メガネを買う

メガネを買う

2017年の正月休みに、高島屋でメガネとレンズを買った。
ブランドはカルティエ。茶色のフレームあり。カルティエは、フレーム無しもあるが、私はレンズが太いので止めた。フレームありの方が、丈夫で扱いやすい。

フレームの横の面に、パイプオルガンのパイプの意匠があり、オシャレ。 カルティエのメガネは、10万円くらいが多いが、これは6万円と安めなのもいい。

カルティエは、メガネの自社工場を持つらしいです。他のブランドは、ほとんど持っていない。

レンズは、フレームの形に合わせて、細かく加工できるものを選んだ。(76000円)値段がやや高くなるが、見やすくなるというので、試してみた。
パソコンのブルーライトをカットする加工(4000円)も頼んだ。

カルティエのメガネは、1年ほど前から買いたいと思っていて、何度か高島屋でメガネを見ていた。今回買えてよかったです。

店員さんは、メガネに非常に詳しくて、とても親切でした。メガネの製作もしている人らしいです。ありがとうございます。


私はかなりの近眼で、最近はさらに見えにくくなっている気がする。パソコンやスマホを長時間見るのは、目に悪い。

視力を良くするには、遠くを見ること。
目や顔の力を抜き、リラックスした状態で、遠くのぼやけるところを見つめる。
メガネやコンタクトをしているときでも、同じように遠くを見る。

遠くを見て、自分の視力を遠くに引っ張るイメージ。

私は自転車で通勤していて、そのときに前の遠くを見るようにしている。
最近は、ブログなどで、パソコンをする時間が長くなったので、時々、パソコンから離れて、遠くをみるようにしている。

これらを習慣にすると、少しずつ視力がよくなってくると思う。

裸眼で0,5くらいにはなりたい。私の視力が良くなったら、またブログに書きます。

 

 

私の苦いカルマ体験

 

 

私の苦いカルマ体験

私が体験した、苦いカルマの体験をいくつか紹介します。


13年ほど前、私が姉とケンカしたとき、私が腹をてて、姉に大声で怒鳴りつけたことがある。私は大声を出して怒ることは、少ないのでよく覚えている。

数日後に、私は仕事で女性のお客さんから電話がかかってきて、仕事のミスで大声で怒鳴り散らされた。電話で怒鳴られることは、初めてだったので、とても驚いた。お客さんから大声で怒鳴られたのは、これ以降ない。


これは、私が姉に怒鳴ったことがカルマとなり、自分に返ってきた。性別も姉と同じ女性。


人を大声で怒ることは、するべきとき以外は、なるべくしない方がいい。怒ると、また怒ることを引き寄せてしまい、ますます機嫌が悪くなる。

そして、カルマを作り、自分が人から怒鳴られる結果になる。

 

5年ほど前、私が姉との約束の時間に、30分ほど遅れてしまい、姉が私に腹を立てて、携帯のメールで私を罵った。しかも、何通も同じ言葉を送ってきた。
私は驚いたが、自分も悪いので我慢した。

その数日後に、遠くに住む私の叔母が危篤で、姉も病院へ行かなければならないのだが、仕事があり、行くのが2日ほど遅れた。

それを親戚の女性が激怒し、携帯のメールで姉を激しく罵った。それを読んだ姉は、泣いた。それ以降、その女性と姉は一度も会っていない。
姉がメールで私を罵ったことがカルマとなり、自分にメールで返ってきた。しかも遅れるという条件も同じ。


これらを見て思うのは、カルマは多すぎもせず少なすぎもせず、同じものが自分に返ってくるということ。怒鳴ることには、怒鳴られえることで。メールではメールで。

しかも、カルマは同じ量ではなく、倍返しになってくることが多い。

カルマというものを知らなければ、これらの苦い経験をしても、自分のカルマが返ってきたのだとは、なかなか気付かない。そして、また同じ過ちを繰り返すことになる。


日々の生活で、カルマを作っていはいけない。日々魂を磨き、人格の向上に努めることです。

 

 

神の完璧な摂理

 

神の完璧な摂理

シルバーバーチは、あの世に行ってから、神の摂理の完璧さには驚くと言っている。

 


シルバーバーチ

私にとって神とは、永遠不変にして全知全能の、摂理として顕現している宇宙の大霊です。
その摂理に、私は、いかなる不完全さも不備も見つけたことがありません。

原因と結果の連鎖関係が完璧です。
この複雑を極めた宇宙の生命活動の、あらゆる側面において、完璧な配慮が行き渡っております。

例えば、極大から極微までの無数の形と色と組織を持った生物が存在し、その一つ一つが、完全なメカニズムで生命を維持している事実に目を向けていただけば、神の法則の全構図と全組織とが、いかに包括的で、完全であるかを認識なさるはずです

私にとっては神とは法則であり、法則がすなわち神です。

 

目に見えない、神の摂理を完璧に知ることは、人間には不可能ですが、人間の善悪の判断や感情を取り去って、起きた現象を長い目で観察すると、神の完璧な摂理が、少しずつ分かってくる。


生物が、完全なメカニズムで生命を維持していることは、人は普段は何も感じません。しかし、これは凄いことなのです。
どんな天才でも、植物や動物を1から作ることは、不可能です。
神にしか作れない。生物は、神の法則が働いているから生命を維持できる。


殺人は、人間の善悪の判断では重罪ですが、高いところで見ると、善も悪もありません。
殺人という現象が起きて、それが原因となり、カルマとなり、次に殺人が起きる結果になり、それがまた次の原因になる。

こうして、カルマは多すぎもせず少なすぎもせず、連鎖していく。


ですから、自分が殺人や暴行などの経験をしても、相手を憎んではならない。
悪い経験をしたら、逆に自分に悪があるのではないかと、反省しなければならない。
自分の中に悪があるから、同じ悪を経験する。悪は、善には働かない。


絶対に誤ることのない、神の摂理に信頼を置き、従うことが大切。