悪銭身につかず 楽に得たものは、楽に失う (1)

悪銭身につかず  楽に得たものは、楽に失う (1)

 

悪銭身につかず

意味
不当な手段で得た金銭は、とかくつまらないことに使ってしまい、残らないものだという教え。

盗みやギャンブルなどで手に入れた金のこと。あぶく銭。
金は汗水垂らして働いて得るものであり、競馬や宝くじなど公営とされている博打でも「悪銭」とみなされることがある。

 

楽に得たお金やギャンブルで得たお金は、身につかない。
楽に得たものは、楽に失う。
ギャンブルで得たお金は、カルマを作るので、事故や病気になることもある。要注意です。

 

たとえば、一流のスポーツ選手が、年棒が何十億円も得ることがあるが、彼らは豪邸を建てたり、毎日贅沢な暮らしをして、お金を浪費することが多い。

人は大金を得ると、どうしても気持ちが大きくなり、金銭感覚がマヒし、浪費してしまう。

そして、現役引退後に収入が減るが、これまでの浪費グセがなおらず、その結果、お金に苦労することがよくある。


私は、さまざまな仕事での億単位の年収は、多くの場合、貰いすぎと感じています。
地道に努力して、世のために貢献した分だけが、自分の稼ぎや徳となる。

 

 

 

惑星は、中が空洞のトーラスの形をしている

惑星は、中が空洞のトーラスの形をしている

トーラスとは、ドーナツのように中が空洞な形状のこと。

ウィキペディア トーラス


以前にブログで、あらゆるものは同じ構造をしていると書きました。

原子、人間、地球、太陽系などは、同じ構造をしている


惑星も原子や細胞や太陽系と同様に、中身は埋まっているのではなく、スカスカの状態。
地球以外の多くの惑星も、トーラスになっていて、それぞれの惑星の内部には、高度な文明が存在する。

しかし、中が空洞だと、重力はどうなるのかと疑問が生じる。
惑星は、トーラスという形状と、星の質量が重力場を発生させている ようです

これは、この先少しずつ解明されていくと思います。

 

 

そして、内部は異次元になっており、南極や北極の地表の穴から、いわゆるスターゲイトを通って、異次元世界へ行くことができるらしい。
この仕組みは、まだよく分かっていない。

 

 

学校の理科では、地球の中は高温のマグマがあると教わりますが、これは間違いのようです。将来は、理科の教科書が書き換えられるかもしれません。

惑星の内部が異次元になっていて、高度な文明があるとは、ワクワクする。これからは、感動的な発見がありそうです。

 

地球内部のアガルタ人は存在するか

地球内部のアガルタ人は存在するか

地球の内部は空洞であり、内部には、はるかに進歩した人間が、昔から住んでいるという説がある。その1つが「アガルタ人」とよばれている。

私も本やネットで少し調べてみました。その結果、真実である可能性があると思います。


真実と思う理由

・アガルタ人からの通信や目撃証言が、数多くあり、内容もかなり共通している

アガルタ人の目撃証言が1つや2つなら、信用できないが、霊界や宇宙人やUFOのように、本人からの通信や目撃証言が昔からかなりの数で存在する。
現在では、霊界や宇宙人やUFOは、本当に実在することが、知られてきている。

ウィキペディア 地球空洞説


人の想像だけでは、詳しく語れない

霊界やUFOなどと同じように、見事な文章でとても詳しく語られている。人の想像だけで違和感なく語るのは、至難の業。
実際に、驚くべき光景を見たことを述べている印象を受ける。

 

 


アガルタ人は、地球人に友好的な人たち。
しかし、人格の高い人でなければ、アガルタへは行けないらしい。
私も一生に一度くらいは、地上より進んでいるアガルタへ行ってみたいと思っている。

また、何か分かればブログに書きます。

 

