日本人の血を尊ぶ 混ぜると血を乱す


日本人の血を尊ぶ 混ぜると血を乱す

日月神示には
血尊べよ、血は霊であるぞ神であるぞ、
血にごしてはならんぞ。
血は混ぜこぜにしてはならんのじゃ

交ぜることは乱すことだぞ

「学はこの大事な血乱す様に仕組みているのだぞ
それがよく見える様にしたのは悪神だぞ
人民の目くらましているのじゃぞ」
とある。

 

日本人の血とが外国人の血を混ぜることは、血を乱すことであり、混ぜてはいけない。

もし、日本に何百万人、何千万人とハーフが増えると、日本が混乱する。

それを知っている悪神が、昔から日本人と外国人との混血を増やし、日本を乱すように仕組んでいる。

そして日本人にハーフを作ることが良いことのように、洗脳している。


日本は、日本人の大事な血を尊ぶという意識が、まだまだ低い。学校や親から教わっていないのも、大きな原因。


昔からテレビの芸能人やファッションモデルなどは、ハーフがとても多い。これらの業界のハーフの多さには、違和感を感じる。

これらの業界の人が、日本人よりもハーフを優遇して起用している。

これからも、これらの業界で新たなハーフが出てきて、ハーフがますます増加することになる。

 


テレビ番組でも、昔から国際結婚の番組を放送して、国際結婚が幸せなように放送している。

国際結婚で不幸になった人は、ほとんど放送しない。
この番組の影響で国際結婚する人が、どんどん増える。


ハーフが増えると、日本が混乱する。日本人の大事な血を尊ぶことが大切。

 

日月神示
梅の巻 第15帖

血尊べよ、血は霊であるぞ神であるぞ

血にごしてはならんぞ
血は混ぜこぜにしてはならんのじゃ

黄金(こがね)は黄金の血
白銀(しろがね)は白銀の血
黄金白銀交ぜ交ぜて別の血つくってはならんのじゃ
外国には混ぜこぜもあるなれど
元を混ぜこぜならんのだぞ
交ぜることは乱すことだぞ


学はこの大事な血乱す様に仕組みているのだぞ
それがよく見える様にしたのは悪神だぞ
人民の目くらましているのじゃぞ
科学科学と人民申しているが

人民の科学では何も出来ん
乱すばかりじゃ
神に尋ねて神の科学でないと何も成就せんぞ

 

ひふみ神示の神の印が付いているか

 

ひふみ神示の神の印が付いているか


店の名が「ひふみ」

私の祖父の代から自営業をしており、店の名前は「ひふみ」といいます
昔は、将棋の加藤一二三氏が、同じ名前だと知っていた。加藤氏の本も家にありました。

 

最近気付いたのですが、「日月神示」の原文を解読し、漢字仮名交じり文に書き直されたものは、「ひふみ神示」という。

ひふみが同じ 。 これは何かの縁を感じる。


もちろん、祖父や父は、「ひふみ神示」を知りません。

私が最近、「ひふみ神示」を知り、ブログでも書くようになったばかり。

 

 

神の印の痣


他に縁があるかもしれないと思うことは、日月神示の紫金の巻第4帖 に、


大掃除はげしくなると世界の人民皆、仮四の状態となるのぢゃ、

掃除終ってから因縁のミタマのみを神がつまみあげて
息吹きかへしてミロクの世の人民と致すのぢゃ、
因縁のミタマには☉や◎の【カミ】の印がつけてあるぞ」とある。

 

私には、生まれつき、右の膝小僧に1,5センチほどの薄茶色の痣(あざ)がある。形は、神の印の真ん中の点に少しだけ似ている。
しかし、生まれつき痣がある人は多いので、これは神の印かは分からない。


日月神示に因縁がある人は、神の印があることでしょう。因縁のない人には、印はほとんど無い。

 

「ひふみ」という名字


自動書記で見事な文章の神示を書いている、「ひふみともこ」という名の女性がいます。神示の本も上梓している。

サイトはこちら

神から人へ - ひふみともこ の 神との対話

この女性の名字も「ひふみ」なのも興味深い。

 

