腕時計にオルゴール機能があれば楽しい

 

腕時計にオルゴール機能があれば楽しい

 

前回の続き

腕時計の複雑機構のミニッツリピーターのことを書きました。

 

私が思ったことですが、ミニッツリピーターのゴングの音も綺麗ですが、
アラームの音にオルゴールが鳴れば、ステキではないでしょうか?

 いつでも、腕時計でオルゴールの音が聞けるのは、楽しい。

 

私は時計の歴史に詳しくないですが、オルゴール機能のある腕時計は、無いと思う。

これは、とても難しい技術ですが、不可能ではないと思います。
もし作れば、特許を取れるかもしれない。

オルゴールが不可能なら、ミニッツリピーターのゴングの音で、曲を奏でるのもいいかもしれない。

 

綺麗な音色のオルゴールは、人気が高い。

以前にスイスの素敵なオルゴールについて書きました。

スイスのオルゴールの綺麗な音色

 

私は時計の素人ですが、こんなのがあったら面白いと思うものを書いてみました。

 

 

 

 

腕時計に世界で初めてミニッツ・リピーターを作った人

 

腕時計に世界で初めてミニッツ・リピーターを作った人

 

前回の続き

フィリップ・デュフォー氏は、スイス生まれの天才時計師。

1992年にフィリップ・デュフォー氏は、腕時計に時刻を鐘の音色で知らせる機構である 『グラン・プチ・ソネリ・ミニッツリピーター』 を世界で初めて盛り込んだ。

ミニッツ・リピーターを腕時計に付けるのは、とてつもなく難しく、少数の天才時計師にしかできない。
それを世界で初めてやってのけたのは、凄すぎる。

 

日本のセイコーが、ミニッツリピーターの腕時計を初めて作ったのが、2011年。
19年の開きがある。

 

フィリップ・デュフォー氏の工房は、スイスのジュー渓谷にある。
自然豊な森と草原に囲まれ、静かで空気が綺麗。

時計製作には、とても良い環境だと思います。
冬は、雪が積もり、かなり寒いですが。

 

 

この工房の様子を見ると、宮﨑駿氏 (1941年1月5日) のアトリエに雰囲気が似ていると思った。
知的で芸術的で、人の温かみのある空気を感じる。
このような家でないと、良い作品はできないのかもしれない。

以前にも書きましたが、日月神示にもあるように、人の内分と衣服と家は、相関関係にある。

冬の巻 1帖
自分を霊とすると、衣は体
衣着た自分を霊とすれば家は体
家にいる自分を霊とすれば土地は体であるぞ

 

彼は、1948年生まれですが、まだまだ元気に活動している。
容貌を見ると、とても優しそうな感じを受ける。
時計の美しさにも、それがよく出ている。

動画をいくつか見ると、彼はフランス語と英語を話せるようです。

 

 

 

 

 

 

ミニッツ・リピーターの音を動画で聞く

 

ミニッツ・リピーターの音を動画で聞く

 

前回の続き

パテック フィリップのミニッツ・リピーターの動画。

ミニッツ・リピーターとは、現在時刻を鐘の音だけで知らせる機構のこと。

今は、動画で手軽に時計の音も聞くことができる。 便利になったものです。

 

しかし、スイスのオルゴールの場合と同じく、動画よりも、実際の生の音を聞くのが、一番きれいな音が聞ける。

オルゴールのようなきれいな音を聞くと、人は癒される。
これからもミニッツ・リピーターのきれいな音の追求は、続くでしょう。

 

 

パテック フィリップのサイトでもミニッツ・リピーターの音が聞ける。


「ミニッツ・リピーターのゴングは、3種類の音で時刻を知らせます。

通常、時を低音、クオーターを高音と低音の組合せ、残りの分を高音のみで表します。
例えば現在の時刻が2時49分であれば、低音が2回(2時)、高音と低音の組合せが3回(45分)、高音が4回(4分)鳴ります」

 