パソコンのセキュリティーを高める

パソコンのセキュリティーを高める

 私は、パソコンにはあまり詳しくないのですが、セキュリティー対策は大切なので、いくつか対策をしました。

電気屋の店員さんが、セキュリティーについ詳しいので、電気屋に行ったときに、どうすればいいか聞いてみるといいです。


もし、コンピューターウィルスが侵入すると

IDやパスワード、銀行口座情報、クレジットカード情報が盗まれる。

ノートパソコンの画面の上についている、カメラ機能が作動し、自分が映った映像が盗まれる。

・パソコンが乗っ取られて、自分のパソコンから他人に攻撃し、自分が加害者にされてしまう。


・パソコンのパスワード設定

パソコンを開くときに、パスワードを入力しないと開けないようにする。
他人が、勝手にパソコンを使用できにくくなる。
パソコンを開くたびにパスワードを入力するので、やや面倒くさい。

ソニー バイオのサポートページ

パソコンにパスワードを新規に設定する方法が知りたい


・ウィンドウズ

たまに表示される「Windows  Update」で、常に最新の状態にしておく。

・ブラウザー

脆弱性の高いインターネット・エクスプローラーからグーグル・クロームへ変えました。

 

・ウィルス対策ソフト 

対策ソフトも必須。 私は、キャノンの「ESET ファミリーセキュリティ 3年5台版 ダウンロード版 」を使用しています。
ノートンも定番でいいです。

 

 

 

 

・ノートパソコンのカメラ機能を停止

ノートパソコンの画面上の中央に、丸い穴があれば、これがカメラ。
その左右にも小さい穴があれば、これはマイク。

私はカメラを使わないので、穴にシールを張り、機能を停止した。

停止の仕方は、NAVERに詳しい。

NAVER 使わないウェブ(WEB)カメラ、放っておくと危険ですよ

 

原爆は、人間が絶対に作ってはいけないもの

原爆は、人間が絶対に作ってはいけないもの

人間にとって、原爆は、地球を破壊してしまうので、非常に危ない。
原爆は、絶対作ってはいけないものであったが、作って使用してしまった。そのカルマは、とても大きい。

シルバーバーチとアガルタ人の、原爆についての言葉を紹介します。


スピリチュアリズムのシルバーバーチは、人は「原子エネルギーの発見は、時期が早すぎた」と言っている。
現代の人間の精神性や科学技術の高さでは、原爆は、とても危なくて、まだまだ手に負えないもの。

シルバーバーチ スピリチュアリズム・ブックス  8章 真理を知らないでいることは暗闇の中を歩くことです 

もっと人間の精神性が高まり、世界が平和に暮らせるようになり、科学技術も進み、原爆を安全に管理、使用できるようになって初めて、世のために役立てることができる。

 

地球の内部に住むアガルタ人が、人間が原爆を1945年に広島と長崎に使用したとき、使用を止めるように警告した説がある。
地球内部のアガルタの存在は、真実かどうかは、まだ分かりませんが、私は真実の可能性があると思っています。

 

 

 

 1947年に、アメリカのバード少将が、北極からアガルタへ行ったとき、アガルタ人から原爆について警告を受けた。

アガルタ人は、地上の人間の戦争や残忍な行為に介入することはありませんでした。
しかし、すべてを破壊しようとする原子力エネルギーを扱う権力と交渉しなければなりません。

人間は、引き返すことのできない地点に到達しています。権力を握る人々は、自分たちの世界を破壊しようと考えている。

アガルタの動画


明かされていない南極でのUFO戦争 パート1~3まである。

 

 

核戦争は、とてつもなく大きなカルマをつくる

核戦争は、とてつもなく大きなカルマをつくる

近い将来、第3次世界大戦が起きて、核戦争になる可能性が高い。
核兵器を使用すると、数十万、数百万の人間が、たった1日で亡くなる。
その後も、放射線による病気などで、多くの人が亡くなる。

核兵器の破壊力は、他の兵器と比べ物にならない。


以前にもブログで書きましたが、核兵器の使用、製造、投下指令などで、核兵器に関与すると、大きなカルマをつくる。
そして、死後に霊界で被爆者と同じ苦しみを長い間、受け続けることになる。

これは摂理なので、だれにも変えることはできない。

 

 


