生まれ赤子の素直な心

 

生まれ赤子の素直な心

人間の学や智も、なかなか立派なもので、人の生活に役立つこともありますが、神の力には到底及ばない。


むしろ科学の発達が、核兵器、原発、環境破壊などを生み出し、地球を大きく破壊する危険性も出てきている。

この先も科学は発達していくが、進歩すればするほど、地球を破壊、汚染し、資源を枯渇させ、むしろ人間が住みにくくなる可能性がある。
このことを科学者は、十分に考える必要がある。


日月神示に「人間心捨てて仕舞って、智恵や学に頼らずに、神の申すこと一つも疑わず、生まれ赤子の心のうぶ心になって、神の教え守ることぞ」とある。


邪気のない、生まれ赤子のような素直な心でないと、神の申すことは分からない。

素直な心で神の教えを守り、ミタマを磨くことで、自分の器が大きくなり、生活が良くなっていく。

 

 

日月神示

磐戸の巻 第16帖

世の元からの生神が揃って現れたら
皆腰抜かして、目パチクリさせてもの言えん様になるのだぞ

神徳貰った臣民でないと中々越せん峠だぞ
神徳はいくらでも背負いきれん迄にやるぞ
大きい器持って御座れよ
掃除した大きい入れものいくらでも持って御座れよ神界にはビクともせぬ仕組み出来ているのだから安心して御用つとめて呉れよ
今度はまことの神の力でないと
何も出来はせんぞと申してあろうが

日本の国は小さいが天と地との神力強い
神のマコトの元の国であるぞ

洗濯と申すのは
何事によらぬ、人間心捨てて仕舞って
智恵や学に頼らずに、
神の申すこと一つも疑わず
生まれ赤子の心のうぶ心になって
神の教え守ることぞ


ミタマ磨きと申すのは

神から授かっているミタマの命令に従って
肉体心捨てて了って
神の申すことは背かん様にする事ぞ

学や智を力と頼むうちはミタマ磨けんのぞ

学越えた学、智越えた智は
神の学、神の智だと云うこと分からんか


梅の巻 第15帖

科学科学と人民申しているが
人民の科学では何も出来ん
乱すばかりじゃ

神に尋ねて神の科学でないと何も成就せんぞ
分からなくなったら

神に尋ねと申してあること忘れるなよ
一に一たす二ばかりとは限らんのじゃ
分かったか

 

 

腹八分のご飯で開運

腹八分のご飯で開運

現代の日本は、飽食の時代なので、多くの人は、食べ過ぎている。
食べ過ぎると、胃が苦しくなり、病気の大きな原因になる。
腹八分が胃に負担をかけず、快適に過ごせる。


日月神示では、人民に与えられているものは食物だけじゃ。日の恵み、月の恵み、地の恵みだけじゃぞ。

その食物節してこそ、捧げてこそ、運ひらけるのじゃ
病治るのじゃ」とある。

人に与えられているのは、食べ物だけであり、それ以外は、所有していても、人のものではない。
その食べ物を大切にして、神様に捧げることで、運が開ける。

私の場合は、神に捧げるといっても、食事の前に10秒ほど心の中で神に捧げるイメージを持ち、そして「頂きます」と言ってから食べる。

 

 

 

食べ過ぎたときは、次の食事を少なくするか、食べないようにするといい。それで体が快適になる。

満腹まで食べることが好きな人は、腹八分は難しいことですが、健康や開運のために努力するしかない。

昔の和食を基本にして、国産の野菜を多く食べ、肉類を控え、何度もよく噛むといい。
これは、昔の日本人が長年してきたことです。

 