腕時計のミニッツ・リピーターは、超絶技巧で、一部の時計職人にしか製作やメンテナンスすることができない。
まだ日本では、セイコーの高級部門のクレドールが、2011年に発表したばかり。

ミニッツ・リピーターを量産するスイスの時計師のレベルの高さが分かる。
日本がスイスに追いつくには、まだ何十年もかかるでしょう。
でも日本も頑張って欲しいです。

 

 

 

 

世界最高峰のスイスの高級時計

 

世界最高峰のスイスの高級時計

スイスの高級時計は素晴らしい

 

前回、スイスの高級オルゴールを書きました。

 

スイスは、オルゴールの他に、高級時計も素晴らしいです。
デパートにある高級時計は、スイス製が多くを占めている。

 

その中でも世界最高峰の時計の1つは、パテック フィリップ

初めは、なぜパテック フィリップの時計は、200万円、300万円からもするのかと疑問に思いましたが、動画サイトで製造過程を見ると、高価なのも納得する。

これほど時計作りに凝れるものかと驚く。

 

日本のものづくりも昔から盛んですが、世界最高峰のスイス時計の製作動画は、日本の技術者にも、良い刺激になると思います。

 

パテック フィリップの製作動画 パート1~7まである。

 


 


ものすごく高い技術で手間と時間とお金を掛けている。

300万円は、むしろ安いかもしれない。

 

このような貴重な映像を手軽に見られたとき、お金を払ってインターネットをして良かったと思う。

 

複雑機構が魅力

 

パテック フィリップの時計には、パーペチュアル・カレンダー、ミニッツ・リピーター、トゥールビヨンなどの魅力的な機構が搭載されている。

 

トゥールビヨンは、 姿勢差によって、誤差が変化するという機械式腕時計の弱点を克服するために、機械自体を回転させる事によって、姿勢を平準化する。

1800年頃に、スイスのアブラアム・ルイ・ブレゲ氏が発明した。

 

 

時間を正確に計測することやファッションアイテムのために、たった4cmほどの薄いケースに、これほど多くの仕組みを凝縮できるとは、信じられない。

スイスの時計師の知性や美意識の高さを感じる。

天才時計師の魂のこもったものだから、数百万円、数千万円でも世界中で売れる。

 

 私もいつかは、高級時計を手に入れたいと思いますが、まだそれに相応しい人格ではないので、まだ買いません。
相応しくないのに、買うとバチが当たるでしょう。

 

 

 

スイスは、2017年に国際競争力ランキングで9年連続世界一


スイスは、2017年に国際競争力ランキングで9年連続世界一になったすごい国。

日本は9位。

スイスが国際競争力ランキングで9年連続世界一、日本は9位

 

日本にもセイコーやシチズンなどの優れた時計がありますが、高級時計の国際的なシェアは、スイスがまだ上です。
スイスに対抗するには、時計師の人格の高さが、スイスに並ばないといけない。

 

国としても同じです。日本という国の格が、スイスに並ばないといけない。
国際競争力ランキングでスイスに並ぶくらいでないと、時計でも並ぶのは難しいです。
それには、国民一人一人の努力にかかっている。

 

 

スイスのオルゴールの綺麗な音色

 

スイスのオルゴールの綺麗な音色

前回、自然の音を書きました。

自然の音は、とても癒やされる。
その他にも、オルゴールとても綺麗な音色を出す。

 

特に、スイスのオルゴールが、優れている。
高いものだと、数百万円もする。
通販のレビューの評価も高い。

動画サイトでも、オルゴールの音色を聞くことができる。
しかし、スピーカーからよりも、実際のオルゴールの音が、最も良い音が聞ける。

 


オルゴールの音は、人を癒やす効果があり、オルゴール療法というものがある。

日本オルゴール療法研究所

 

オルゴールの音色を聞くと、脳や心に響いて、心がキレイになる感じがする。

私は、スイスのオルゴールは、まだ持っていませんが、いつか手に入れたいと思っている。そして、家宝にして、家族や友人にも聞かせたい。

日本にもスイスのオルゴールのお店があるので、興味のある方は、行ってみるといです。
たまにテレビでも、お店が取り上げられている。

 