 

霊界でも食物を食べる

 

霊界でも食物を食べる

これまでに、食べ物に関する記事をいくつかブログに書きましたが、日月神示によると、なんと霊界の人は、霊界でも、この世と同じように食物を食べるという。


霊人の食物であるが、これまたその霊人の状態によって千変万化する

この世でも、人の内分によって食べるものが、それぞれ違ってくる。人の内分が高まると、食物も質の良いものに変わってくる。
逆に、ジャンクフードなどの質の低いものを好む人は、内分が低い人が多い。

日本の昔の和食は、とても質が高く、日本人に理想的な食べ物。これは、日本人の内分の高さが関係している。

その他、フランス料理やイタリア料理など、それぞれの国の人の内分によって、食べるものが変わる。


霊人と食物が調和して、歓喜となる。歓喜とは、神のこと。
食物を食べて美味しいと感じることは、神の歓喜が関係している。


霊人は、植物性のものを好み、動物性のものは好まない。
性の遠く離れた食物ほど神の歓喜の度が強くなる。


確かに、この世でも植物性の食べ物のほうが、体が元気になるし、健康に良い。動物性を多く食べると、気分が悪くなる。
植物性がいいのは、歓喜の度の強さが関係していた。

 

 


「すべての食物は、ことごとく食べて一物も残さないのである」とあるので、なるべく残さずに、野菜を全部を食べるようにすると、健康にも良いかもしれない。


食物を食べることは、神の歓喜を食べることだったのです。

 

日月神示
地震の巻 第15帖

霊人はまた、いろいろな食物を食している。
言うまでもなく霊人の食物であるが、これまたその霊人の状態によって千変万化するが、要するに歓喜を食べているのである。

食べられる霊食そのものも、食べる霊人もいずれも食べる、ということによって歓喜しているのである。

地上人の場合は、物質を口より食べるのであるが、霊人は口のみでなく、目からも、鼻からも、耳からも、皮膚からも、手からも、足からも、食物を身体全体から食べるものである。


そして、食べるということは、霊人と霊食とが調和し、融け合い、一つの歓喜となることである。


霊人から見れば、食物を自分自身たる霊人の一部とするのであるが、食物から見れば霊人を食物としての歓喜の中に引き入れることとなるのである。


これらの行為は、本質的には、地上人と相通じる食物であり、食べ方ではあるが、その歓喜の度合いおよび表現には大きな差がある。

食物は歓喜であり、歓喜は神であるから、神から神を与えられるのである。

以上のごとくであるから、他から霊人の食べるのを見ていると、食べているのか、食べられているのかわからないほどである。

また霊人の食物は、その質において、その霊体の持つ質より遠く離れたものを好む。
現実社会における、山菜、果物、海藻等に相当する植物性のものを好み、同類である動物性のものは好まない。


何故ならば、性の遠く離れた食物ほど歓喜の度が強くなって来るからである。

霊人自身に近い動物的なものを食べると歓喜しないのみならず、かえって不快となるからである。


そして霊人はこれらの食物を歓喜によって調理している。

そしてまた与えられたすべての食物は、悉(ことごと)く食べて一物も残さないのである。

 

この世の何を拝んでもいい

この世の何を拝んでもいい

日月神示に「宇宙の総てはこの神の現れであり、一面であるから、その何処つかんで拝んでもよいのである」とある。

人は、昔から様々なものを拝んで来ましたが、基本的に何を拝んでも良かったのです。

 

