不登校、ひきこもり、非行の解決には、家と土地の掃除

不登校、ひきこもり、非行の解決には、家と土地の掃除

家とその住人の人格や運勢は、高い相関関係がある。立派できれいな家には運勢のいい人が住み、汚い家には運勢の悪い人が住むことが多い。これは実際に多くの人と家を観察すると分かる。

なぜ相関関係があるのかというと、人はあの世でもこの世と同じような家に住む。そして人の魂の状態の変化に合わせて家や衣服も変化していく。その霊界の写しがこの世にある。

だから、いい家に住み、いい衣服を着るには、魂を磨いて内分を高めるといい。

魂を磨く方法はさまざまですが、取り組みやすいのは、自分の家と土地の掃除です掃除をすると胸のあたりがスッキリする感覚がある。これが魂を磨いている証拠。
町の清掃ボランティア活動の参加もいいです。

 日月神示にも、家や土地は、神からの借り物だから大切にしておきなさいと書いてある。
家の掃除は面倒な作業ですが、良い点は

お金がかからない。
誰でもできる。
家のどこに何があるか把握できる。
快適に生活できる。

風水でもいろいろな開運法がありますが、家の掃除と整理整頓が基本です。お寺のお坊さんは、寺の掃除が大事な行のひとつ。

家や土地をキレイにすればするほど、魂が磨かれ、家が立派になり、運勢がよくなり、豊かになる。

 

ある刑事の話では、暴力事件や殺人事件、窃盗事件の現場では、便所が汚いことが多い。これは汚い家が事件を引き寄せてしまった。普段から家をキレイにしておけば、事件を回避できたかもしれない。

日本では学校の生徒の不登校、ひきこもり、非行などの問題がありますが、この解決法のひとつには、家と土地の掃除がいいです。親と子供が一緒になって、家と土地を隅から隅まで掃除に励んで魂を磨くといいです。

お金があればリフォームや、風水師に家相を見てもらい、いい家相にするといいです。

 

日月神示 

雨の巻 12帖

食い物大切に家の中キチンとしておくのが
カイの御用だぞ 初めの行だぞ

冬の巻 1帖

自分を霊とすると、衣は体
衣着た自分を霊とすれば家は体
家にいる自分を霊とすれば土地は体であるぞ

 黄金の巻 第22帖

神まつれ、祖先まつれ、子孫まつれ、心まつれ、言葉まつれ、行まつれ、食物まつれ、着るものまつれ、住居まつれ、土地まつれ、感謝感謝で喜び来るぞ。奇跡では改心出来んのであるぞ。

地震の巻 15帖
霊界には山もあり、川もあり、海もあり、また、もろもろの社会があり、霊界の生活がある。
故に、そこには霊人の住宅があり、霊人はまた衣類を持つ。
住宅は、その住む霊人の生命の高下によって変化する
霊人の家には、主人の部屋もあれば、客室もあり、寝室もあり、また、食堂もあり、風呂場もあり、物置もあり、玄関もあり、庭園もある、といったふうに、現実世界とほとんど変わりがない。

ということは、霊人の生活様式なり、思想なりが、ことごとく同様であるということを意味する。
また、内分を同じくする霊人達は、相集まり、住宅は互いに並び建てられており、地上における都会や村落とよく似ている。
その中心点には多くの場合、神殿や役所や学校等あらゆる公共の建物が、ほどよく並んでいる。
そして、これらのすべてが霊界に存在するが故に、地上世界に、その写しがあるのである。
霊界を主とし、霊界に従って、地上にうつし出されたのが、地上人の世界である。

地上人は、物質を中心として感覚し、かつ考えるから、真相がなかなかにつめない。
これらすべての建物は、神の歓喜を生命として建てられたものであって、霊人の心の内奥にふさわしい状態に変形され得る。
また天人の衣類も、その各々が持つ内分に正比例している。
高い内分にいる霊人は高い衣を、低いものは低い衣を自らにして着することとなる。

彼等の衣類は、彼らの理智に対応しているのである。
理智に対応するということは、真理に対応するということになる。