 

 

 

自然の音は、神の声

 

自然の音は、神の声

 

私は、最近、自然のさまざまな音を聞くのが好きです。
自然の音を聞くだけで、自分も本当に自然の中にいるような感じがする。
とても癒やされて、リラックスできる。

 

 

以前に取り上げた、ひふみともこ氏のサイトでも、自然の音について言及している。

 

自然の声に 耳傾けよ。
小さき音にも 神の声あり。
水のせせらぎ、風の音、鳥のさえずり、
虫の声、草木のそよぎ、雨音(あまおと)さえも、
全てが愛と和の調べなり

平成24年(2012年)6月4日 音と魂(続き)

 

動画サイトでも、人気の自然の音がたくさんある。
動画のコメントには、ペットの犬、猫、鳥なども、自然の音を聞くのが好き、癒やされるというコメントがある。

動物は、聴覚が鋭く、素直で正直なので、すぐに行動に現れる。


小さい頃から自然の音に親しむと、良い影響がある。

 

パソコンを使うときも、自然の音を聞きながらすると、とてもリラックスできる。
歌は、歌詞があるので、やや集中しにくい。


自然音のCDもたくさん発売されている。
興味のある方は、サイトで視聴してみるといいです。

素敵な音がたくさんある。

家、お店、さまざまな施設のBGMにいいです。

 

 

公園、動画、CD、森、川、などで、日々、自然の音に耳を傾けよう。
神の声が聞ける。

 

 

「脳を鍛える大人のDSトレーニング」のロイヤリティを寄付

 

 

「脳を鍛える大人のDSトレーニング」のロイヤリティを寄付

 

「脳を鍛える大人のDSトレーニング」が大ヒット

 

前回、脳を鍛える任天堂のDSソフト「脳を鍛える大人のDSトレーニング」ことを書きました。

このソフトは大ヒットしたので、これからも、さらに進化したソフトが発売されるでしょう。

このソフトは、川島隆太氏が監修したのですが、ウィキペディアを見ると、シリーズ2作の販売合計が870万本(2009年1月現在)も売れている。
2009年以降も売れているので、更に本数が伸びている。

 

 

 


売れた数

「脳を鍛える大人の計算ドリル」と「脳を鍛える大人の音読ドリル」シリーズ。
シリーズ合計350万部 (2006年4月現在)。
同年には「脳力トレーナー」が、9ヶ月間で20万台。

ニンテンドーDS用ソフト「脳を鍛える大人のDSトレーニング」がシリーズ2作の販売合計が870万本(2009年1月現在)。

2006年には、同ソフトの北米版と欧州版も発売され、好調な売り上げを見せている。

 

ロイヤリティの全額を大学に寄付

川島隆太氏は、2007年、2006年度にゲームソフトや知育玩具の監修料として支払われた約4億4000万円のうち、大学の規定で個人の取り分となる半額分を含めて全額を研究室に投資した

 

2008年の時点で、ゲーム会社や出版社、各種メディアからのロイヤリティは、24億円にのぼった。
大学の規定で半額の12億円を川島が受け取る権利があったが、これも全額を大学の研究室に寄付

 

2008年の時点で、14億円ほどのロイヤリティを自分の東北大学に全額寄付するとは、素晴らしい。
自分の大学なので、半分は自分のためでもあると思いますが。

もし、人命救助の慈善団体などに寄付すると、さらにすごい無私の行為だと思います。
しかし、慈善団体に億単位の寄付ができる篤志家は、滅多にいない。

 

川島隆太氏の父の川島勝弘は、放射線医学の研究者で元北里大学教授、元科学技術庁放射線医学総合研究所副所長を勤めた偉い方で、川島隆太氏は、父の科学者の素質を受け継いでいる。
川島隆太氏のお子さんも、おそらく科学者の素質を受け継ぐでしょう。

 

 