これに関する私の経験を書きます。

左馬とひょうたん


3年ほど前に、デパートで1,5センチほどの左馬とひょうたんがセットになった縁起物を5000円ほどで買った。


左馬
は、将棋の駒に馬の字が、左右逆に書かれていて「まう(舞う)」という意味で縁起が良い。

ひょうたんは、上下がねじ式になっており、色々な縁起物が詰まっている。
水晶、ひょうたん、サイコロ、カエル、七福神の大黒さんと恵比寿さんなどが入っている。


70歳位のお爺さんが販売していて、色々とお話してくれた。

私は、昔の人はこんなユニークな物を作っていたのかと思い、日本の昔の文化を学ぶつもりで、これを買った。


これをいつもパンツのポケットに入れていた。たまに握りしめたり、磨いたりした。


それからは、ひょんなことから、人から思いもよらぬ物を貰うラッキーなことが何度かあった。

これは、ひょうたんをいつも持っていたからかもしれない。というのも、貰ったものは、ひょうたんに形が似ていることが多かった

 


どんぐり

次に、他にもいつもポケットに入れておくといいと思い、どんぐりを1つポケットに入れておいた。

すると、知り合いのお婆さんから、自分の庭で植えているグミの木の枝を切ったものを何度か頂いた。
グミの木を人から頂くのは、生まれて初めて。

グミの木の実は、赤くて形が、どんぐりに似ている
これもやはり、どんぐりをいつも持っていたからかもしれない。


初めに書いた左馬とひょうたんのセットの縁起物は、昔の人がいつも持っていると、同じようなものを引き寄せることを、多分知っていたのでしょう。

これは、良い知恵です。

自分の家と食べ物

まず、多くの人が大切にしなければならないのは、自分の家と食べ物です。

家を毎日掃除し、整理整頓する。
毎日の食べ物に感謝する。
これは、生活の基本です。
そうすると、嬉しいことが起きてきて、生活が良くなっていく。


その他にも、お金が好きなら、お金をいつも大切に扱うといい。お金が不思議と手に入るようになる。

服が好きなら、服をいつもお手入れすると、また新たな服と出会えることがある。

自分の好きなものや、欲しいものを大切にするといいです。

 


日月神示
春の巻 第22帖

宇宙の総てはこの神の現れであり
一面であるから
その何処つかんで拝んでもよいのである
その何処つかんで、縋(すが)ってもよいのであるぞ

水の流れも宗教ぞと申してあろう
総てに神の息、通っているぞ
一本の箸拝んでもよいのじゃ
ちゃんとめあて、決めねばならん


月光之巻 第23帖

金が好きなら金を拝んでも良いのじゃ
区別と順序さえ心得て居れば
何様を拝んでもよいぞ

金を拝めば金が流れて来るぞ
金を拝み得ぬイコヂ(意固地)さが
そなたを乏しくしたのじゃ赤貧は自慢にならん、無神論も自慢にならん

清貧は負け惜しみ

清富になれよと申してあろうが
清富こそ弥栄えの道、神の道
大ひつき大神のマコトの大道ぞ

 

 

2062年の未来人の言ったDACとは何か

2062年の未来人の言ったDACとは何か

本物と思われる2062年の未来人が、DAC的組織が2016年に存在しないと言っていたので、DACについて調べてみました。
DACを解説したページがある。

BitSharesはDACとしてどうやって成り立っているのか?


DAC(ダック)は、Distributed autonomous companyの略。

日本語では「分散自立型組織」。

人を一切介在せずに、自動的にビジネスを回すための仕組みの総称。
機械により自動的に運営されていく会社のような仕組みのこと。


この分野の素人には、やや難しい内容ですが、。DACが将来世界的に普及して、重要なものになるらいしい。

興味のある人は、勉強してもいいと思います。
上手くいくと、大きな利益を得られるかもしれません。


偽物の未来人なら、未来でしか普及していないDACについて言及することは、かなり難しいと思う。

本物の未来人は、未来の専門用語をたくさん知っているので驚きがある。

 

2062年のニセ未来人が、また音声を1万円で販売

2062年のニセ未来人が、また音声を1万円で販売

2017年の6月に、ニセ未来人が、再び音声を1万円で販売した。

2062年の未来人の音声情報の販売サイト


以前にもブログで、ニセ未来人の音声販売について書きました。


2062年の未来人の偽物に要注意

2062年の未来人の偽物に要注意(2)


