぐ。
カラスなどの鳥の大群が空を飛ぶ。
魚が大量に海に打ち上げられる。

動物は、前もって大地震を知ることができるようです。

 

この動画の犬は、クゥーンと何度も鳴いて、前足を動かし、飼い主に訴えかけている感じがする。


人の体の異変

頭痛、耳鳴り、吐き気がする。

 

地震の前兆の動画。 分かりやすくまとめられている。

 

 

 

異常をSNSで皆に知らせる

 

私の予想では、南海トラフ大地震は、2020年の東京オリンピックの後に起きる。

以前の記事 南海トラフ地震は、2020年の東京オリンピックの後の可能性

2020年以降は、空などの異変には、注意していたほうがいい。

 

今はツイッター、ライン、フェイスブック、ブログなどで、すぐに情報を発信できるので、異変をすぐに知らせることができる。

空の異変、動物の異変、人体の異変が重なって起きたら要注意。
皆でSNSなどで異変を報告し合うといい。

そして、安全な場所に避難する。 

 

 

 

今から大地震の準備をインターネットや本などを読んでしておくこと。
2020年は、あっという間にやってくる。

 

日月神示にも「空に変わった事現われたならば、地に変わった事があると心得よ」とある。

天と地は、距離は離れているが、実は、大きな繋がり、関係がある。

 


日月神示

天つ巻  第13帖

空に変わった事現われたならば
地に変わった事があると心得よ 

愈々となって来ているのだぞ
神は元の大神様に延ばせるだけ延ばして頂き
一人でも臣民助けたいのでお願いしているのだが
もうお断わり申す術無くなったぞ
玉串(たまぐし)神に供えるのは衣供える事ぞ


衣(ころも)とは神の衣の事ぞ

神の衣とは人の肉体の事ぞ
臣民を捧げる事ぞ
自分を捧げる事ぞ
この道理分かったか
人に仕える時も同じ事ぞ

人を神として仕えねばならんぞ
神として仕えると神となるのだから
もてなしの物出す時は
祓い清めて神に仕えると同様にして呉れよ

食べ物今の半分で足りると申してあるが
神に献(ささ)げたものか、祓い清めて
神に献げると同様にすれば半分で足りるのぞ

天の異変に気付けて呉れよ
神くどく気付けて置くぞ
神世近づいたぞ

 

 

人の創造物と神の創造物

 

人の創造物と神の創造物

 

前回まで何回か時計の複雑機構のことを書きました。

スイス時計の複雑機構の進化や時計の美しさは、とても興味深い。
高価でも買う人が多いのは、分かる気がする。

 

しかし、どれほど人間の科学技術やものづくりが凄いと言っても、神の創造する無限の生命の複雑さには、遥かに及ばない。

 

生命の設計図であるATGCの塩基配列の無限の組み合わせから、無限の種類の生命が作られる。

こんな超複雑なことは、人間には真似できない。
人間は、塩基配列から犬や猫を作れない。

生命には、目に見えない霊がある。
物質のみの組み合わせではない。

 

人は、動物や植物を大切にしなければならない。
ペットや家畜をなるべく殺さないようにしなければならない。


最近は、ネコカフェやフクロウカフェなどの動物カフェが増えていますが、これは動物を身近に感じられるので、とてもいい。
どんどん動物に親しむことです。心が明るくなる。

 

この3次元の世界だけではなく、5次元、6次元、7次元、8次元、9次元と、上には上の次元が存在する。

 

こうして考えると、3次元の人間が創造するものは、神の創造に比べて、取るに足りないものであることが分かる。

 

 

 

シルバーバーチの神への祈り

スピリチュアリズムの『霊性進化の道』のサイトより、シルバーバーチの神への祈りを引用させていただきます。

シルバーバーチの神への祈りは、いくつかあり(下のサイトでは8つ)、シルバーバーチが、地球人に最も言いたいことを素晴らしい文章で簡潔に述べている。

いくつかある祈りを何度も読んで頭に入れると、シルバーバーチの教えが分かってくる。

魂に感動をもたらす“シルバーバーチの祈り”――The Spirit Speaks より――

 