日月神示

冬の巻 補帖

食物、食べ過ぎるから病になるのじゃ
不運となるのじゃ
口から出るもの、入るものに気つけよ
戦起こるのじゃ

人間の病や戦ばかりでない
国は国の、世界は世界の
山も川も海もみな病となり、不運となって来るぞ
食べないで死ぬことないぞ
食べるから死ぬのじゃぞ

一椀をとって先ず神に供えよ
親に捧げよ 子に捧げよ
腹八分の二分は捧げよ
食物こそは神から、親から与えられたものであるぞ
神に捧げずに貪(むさぼ)るからメグリ積むのじゃ
メグリが不運となり、病となるのじゃぞ

 

運ひらくのも食物慎めばよい
言慎めば良い
腹十分食べてはこぼれる
運は詰まってひらけん
この分かり切った事、何故に分からんのじゃ

捧げるからこそ頂けるのじゃ
頂けたら捧げると今の人民申しているが
それがウラハラと申すもの
衣類も家も土地も、みな神から頂いたので無いぞ
預けられているのであるぞ


人民に与えられているものは食物だけじゃ

日の恵み、月の恵み、地の恵みだけじゃぞ
その食物節してこそ、捧げてこそ、運ひらけるのじゃ 病治るのじゃ

人民日干しにはならん
心配無用
食物、今の半分で足りると申してあろうが


遠くて近いものヒフミの食べ方して見なされよ

運ひらけ、病治ってうれしうれしと輝くぞ
そんなこと位で、病治ったり運ひらける位なら
人民はこんなに苦しまんと申すが
それが理屈と申すもの
理屈悪と申してあるもの
低い学に囚われたメクラ、ツンボと申すものぞ
理屈捨てよ
捨ててやって見なされ

みなみな気づかん理(みち)
気づかん病になっているぞ
ツキモノがたらふく食べていることに気づかんのか
食物節すればツキモノ改心するぞ

先ず百日をめあてに
百日過ぎたら一年を
三年続けたら開運間違いなし
病も無くなってうれしうれしとなるぞ
三年目、五年目、七年目
めでたいナァ、めでたいナァ

 

楽天ミニ保険のがんプランのハガキが来た


楽天ミニ保険のがんプランのハガキが来た

楽天から楽天ミニ保険のがんプランの無料サービスのハガキが来ました。

保険の内容
保険期間は、1年間無料。

ガンと診断されたとき、5万円のお見舞金。

無料なのは、何か裏があるのかなと思いますが、これを詳しく解説しているサイトがありました。

「楽天ミニ保険 ガンプラン」に加入して1年経つとこうなる

結論は、加入して損になることは、ありません。
楽天生命の宣伝も兼ねているのでしょう。



楽天のような大きな企業が、お客さんが損するようなサービスをすることは、ほとんどないと思います。
もし損なことがあれば、クレームがたくさん来る。


でも、今は私は健康体で、1年以内に多分、ガンにならないし、申込みが面倒なので、このサービスは利用しません。

現在病気がちで、健康に不安のある方は、申し込んでもいいでしょう。

楽天の保険のサイトも見ましたが、がん保険は、月払保険料が5000円ほど掛かる。年間で約6万円。結構な額になる。
大きなお金が動くので、楽天もがん保険に力を入れているのでしょう。
保険は人によって様々なので、自分に合った対策をするといいです。

以前にブログで 将来は、メガネやコンタクトレンズが必用なくなる」 でも書きましたが、将来は、医療が進みほとんどの病気が治せるようになるので、ガンなどの病気が治せるようになると、生命保険の業界も大きく変化していくでしょう。

 

野菜は国産が健康に良い理由 地球内部の人からの報告


野菜は国産が健康に良い理由 地球内部の人からの報告

野菜は、国産が健康に良い理由を地球の内部に住む人の本 『超シャンバラ / ダイアン・ロビンス著 徳間書店』に書いていました。

自然はあなたを自由にする

このページから引用


「すべてのものは、あなた方を取り巻くオーラを含めて、あなたの周囲の環境の反映です。

あなたが触れたり、あなたのそばにあるもののすべては、あなたの脈動する原子を取り込み、それらの原子は土壌の一部となり、さらにあなた方が育てるあらゆるものの波動の一部になります。


あなた方が知らない未知の場所から来るものよりも、あなたが共鳴する社会や、自分自身から生じて振動する原子を含む食べ物だけを吸収することは、あなた方にとってより健康的なことであるとは思いませんか?