今回は、「未来知識集合体アヴァランシェ」という名で、前と同じように10時間の音声を1万円で販売。
 

これは、本物の未来人ではなく、現代人のニセ者である可能性が高い。

本物の未来人であれば、音声を高額で販売したり、公式サイトやメルマガやブログやLINEなどを使わない。


偽物であることが判明すれば、詐欺となり、1万円で音声を購入した人全員に、全額返金しなければならない事態になるかもしれない。
警察が、すでに調査しているかもしれない。

これまでに騙されて1万円を払い、購入した人は、たくさんいると思います。

 

 

この偽未来人は、カルマについてよく言及していたにも関わらず、自分が大きな詐欺を働き、大きなカルマを作ってしまった。

偽未来人は、近い将来、このカルマで苦しむことになる。カルマをよく知らなかったのでしょう。

 

友を作る秘訣

 

友を作る秘訣

前回に友を作ることが大切と書きました。
人、動物、植物、鉱物と友となる

犬や猫の動物や植物は、素直な心を持っているので、親しくするのは、難しくないですが、人との関係は、そう簡単ではないことも多いです。

特に、初めて会う人や、好きな異性や、苦手に感じる人、仕事で会う人といい関係を築くのに、悩むことは多い。

友を作るには、どうすればいいのか。


自分が相手の人になりきってみて、その人の立場を想像することです。

そうすると、自分がどうすれば相手が喜んでくれるか、逆にどうすれば嫌と思うかが、ある程度分かってくる。
そして、相手の為を思って、相手が喜んでくれることを行うことです。

 

 

 

まずは、自分の親や兄弟や友人などの、自分が親しい人に優しく接することから始めるといいです。
慣れてくると、自分が想像するだけで、何をすれば喜んでくれるか、逆に何をすれば嫌と思うかが分かってくる。

 

繰り返し行なっていくと、想像力やコミュニケーション能力が付き、きっと人といい関係が、築けるようになる。

 


日月神示

月光之巻 第56帖

そなたはいつも孤独
そなたの不運は孤独からじゃ
友作れよ
友を作る事は己を作る事と申してあろが
友を作る事は新しき世界を作る事ぞ


一人の世界は知れたものぞ

一人ではマコトの道を生きては行かれんぞ友と申しても人間ばかりでは無いぞ
山も友、川も友、動物も植物も皆友ぞ
大地も大空も皆友となるぞ
何もかも皆友じゃ 皆己じゃ

皆々己となれば己は無くなるぞ
己無くなれば永遠に生命する
無限の己となるのじゃ

御神前で拝むばかりでは狭いぞ
野菜拝めば野菜が
魚拝めば魚が己となるのじゃ


拝むことは「和す」こと

和すことが友作る秘訣ぞ
友を己とすることは、己を友とすることじゃ
友に捧げることじゃ

親は子に捧げるからこそ、子が親となるのじゃ

分かったか

 

 

人、動物、植物、鉱物と友となる

 

人、動物、植物、鉱物と友となる


人間一人の世界は、知れたものですが、友を作ることで、自分知らない新たな世界を知ることができ、自分が大きくなる。

人、動物、植物、鉱物といつも親しくし、友となることで、心が明るくなり、楽しい毎日を過ごせる。
どんどん新しい世界を作っていくことです。


いつも親しくしていると、目に見えない霊的なつながりが強くなる。

人が病気になったときに、親や兄弟が同じ病気になったり、動物も同じ病気になる、植物が枯れる、鉱物が変色するなどが起きることがある。
そして、病気の人が、不思議と病気が治ることがある。


これは偶然のときもあるが、偶然ではなく愛する人の病気を軽減するために、身代わりになる場合がある。

驚くのは、これは距離が遠くに離れていても起きること。距離が離れていても、霊的なつながりがあるということ。


何も飼っていない人、育てていない人は、何か自分の興味のあるものから育てるといいです。
植物は、通販でもたくさん販売している。

 

 