ゲームは、ヒットすると数百万本、数千万本と売れて、数億円、数十億円と大きく儲けることができる。

川島隆太氏の専門の研究とゲームの楽しさが組み合わさり、大ヒットした。

 

自分の専門分野をゲームソフトで世のために貢献したいと思う方は、ゲームソフトの開発に携わるといいと思います。
大ヒッ卜するかもしれません。

 

 

脳を鍛えるもの良いけど、人格の向上も大切

 

脳を鍛えるもの良いけど、人格の向上も大切

脳科学で脳を鍛える

前回、脳と血流のことを書きました。

 

今は、脳の働きを良くすることが、科学的に研究されていて、本もたくさん出ている。
ニンテンドー3DSで、脳を鍛えるソフトも発売されている。

この先も、脳を育てるソフトが開発されていくでしょう。
学力向上に役立てばいいですね。

 

 

 

 

 

小さい頃から、文章の音読や漢字や計算で、脳を鍛えることは大切。
いわゆる 「読み書きそろばん」 というもの。

 

魂を磨いて人格の向上

しかし、それと同時に魂を磨いて、人格の向上がとても大切

人は、霊界でもこの世と同じように、さまざまな仕事に励むのですが、どの仕事をするかは、その人の魂の内分の高さが関係している。

内分に合わない仕事は、することができない。

 

この世のさまざまな仕事と、その仕事をしている人をよく観察すると、殆どがその人の内分に合った仕事をしていることが分かる。

ですから、より良い仕事をするには、勉強も大切ですが、日々魂を磨いて人格を向上させる努力が大切。

 

科学者は魂を解明できない

脳科学者は、魂を磨くことには、あまり触れていない。
おそらく、目に見えない人の魂については、誰にも教わっていないので、あまり知らないのでしょう。

科学的に魂や霊を解明することは、難しいです。

日月神示でも科学について 「あるものがあると云うことだけしか分からん」 とある。

 


春の巻 第33帖
 

今の科学は科学のことは分かるが
それより上の事は分からん
今の科学はあるものがあると云うことだけしか
分からんのじゃ 

 


人間の五感で分かることは、限界がある。
限界があるので、人の科学で分かることは、どうしても限界がある。
霊や神などの五感では理解できないが、実在するものは多い。

 

世のため人のために働いて、魂を磨いて徳を積み、人格の向上が、いい仕事を生む。

 

 


星座之巻 第4帖
 

人民もの言えん事になると申してあったこと近くなったぞ
手も足も出んこと近づいたぞ

神が致すのでない、人民自身で致すこと分かって来るぞ
人民の学や智では何とも判断出来ん事になるぞ
右往左往しても、世界中かけ廻っても何もならんぞ
分からんでも分かった顔せねばならん時が来たぞ
ウソの上塗り御苦労ぞ

 

人民がいよいよお手上げと言うことに
世界が行き詰まって神のハタラキが現われるのであるぞ
日本人びっくりじゃ
日本人はいくらでも生み出されるが
日本の国は出来まいがな

 

身体中、黄金(こがね)に光っているのが国常立大神の
ある活動の時の御姿ぞ
白金は豊雲野大神であるぞ

今の科学では分からん
一万年や三万年の人間の地上的学では分からん事

 

国常立大神のこの世の肉体の影が日本列島であるぞ
分からん事がいよいよ分からん事になったであろうが
元の元の元の神の申す事よく聞きわけなされよ
神の学でなければ今度の岩戸はひらけんぞ

 

 

投資信託で儲ける人たち

 

投資信託で儲ける人たち

前前回、投資信託のインデックスファンドを少し書きました。

低リスクで、多くの人が利益を得られやすい。

マジにファイナンシャルプランナーを目指す生地屋のオヤジ


このサイトが、投資信託に詳しい。
ご自身も投資信託で利益を得ている。
投資信託に興味のある方は、参考になると思います。

 

 

 

この先は世界中が大変なことになる

しかし、この先は、日本で南海トラフ大地震、世界で第三次世界大戦、2024年には、何らかの大事件が起きる可能性が高い。
日本や外国が大きく破壊され、多くの死者が出る可能性が高い。