2062年の未来人によると、2062年には、地球1個を簡単に爆発させることができる兵器があると言っている。これは非常に危ない。

2062年以降も、再び核戦争が起きて、地球を破壊してしまう戦争が起きる可能性がある。これは第3次世界大戦のカルマが関係している可能性が高い。

 

2062年の未来人

Q.新しい兵器について

A.新しい兵器は存在する。これは地球1個を簡単に爆発させることができる。  (2010/11/16)

 

長い宇宙の歴史では、核戦争で惑星を破壊してしまったところがいくつかあったらしい。惑星を破壊することは、とてつもなく大きな罪で、その星の人たちは、大きなカルマをつくり、苦しみ続けることになる。


非常に困難なことですが、核兵器の全廃を実現しなければならない。


カルマを知らなかったアインシュタイン

カルマを知らなかったアインシュタイン

アインシュタインは、物理学で大きな業績を残しました。
しかし、原爆の破壊力を知っていながら、原爆の製造をアメリカ大統領に薦める手紙に署名するという、大きな間違いをしました。


おそらく、この時は、アインシュタインなどの科学者たちは、カルマについて、ほとんど知らなかったのでしょう。

もし知っていれば、自分が原爆に関与すると、大きなカルマを背負い、死後に被爆者と同じように苦しむことは分かるので、原爆製造の手紙には反対する。


科学者たちは、物理や数学は優秀でしたが、目に見えない霊界やカルマについては、学校や親からほとんど教わらなかったのでしょう。

子供のころから、スピリチュアリズムの霊界やカルマについて、学ぶことが大切だと痛感する。

 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

シルバー・バーチの霊訓(1)新装版 [ アン・ドゥーリー ]
価格:1296円(税込、送料無料) (2017/4/22時点)

 

 


カルマというものは、誰にでも理解できる、簡単で大切な摂理です。

良いことを行えば、良いことがいつか自分に返ってくる。
悪いことを行えば、悪いことがいつか自分に返ってくる。

心で思ったことも、カルマになる。人を強く憎むと、それが自分に返ってきて苦しむことになる。
ですから、よからぬことは思わないことです。これは努力で変えることができる。

スピリチュアリズムのシルバーバーチなどを読み、霊界やカルマについて学ぶといいです。

 

ロシアが、第3次世界大戦で核兵器を使う可能性が高い

ロシアが、第3次世界大戦で核兵器を使う可能性が高い。
そうなると、地球が大きく破壊され、環境が激変する。
これは、何としてでも避けなければならない。


アメリカの未来人の可能性のあるジョン・タイター氏は、2015年にロシアがアメリカ、中国、ヨーロッパに核爆弾を投下すると書いている。

しかし、これは世界線のズレで、現在は大きく違っている。

ウィキペデイア ジョン・タイター  より引用


2015年ロシア連邦が反乱部隊の援助という名目でアメリカ、中国、ヨーロッパの主要都市に核爆弾を投下。
アメリカが反撃核戦争となり、第三次世界大戦へと発展する[8]

その後、アメリカの外交権麻痺に乗じて、中華人民共和国覇権主義を強化。台湾日本韓国を強引に併合する。
後にオーストラリアが中国を撃退するが、ロシアの攻撃により半壊滅状態になる。
ヨーロッパ諸国もロシアによりほぼ壊滅するもアメリカが撃退し、ロシア連邦が崩壊する。
  • 2017年、30億人の死者を出した末、ロシアの勝利に終わる。

 

2062年の未来人も、「ロシアは手がつけられなくなる」と書いている。おそらく、ロシアが核兵器を外国に何発か打つ可能性が高い。


Q.ロシア及びヨーロッパの状況を概略にでも教えてください。

アフリカの状況も解れば・・・。

Aロシアは手がつけられなくなる。ヨーロッパは気にすることはない。アフリカは無残だ。 (2010/11/14)


 

 

 


2015年の8月に、ロシアの下院議長は、広島、長崎への原爆投下について「人道に対する犯罪であることは明らかだが、政治的、法的に適切な評価がなされてこなかった。人道に対する罪には時効がない」と述べ、米国を批判した。

ロシアはアメリカを批判しているので、何かの争いがあれば、ロシアがアメリカに核兵器を投下する気配がある。

 