動物は、動物の保護施設などで譲ってもらうといいです。
インターネットにもサイトが沢山あります。
ペットショップで買うのは、あまりおすすめしません。


「ペットのおうち」では、多くのペットの里親を募集している。

ペットのおうち


その他にも山、川、火、空などあらゆる自然と親しむこともいいです。
昔から人々は、自然に親しんできた。
自分が大きく明るくなり、一切が自分となる。

 

一二三の食べ方で病気が治る

 

一二三の食べ方で病気が治る

 

日月神示

日の出の巻 第8帖

ヒフミの食べ物に病無いと申してあろうがな
一二三の食べ方は一二三唱えながら噛むのだぞ

四十七回噛んでから呑むのだぞ
これが一二三の食べ方頂き方だぞ

神に供えてからこの一二三の食べ方すれば
どんな病でも治るのだぞ
皆の者に広く知らせてやれよ

心の病は一二三唱える事に依って治り
肉体の病は四十七回噛む事によって治るのだぞ
心も身も分け隔て無いのであるが
会得(わか)る様に申して聞かせているのだぞ
取り違い致すでないぞ

 

一二三祝詞は、文字数が合計で47ある。

一二三祝詞

ひふみ、よいむなや、こともちろらね
しきる、ゆゐつわぬ、そをたはくめか
うおえ、にさりへて、のますあせゑほれけ


これを唱えながら噛むとありますが、もちろん声を出しながら、噛んで食べることはできないので、私は心の中で、一二三祝詞を唱えて食べています。

47回を数えるのは面倒ですが、一二三祝詞が47文字なので、便利です。

噛む回数は、あまり気にしなくてもいいと思います。

一口にだいたい47回くらいのつもりで。 


よく噛むことは、想像以上に健康に良い。

食べ物が唾液と混ざり細かくなって、消化が良くなる。
小さい頃からよく噛むことで、顎が鍛えられる。

 

 

 

神に供えてからこの一二三の食べ方すれば、どんな病でも治るのだぞ
どんな病でも治ると言い切っているのがすごい。

心の病は一二三唱える事に依って治り
肉体の病は四十七回噛む事によって治るのだぞ
心の病と肉体の病では、治し方が違う。
各人の病気によって治し方を変えること。


現在は、私は病気ではないので、この食べ方で病気が治る体験はないのですが、ガン、糖尿病、高血圧、うつ病など治療が困難な病気の方は、試してみてもいいと思います。

きっと病気が快方へ向かうでしょう。

 

早死にする職業ベスト10

 

早死にする職業ベスト10

「日刊SPA!」が、2013年に「早死にする職業ランキング」を掲載しています。
「早死に」とは、残酷なことを書くなと思いましたが、健康について参考になる。

「日刊SPA!」 早死にする職業ランキング


早死にする職業ベスト10

1位 大手広告代理店の営業
2位 IT企業の下請けSE
3位 チェーン飲食店店長
4位 若手官僚
5位 病棟勤務の看護師
6位 タクシー運転手
7位 LCCの客室乗務員
8位 自衛官
9位 公立学校の教員
10位 トラック運転手

早死する原因は、ストレス、過重労働、暴飲暴食、深夜までの残業、長時間労働、低賃金、接待続きなどの過剰飲酒など。


毎日の厳しい仕事で短命になるのは、とても不幸です。
少しでも体の負担が少なくなるように改善、努力していくしかない。

日本は世界的に長寿国ですが、まだまだ肉体的に厳しく短命な仕事は多いので、改善していかなければならない。そうすることで、日本の平均寿命はもっと伸びる。



私の知り合いにも広告代理店に勤める男性がいます。

仕事の内容は、街の看板広告の設置などです。
暑い日も寒い日も雨の日も、外で仕事をすることが多く、肉体的にも厳しい。風邪も引きやすい。

早死しやすい仕事は、若いときは、なんとか無理がききますが、中年以降は、肉体的に急に衰えてくるので苦しくなる。それで短命になりやすい。


老化が始まる中年以降も、楽しく快適にできる仕事が、健康に良い。

そのためには、若いうちからいい仕事に就けるように、努力しておくことです。