手をグーパーして脳を鍛える

手をグーパーして脳を鍛える

手をグーパーしたり、指だけを曲げて伸ばすことを繰り返す
はじめは、少し続けるだけで手が疲れる。
毎日続けると、手が鍛えられる。

手や指を動かすことは、脳がするので、脳も鍛えることになる


血流が良くなり、
高血圧を防ぐこともある
高齢者は、高血圧で薬を飲む人が多いので、ぜひ試していただきたい。
私の母親も高血圧で薬を長年飲んでいて、この手の運動で治るかもしれないと思い、毎日するようにしている。


この運動の良い点は、手のマッサージと同様に、手が空いているときに、いつでも気軽にできること。

体の全体を動かすことも大切
体を鍛え、血流が良くなり、健康にも良い。脳の発育にも良い。

歩く、走る、スポーツ、体操、ダンスなど、どれか1つでも小さいころから毎日すると良い。


体や手を動かすことを楽しもう。

あらゆるものとのつながりを大切にする

あらゆるものとのつながりを大切にする

自然、動物、植物、昆虫、鉱物などと友となる

あらゆるものを大切にし、豊かに暮らす

でも書きましたが、この世のさまざまなものと人との間には、目に見えない霊的なつながりがある。

そのつながりが強いと、人に力を与える、人を癒すなどの働きがある。
例えば自分が親や兄弟と愛情が深くて、自分が病気や怪我をすると、親や兄弟も病気になる。

他のものでも同様に、動物も病気になる、植物が枯れる、鉱物が変色することがある。そうすることで、人の負担を軽くしてくれている。


日月神示に草を拝めば草が神となり、機械拝めば機械が神ぢゃ。食物拝めば食物が神となる」とある。

宇宙の総ては、この神の現れであり、霊が宿っている。食べ物や機械も大切にすると、神のような存在になる
私は、パソコンをよく使うようになったので、汚れがよく落ちるあっちこっちふきんパソコンを綺麗にしている。
テレビ、スマートフォン、時計、服、靴、冷蔵庫、家、車など、よく使うのもをいつも綺麗にしておくと、いつか同じようなものを引き寄せるラッキーなことが起きる。

 


あらゆるものとのつながりを大切にすることで、豊かになる。

 

日月神示
月光の巻 
第13帖

木にも竹にも石にも道具にもそれぞれの
霊が宿ってゐるのである。
人間や動物ばかりでなく、総てのものに
宿ってゐるのである。
宿ってゐると云うよりは、霊と体とで
一つのものが出来上がってゐるのである。

一枚の紙の裏表のようなもの、表ばかりの

ものもない。裏ばかりのものもない道理。

数字にも文字にも それぞれの霊が宿って居り、
それぞれの能(ハタラキ)をしてゐるので
あるぞ。
順序が判れば初段、和に徹すれば名人。


春の巻 
第22帖

宇宙の総てはこの神の現れであり

一面であるから
その何処(どこ)つかんで拝んでもよいのである
その何処つかんで、縋(すが)ってもよいのであるぞ
水の流れも宗教ぞと申してあろう
総てに神の息、通っているぞ
一本の箸拝んでもよいのじゃ
ちゃんとめあて、決めねばならん


第34帖

自分は自分の意志で生れたのではないのぢゃ。
その時、その環境を無視出来ん。
その法則に従はねばならん。
草を拝めば草が神となり、機械拝めば機械が神ぢゃ。
食物拝めば食物が神となる。

 

 

虫歯とカルマの関係

 

虫歯とカルマの関係

先日、左上の親知らずが虫歯になり、抜歯しました。
治療は、10分ほどで終わった。

親知らずは、歯ブラシが届きにくいので、虫歯になりやすい。
ブラシが細いワンタフトを使っていましたが、細いので歯茎を傷めやすい。そこから虫歯になる。
親知らずをキレイに磨けるブラシを開発してほしい。

 


虫歯や歯茎を傷める原因も、体の病気と同じく、カルマが関係することが多い
。歯や歯茎をよく傷める人は、カルマが大きい。

虫歯になることで、カルマを解消している。

私も小さいころから虫歯が多かった。これは歯をキレイに磨かなかったせいですが、実は、目に見えないカルマが関係していると思う。


体の病気や怪我や交通事故も、カルマが関係していることが多い

いくら健康に気を遣い、お金をかけて健康食品を食べたり、病院へ行っても、カルマが大きいと、病気や怪我になることが多い。

逆にカルマが少なく、日ごろから徳を積み、昔からの日本人の生活をしている人は、病気や怪我は少ない。


虫歯や病気にならないためには、その予防も大切ですが、人のカルマを解消することも大切。

 