 

そうなると、投資家は、大きな損失が出る可能性がある
この先は要注意です。

 

日銀が上場投資信託(ETF)を買い入れ

日銀が上場投資信託(ETF)を買い入れている。
2017年で約17兆円。この先も年々増加する。

私は投資については素人ですが、この先は、日本や海外が破壊されることが続く可能性が高いので、日銀の株は、この先は大丈夫なのか。

 

 

寄付は利子が付いて返ってくる

 

寄付は利子が付いて返ってくる

 

前回に、ギャンブルをするお金があれば、慈善団体に寄付するほうが良いと書きました。

寄付は、徳を積めるし、いつかは利子が付いて返ってくる。
これは、神の完璧な摂理なので、だれにも変えることができない。

 

お金を増やす方法の1つに、投資信託や株などの投資がある。

 

投資は儲かるのか

私は、投資に素人なので、投資の本やネットを少し読んでみた。
多くの投資で得られる利益は、少ない。
例えば、投資信託の利益率は、15%~20%ほどです。

 

少ない利益をチマチマと長い間続けるのは、あまり効率が良くない。
低リスクの投資を天引き貯金のつもりでするのが、良いかもしれない。

 

FXなどで大きく儲けられる人は、ほんの一握りです。
また、「あぶく銭」という言葉があるように、楽して大きく儲けたお金は、楽に失ってしまう。

素人が、株やFXなどの高リスクの投資で失敗し、大金を失うことがよくある。
これは、とてももったいない。

 

投資で成功するには、多くの勉強をしなければならない。
私は、他にしたいことがあるので、そこまでして利益を上げようとは思わない。

多くの人が、利益を得られる投資の多くは、投資信託のインデックスなどの低リスクの投資です。

 

 

 

 

神の完璧な摂理

神の完璧な摂理では、良いことでも悪いことでも、倍返しなので、だいたい2倍になって返ってくる。

しかも、寄付は、ほとんど勉強する必要が無い。

摂理について以前に書きました。

神の完璧な摂理

 

逆にお金を盗むと、盗んだお金の2倍ほどのお金を失うことになる。
警察に捕まらなかったり、裁判で無罪になったりしても、摂理からは逃れられない。

 

お金があれば、なるべく寄付して人助けすることです。
命を失うほどの危機にある人は、日本や世界にたくさん存在する。
投資にお金を使うより、人を救うことに協力するほうが、遥かに徳を積める。

 

「年に一度の寄付」や「毎月5千円や1万円の寄付」から始めるといいと思います。
もちろん、私も定期的に寄付している。

 

支援物資を送る

お金の寄付の他に、支援物資を慈善団体に送るのも、お金があまりかからなくていいです。
家にある不要なものを送ることから始めるといいです。
送料は自己負担です。

私は、犬猫の慈善団体に支援物資を定期的に送っています。

 

寄付の短所は、寄付した分が、いつ返ってくるのか分からないことです。
最低でも10年ほどは、気長に待つことです。

 

日月神示には「手柄は千倍万倍にして返す」とあるので、2倍よりもっと大きく返ってくることもある。

 

 

 


日月神示

上つ巻 第2帖

神は見通しだから、心配するな
手柄は千倍万倍にして返すから
人に知れたら帳引きとなるから
人に知れん様に、人のため国のため働けよ

それがまことの神の神民ぞ

 

春の巻 第7帖
 

理(みち)しるべをつくりおくぞ
これがよろこびの理じゃ 

人民のいのちを正しく育てることが一番の喜び
人民と申す者は神の喜びの全(まっと)き現われであるぞ
いくら穢れても元の神の根源神のキをうけているぞ
それを育てることじゃ
導くことじゃ

死なんとする人助けるのもその一つじゃ
宿った子殺すことは、人民殺すことじゃ
今の人民九分九厘は死んでいるぞ

救え、救え、救え
おかげは取り徳じゃ
生かせよ。生かせよ
生かす理は神示読むことじゃ