ああ、真白き大霊よ。あなたは、あらゆる生命体の創造主であらせられます。
あなたは、全生命を支える無限なる摂理であり、あなたの計画は宇宙の生命活動の全側面に及ぶ完璧なものであり、あなたの愛がすべての生命体を育んでいるのでございます。

 

無数の生命現象が存在するこの宇宙にあって、あなたの摂理が認知しないものは何ひとつありません。
その存在の扶養と維持と管理にとって必要とされるものは、すべてあなたによって用意されております。
あらゆる存在が全体の一部としての機能を果たしつつ、それぞれが一大調和体を形成するための手段も、すべて用意されております。

 

私たちは、その不変にして絶対的な摂理に対して深甚なる敬意を表します。
なぜなら、この果てしない歩みにおいて、摂理の範囲を超えては何も生じないことを知っているからでございます。

私たちは、絶対的な摂理が存在する意義についてのより深い理解を、あなたの子供たちの間に広めたいと願っております。
摂理を理解することによって子供たちは、自己の存在目的とあなたとのつながりをよりいっそう明瞭に認識し、神聖な大計画において自らが果たすべき役割を知ることになるからでございます。

 

私たちは、あなたの霊がすべての子供たちに内在しており、それこそが真の実在であることを知らせたいと思っております。
あなたの霊が内在しているがゆえに、人間は意識を有し、呼吸し、思考し、あらゆる生命活動を可能にしているという事実を教えたいのでございます。

 

あなたによって神性が付与されていることの深い理由を知り、あなたとの霊的な絆を理解するならば、子供たちも内なる霊力を発揮することができるようになります。
その霊力は波涛のごとく湧き出で、あなたの顕現をより大きなものにすることになるのでございます。

そうして各自の霊的資質はますます発揮されるようになり、輝きを増したイルミネーションが生活全体を照らし出し、それまで真理を見る目を曇らせていた暗闇を取り除くことになるのでございます。

 

私たちは、援助を必要とするすべての人々に手を差し伸べ、彼らを悩ますあらゆる問題を解決することができる知識と悟りの道へと導き、無力感にとらわれたり、煩悶しているときには勇気を与え、あなたが常に彼らとともにおられることを教えてあげたいと願っております。

ここに、人々への奉仕を願う、あなたの僕インディアンの祈りを捧げます

 

 

腕時計にオルゴール機能があれば楽しい

 

腕時計にオルゴール機能があれば楽しい

 

前回の続き

腕時計の複雑機構のミニッツリピーターのことを書きました。

 

私が思ったことですが、ミニッツリピーターのゴングの音も綺麗ですが、
アラームの音にオルゴールが鳴れば、ステキではないでしょうか?

 いつでも、腕時計でオルゴールの音が聞けるのは、楽しい。

 

私は時計の歴史に詳しくないですが、オルゴール機能のある腕時計は、無いと思う。

これは、とても難しい技術ですが、不可能ではないと思います。
もし作れば、特許を取れるかもしれない。

オルゴールが不可能なら、ミニッツリピーターのゴングの音で、曲を奏でるのもいいかもしれない。

 

綺麗な音色のオルゴールは、人気が高い。

以前にスイスの素敵なオルゴールについて書きました。

スイスのオルゴールの綺麗な音色

 

私は時計の素人ですが、こんなのがあったら面白いと思うものを書いてみました。

 

 

 

 

腕時計に世界で初めてミニッツ・リピーターを作った人

 

腕時計に世界で初めてミニッツ・リピーターを作った人

 

前回の続き

フィリップ・デュフォー氏は、スイス生まれの天才時計師。

1992年にフィリップ・デュフォー氏は、腕時計に時刻を鐘の音色で知らせる機構である 『グラン・プチ・ソネリ・ミニッツリピーター』 を世界で初めて盛り込んだ。

ミニッツ・リピーターを腕時計に付けるのは、とてつもなく難しく、少数の天才時計師にしかできない。
それを世界で初めてやってのけたのは、凄すぎる。

 