核兵器の保有数は、アメリカとロシアが突出して多い。

ウィキペディア 核保有国の一覧

ロシアは、新型核ミサイルを開発し、2018年に配備の予定。

NAVER まとめ ロシアの新型核ミサイル「RS-28サルマト」の威力がヤバいらしい

ロシアは、核戦争の準備を進めている。

 

アインシュタイン 1つのことに専念する

 

アインシュタイン 1つのことに専念する

アインシュタインは、物理学で素晴らしい業績を残しました。しかし、自分のことを天才とは思っていなかったという。

アインシュタイン「私は天才ではない。ただ人よりも長く一つのことと付き合っていただけだ

アインシュタインは、小さいころから数学と物理に興味を持ち、熱心に勉強し続けた。そして、大人になって、物理の才能が開花した。


しかし、物理と数学以外は、あまり良くなかった。

スイスのチューリッヒ連邦工科大学を受験するも失敗。
しかし数学と物理の点数が最高点だったため、アーラウのギムナジウムに通うことを条件に、翌年度の入学資格を得られることになった。

世界でトップレベルの難関大学のチューリッヒ工科大学で、数学と物理の点数が最高点だったとはすごい。
これは、小さいころからの努力の賜物。

ウィキペデイア  チューリッヒ工科大学


また、文字のスペルを間違えたり、数字や記号の記憶が苦手であった。これは、物理の能力とは、かなり異なる能力だからかもしれない。

 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

「相対性理論」を楽しむ本 [ 佐藤勝彦 ]
価格:514円(税込、送料無料) (2017/4/20時点)

 

ウィキペディア アインシュタイン より引用

 


「彼は常に発明はユニークな発想と考えており、自身を天才であるとはいささかも思っていなかったという。
それは彼の「私は天才ではない。ただ人よりも長く一つのことと付き合っていただけだ」との言葉にも表れている。」

「小学生のように、スペルを間違えることがままあったという。また、「R」の大文字を生涯鏡字で書き続けた。」

「簡単な数字や記号を記憶することが苦手だったとされる。
ある新聞社のインタビューの中で、光速度の数値を答えられず、記者から揶揄されると「本やノートに書いてあることをどうして憶えておかなければならないのかね?」とやりかえしたという。」



学問、芸術、スポーツなどで秀でるには、1つのことに興味を持ち、長い間、努力をし続けることが大切。
自分の適性を知り、長所を伸ばすこと。

 

未来は決まっていない。変えることができる。

 

未来は決まっていない。変えることができる。

未来人である可能性のあるジョン・タイターは、自分の存在した未来とタイムマシンで来た過去が少し違っており、これは世界線がズレたからと言っている。

世界線」は、やや理解が難しい用語。タイムマシンを扱ったSF作品をたくさん鑑賞するといいかもしれない。

ウィキペディア エヴェレットの多世界解釈

        パラレルワールド

 

本物と思われる2062年の未来人も、アメリカのトランプ氏は大統領にならないと答えましたが、外れました。手元の資料では、ヒラリーが大統領であったようです。

これも、世界戦がズレた結果の可能性が高い。


このように、今の行動次第で、未来はどんどん変わっていく。

日月神示でも、未来は決まっていなくて、大難を小難に変えることができると言っている碁、将棋、位の戦で済ませることもできる。

近い将来に、第3次世界大戦や自然災害で、多くの人が亡くなる可能性が高い。

少しでもいい未来になるように、努力しなければならない。

 

日月神示
青葉の巻 第16帖 

日の大神様は日の御働き
月の大神様は月の御働き
日の大神様も世の末となって来て
御神力薄くなりなされているのだぞ
日の大神様も二つ、三つ
自分一人の力では何事もこれからは成就せんぞ
心得なされよ

神示で知らせただけで
得心して改心出来れば
大難は小難となるのじゃ
やらねばならん
戦は碁、将棋、位の戦で済むのじゃ
人民の心次第、行い次第で
空まで変わると申してあろがな

この道理よく心得なさって
神の申すこと分からんでも
無理と思う事も貫きて下されよ
それがマコトじゃ