電気を使わず太陽光を活用し、環境負荷を減らす

電気を使わず太陽光を活用し、環境負荷を減らす

現在、地球は温暖化が急速に進んでいて、環境負荷を減らすことが急務。
そのひとつに、電気をなるべく使わないこと

私は、晴れの日は、なるべく公園や街で散歩したり読書をしています。家の中や庭でも、電気をつけなくても太陽光の当たる所で読書などは、十分できる。

1日1時間、家の電気をつけず、無料の太陽光を活用すると
1年間で365時間ほどの電気の節約になる。
2時間では730時間。

これが1千万人、3千万人と増えていけば、大きな電気の節約になる。

以前のブログで書きましたが、太陽光に当たるのは、健康にもいい。肉体的、精神的に辛いときは、体が蘇る。太陽光は、ものすごいパワーのある光。


野球などのスポーツも、ドーム球場では、年間で膨大な電気を使う
スポーツも、なるべく太陽光の下でした方がいい。
ナイターの場合は、太陽光発電やLED電球を使えるようになると、更に良い。


日本は2020年に、年間4000万人の外国人観光客数を目標にしていますが、それが実現すると、日本の環境負荷も激増する。
ゴミのリサイクルや太陽光発電などで、環境負荷を減らすことも急務。


地球のために、無料の太陽光を使おう。

 

人はカルマが無くなるまで苦しむ

人はカルマが無くなるまで苦しむ

カルマは、個人、家族、町、国、地球それぞれの単位で存在する。カルマは誰にでもあり、そのカルマを解消することが重要。

人のカルマの解消は、病気や怪我や損なことなどで解消される。これは苦しいことですが、我慢するしかない。毎日自分の御魂を磨き、世のため人のために働いて徳を積み、神に祈ることです。

病気になったら、松葉パウダーがおすすめ。病気が治る。


国のカルマは、地震や雨などの災害や戦争で解消される。

近い将来起きる可能性の高い第三次世界大戦も、それぞれの国が抱えているカルマが関係している。カルマが大きい国ほど被害も大きい。

これまでに、それぞれの国が自国や他国にしてきたことを知れば、カルマの大きさがある程度分かる。良いことも悪いことも、多すぎもせず、少なすぎもせず、自国に返ってくることになる。
今度の戦争に、核兵器が使われる可能性が高い。その被害を受ける国は、それだけのカルマがあることが多い。

 

日月神示

地つ巻 第8帖
祓いせよと申してある事は
何もかも借銭無しにする事ぞ
借銭なしとはメグリなくする事ぞ
昔からの借銭は誰にでもあるのだぞ
それ、払ってしまうまでは誰でも苦しむのぞ
人ばかりでないぞ
家ばかりでないぞ
国には国の借銭あるぞ
世界中借銭なし
どうしても大望(たいもう)であるぞ
今度の世界中の戦は世界の借銭無しぞ
世界の大祓いぞ

第35帖
今に日本の国の光出るぞ
その時になって改心出来て居らぬと
臣民は苦しくて
日本のお土の上に居れん様になるのぞ
南の島に埋めてある宝を御用に使う時近づいたぞ
お土の上り下りある時近づいたぞ
人の手柄で栄耀(えいよう)している臣民
もはや借銭済ましの時となったのぞ
改心第一ぞ

世界に変わった事は

皆この方の仕組みの節々(ふしぶし)だから
身魂磨いたら分かるから早く身魂磨いて下されよ
身魂磨くにはまつりしなければならんぞ
まつりはまつらう事ぞと申して説いて聞かすと
神祭りはしないでいる臣民居るが、神祭り元ぞ
神迎えねばならんぞ
取り違いと天狗が一番恐いのだぞ
千刄(せんじん)の谷へポンと落ちるぞ

神の規則は恐いぞ

隠し立ては出来んぞ
何もかも帳面に記してあるのだぞ
神の国に借銭ある臣民はどんな偉い人でも
それだけに苦しむぞ
家は家の国は国の
借銭済しが始まっているのぞ
済ましたら気楽な世になるのぞ

世界の大晦日(みそか)ぞ

晦日は闇と決まっているであろうがな
借銭返す時つらいなれど
返した後の晴れた気持ち良いであろうが
昔からの借銭だから
素直に苦しみ堪えて神の申す事
さす事に従って
日本は日本のやり方に返して呉れよ

番頭殿、下にいる臣民殿、国々の守護神殿
外国の神々様、人民殿、仏教徒もキリスト教徒も
全ての徒も皆聞いて呉れよ
その国その民のやり方伝えてあろうがな
九十に気付けて用意して呉れよ

 

黄金の巻

第83帖
損もよいぞ
病気もよいぞ
怪我もよいぞ
それによってめぐり取って頂くのぞ
めぐり無くなれば日本晴れぞ
今がその借銭済ましぞ
世界のめぐり大きいぞ