日本のセイコーが、ミニッツリピーターの腕時計を初めて作ったのが、2011年。
19年の開きがある。

 

フィリップ・デュフォー氏の工房は、スイスのジュー渓谷にある。
自然豊な森と草原に囲まれ、静かで空気が綺麗。

時計製作には、とても良い環境だと思います。
冬は、雪が積もり、かなり寒いですが。

 

 

この工房の様子を見ると、宮﨑駿氏 (1941年1月5日) のアトリエに雰囲気が似ていると思った。
知的で芸術的で、人の温かみのある空気を感じる。
このような家でないと、良い作品はできないのかもしれない。

以前にも書きましたが、日月神示にもあるように、人の内分と衣服と家は、相関関係にある。

冬の巻 1帖
自分を霊とすると、衣は体
衣着た自分を霊とすれば家は体
家にいる自分を霊とすれば土地は体であるぞ

 

彼は、1948年生まれですが、まだまだ元気に活動している。
容貌を見ると、とても優しそうな感じを受ける。
時計の美しさにも、それがよく出ている。

動画をいくつか見ると、彼はフランス語と英語を話せるようです。

 

 

 

 

 

 

ミニッツ・リピーターの音を動画で聞く

 

ミニッツ・リピーターの音を動画で聞く

 

前回の続き

パテック フィリップのミニッツ・リピーターの動画。

ミニッツ・リピーターとは、現在時刻を鐘の音だけで知らせる機構のこと。

今は、動画で手軽に時計の音も聞くことができる。 便利になったものです。

 

しかし、スイスのオルゴールの場合と同じく、動画よりも、実際の生の音を聞くのが、一番きれいな音が聞ける。

オルゴールのようなきれいな音を聞くと、人は癒される。
これからもミニッツ・リピーターのきれいな音の追求は、続くでしょう。

 

 

パテック フィリップのサイトでもミニッツ・リピーターの音が聞ける。


「ミニッツ・リピーターのゴングは、3種類の音で時刻を知らせます。

通常、時を低音、クオーターを高音と低音の組合せ、残りの分を高音のみで表します。
例えば現在の時刻が2時49分であれば、低音が2回(2時)、高音と低音の組合せが3回(45分)、高音が4回(4分)鳴ります」

 

腕時計のミニッツ・リピーターは、超絶技巧で、一部の時計職人にしか製作やメンテナンスすることができない。
まだ日本では、セイコーの高級部門のクレドールが、2011年に発表したばかり。

ミニッツ・リピーターを量産するスイスの時計師のレベルの高さが分かる。
日本がスイスに追いつくには、まだ何十年もかかるでしょう。
でも日本も頑張って欲しいです。

 

 

 

 

世界最高峰のスイスの高級時計

 

世界最高峰のスイスの高級時計

スイスの高級時計は素晴らしい

 

前回、スイスの高級オルゴールを書きました。

 

スイスは、オルゴールの他に、高級時計も素晴らしいです。
デパートにある高級時計は、スイス製が多くを占めている。

 

その中でも世界最高峰の時計の1つは、パテック フィリップ

初めは、なぜパテック フィリップの時計は、200万円、300万円からもするのかと疑問に思いましたが、動画サイトで製造過程を見ると、高価なのも納得する。

これほど時計作りに凝れるものかと驚く。

 

日本のものづくりも昔から盛んですが、世界最高峰のスイス時計の製作動画は、日本の技術者にも、良い刺激になると思います。

 

パテック フィリップの製作動画 パート1~7まである。

 


 


ものすごく高い技術で手間と時間とお金を掛けている。

300万円は、むしろ安いかもしれない。

 

このような貴重な映像を手軽に見られたとき、お金を払ってインターネットをして良かったと思う。

 

複雑機構が魅力

 