  
あなた方が実際に暮らす場所以外から来た食べ物を摂取することは、あなた方の身体の細胞に混乱を与えます。


なぜならそれは、あなた方のライフスタイルや思考、感覚と共鳴しないからです。


代わりにあなたは、自分の器官、成長ホルモン、腺、そしてあなたを「あなた」にしているあらゆるものの全体的な機能や消化システムに、危険で不適合であることを知ることなく、実際に他人の思考や感覚を「食べる」ことになり、それがあなたのものになって吸収されているのです。


他人の思考を摂取することは、実はあなたのものではない恐怖や嫌悪感を生み出す結果となる
ので、それがいったいどこからやってきたのか、あなたは不思議に思うのです。

健康的で強い身体を持つためには、一定の地域から採れた食べ物だけを身体に与えることが大切です。


これはあなた方の生命力を高め、あなた方の思考や感覚にバランスを与えます。なぜならあなた方は、自分の属する社会の集合意識が持つ願望や夢を補強し、強化するようになるからです。」


 

 

この文章によると、人の原子が、自分の住む土壌にも取り入れられるようです。
それで、自分と同じ原子を含む野菜が、健康に良い。

自分の暮らす場所以外の食べ物を摂取すると、共鳴せず、身体の細胞に混乱を与える。


昔からの「身土不二」は、原子レベルのことだったのです。

 

日本の野菜の自給率は低い


日本の野菜の自給率は低い

前回に国産の野菜が、健康に良いと書きましたが、日本の野菜の自給率は低い
スーパーに行っても、外国産の食べ物をとても多く見かける。

国内の自給率が向上した方がいい理由に、もし戦争や自然災害などで、海外から輸入ができない事になると、困ることがある。

これも重要ですが、他にも、日本人の健康には、国産が良いということがある

 

食品別生産自給率

日本の“真の食料自給率”は1.5%?―【農家の窓から】

 

 

まだまだ日本の食べ物には、自給率の低さや、野菜の栄養価の低下、化学肥料の使用、食品添加物の使用など問題が多い。

あまり健康に良くない外国産を、小さい頃から食べると、病弱な体になる。

皆が安心して国産の野菜を食べられることが理想的。
そうなると、健康になり、病人も減る。


昔の日本人のように、小さい頃から健康に良い国産の野菜を食べる習慣が大切。

 

野菜は、国産が健康に良い

 

野菜は、国産が健康に良い 

日本人が昔から食べている国産の野菜が、外国産よりも健康に良い。

食に関する言葉

三里四方の野菜を食べろ

自分の住んでいるところから三里四方(約12km以内)でとれた野菜を食べると、健康で長生きができるという意味。

さすがに今は、12km以内で全てをまかなえないので、国産でいいです。

自分で野菜を栽培するのも、とてもいいです。
無農薬で、採れたてで新鮮。


身土不二 (しんどふじ)

人間の身体と土地は、切り離せない関係にあるということ。
自分に近い土地から採れた野菜が、体によく合う。

 

 


国産は、外国産よりも値段が高いことが多い。
それで外国産を買う人が多い。
しかし、多少高くても国産を食べて、健康になる方がいいです。

 

昔の日本ように、なるべく国産を買うようにすることです。

例えば、私は、納豆や豆乳や豆腐などの大豆の食品が好きでよく食べていますが、商品の表示を見て、アメリカやカナダ産よりも、国産を選ぶようにしている。


パンをホームベーカリーで焼きますが、原料の強力粉は、カナダ産も人気が高いですが、北海道などの国産を楽天市場などで購入するようにしています。