パテック フィリップの時計には、パーペチュアル・カレンダー、ミニッツ・リピーター、トゥールビヨンなどの魅力的な機構が搭載されている。

 

トゥールビヨンは、 姿勢差によって、誤差が変化するという機械式腕時計の弱点を克服するために、機械自体を回転させる事によって、姿勢を平準化する。

1800年頃に、スイスのアブラアム・ルイ・ブレゲ氏が発明した。

 

 

時間を正確に計測することやファッションアイテムのために、たった4cmほどの薄いケースに、これほど多くの仕組みを凝縮できるとは、信じられない。

スイスの時計師の知性や美意識の高さを感じる。

天才時計師の魂のこもったものだから、数百万円、数千万円でも世界中で売れる。

 

 私もいつかは、高級時計を手に入れたいと思いますが、まだそれに相応しい人格ではないので、まだ買いません。
相応しくないのに、買うとバチが当たるでしょう。

 

 

 

スイスは、2017年に国際競争力ランキングで9年連続世界一


スイスは、2017年に国際競争力ランキングで9年連続世界一になったすごい国。

日本は9位。

スイスが国際競争力ランキングで9年連続世界一、日本は9位

 

日本にもセイコーやシチズンなどの優れた時計がありますが、高級時計の国際的なシェアは、スイスがまだ上です。
スイスに対抗するには、時計師の人格の高さが、スイスに並ばないといけない。

 

国としても同じです。日本という国の格が、スイスに並ばないといけない。
国際競争力ランキングでスイスに並ぶくらいでないと、時計でも並ぶのは難しいです。
それには、国民一人一人の努力にかかっている。

 

 

スイスのオルゴールの綺麗な音色

 

スイスのオルゴールの綺麗な音色

前回、自然の音を書きました。

自然の音は、とても癒やされる。
その他にも、オルゴールとても綺麗な音色を出す。

 

特に、スイスのオルゴールが、優れている。
高いものだと、数百万円もする。
通販のレビューの評価も高い。

動画サイトでも、オルゴールの音色を聞くことができる。
しかし、スピーカーからよりも、実際のオルゴールの音が、最も良い音が聞ける。

 


オルゴールの音は、人を癒やす効果があり、オルゴール療法というものがある。

日本オルゴール療法研究所

 

オルゴールの音色を聞くと、脳や心に響いて、心がキレイになる感じがする。

私は、スイスのオルゴールは、まだ持っていませんが、いつか手に入れたいと思っている。そして、家宝にして、家族や友人にも聞かせたい。

日本にもスイスのオルゴールのお店があるので、興味のある方は、行ってみるといです。
たまにテレビでも、お店が取り上げられている。

 

 

 

 

自然の音は、神の声

 

自然の音は、神の声

 

私は、最近、自然のさまざまな音を聞くのが好きです。
自然の音を聞くだけで、自分も本当に自然の中にいるような感じがする。
とても癒やされて、リラックスできる。

 

 

以前に取り上げた、ひふみともこ氏のサイトでも、自然の音は神の声であり、耳を傾けよとある。
ホームページの無断引用は、お断りしているので、サイ卜のタイトルだけ貼ります。

平成24年(2012年)6月4日 音と魂(続き)

 

動画サイトでも、人気の自然の音がたくさんある。
動画のコメントには、ペットの犬、猫、鳥なども、自然の音を聞くのが好き、癒やされるというコメントがある。

動物は、聴覚が鋭く、素直で正直なので、すぐに行動に現れる。


小さい頃から自然の音に親しむと、良い影響がある。

 

パソコンを使うときも、自然の音を聞きながらすると、とてもリラックスできる。
歌は、歌詞があるので、やや集中しにくい。


自然音のCDもたくさん発売されている。
興味のある方は、サイトで視聴してみるといいです。

素敵な音がたくさんある。

家、お店、さまざまな施設のBGMにいいです。

 

 

 

公園、動画、CD、森、川、などで、日々、自然の音に耳を傾けよう。
神の声が聞ける。