南海トラフ大地震で原発が爆発する可能性


南海トラフ大地震で原発が爆発する可能性

日本の原発が爆発

2011年の東日本大震災では、福島の原発が爆発しました。
南海トラフ大地震でも、原発が爆発する可能性が高い。

しかも、東日本大震災よりも規模が遥かに大きいので、爆発する原発の数も多くなる。被爆者もさらに多くなる。

以前から、静岡の浜岡原発が危ないと言われている。

大地震によって浜岡原発全体で事故が起こったら

 

 

 

基地の原子力空母が爆発の可能性


日本にはアメリカの基地が
いくつかあり、原子炉を搭載する原子力空母がある。

北朝鮮などから攻撃されると、原子力空母の放射能が漏れる。

神奈川県の横須賀基地には、アメリカの原子力航空母艦「ロナルド・レーガン」が停泊している。
また、神奈川県には、いくつかの原子力関連施設がある。

 

イルミナティカードの予言

イルミナティカード」と言われる未来を予言したアメリカのカードがある。このカードには、神奈川県が放射能で被爆していると思われるカードがある。

謎に迫る!! イルミナティカードが予言した未来7つ


2062年の未来人は、日本に核は落とされないと言っているので、放射能の被害は、原発の爆発の可能性が高い。

 

 

原発に近くに住む人達は、大地震による原発の爆発に備えて、遠くに避難することなどを考えたほうがいいです。

しかし、最近は、いくつかの原発が再稼働されている。

この先は、日本の原発を少なくし、エコな太陽光発電などが増えると思いますが、まだまだ時間がかかる。
残念ながら、南海トラフ大地震までには間に合わない。


もし被爆したら、お味噌汁を食べると、病気を防ぐらしい。

以前にブログに書きました。

放射能被害を防ぐには、日本の味噌汁を食べるといい

 

私は、2011年以降は、週に4回ほどお味噌汁を食べています。
ダシをとって本格的に作るのは、面倒なので、味噌、青ネギ、乾燥ワカメ、お湯を混ぜるだけの簡単なものにしている。

 

微生物は放射能汚染を防ぐので、微生物の力も利用するといい。
これは科学者が、研究を進めていくでしょう。

放射能汚染を防ぐ微生物

 

 

只より高いものはない 無料に気をつける


只より高いものはない 無料に気をつける

「只より高いものはない (タダよりタカいものはない)」

一時的には、無料・無償であったり、非常に安価であったりするものは、後になって相応又はそれ以上の対価を支払うことになるものである。
世の中は、都合良くできているものではないという戒め。

テレビ

以前に「嘘情報と在日の多いテレビを見ない」を書きました。

テレビは、無料で誰でも自由に見れますが、その代わりに、嘘情報や洗脳情報を流して日本人を洗脳し、在日のテレビの経営者や在日芸能人が、日本人から何億円も大儲けするという、大きな代償を支払うハメになっている。


ですから、在日の消費者金融やパチンコ・パチスロと同じように、日本人は、テレビを見れば見るほど、洗脳で愚民化し、在日が大儲けし、日本人はどんどん貧しくなるという悪循環になっている。


これを避けるためには
、なるべくテレビを見ないことです。

必要な情報は、信頼できる本、雑誌、DVDなどを買うか、図書館で借りた方がいい。


テレビで
嘘情報や洗脳情報を流すのは、大きな犯罪ですから、近い将来、テレビの制作者が警察に逮捕される可能性が高い。
警察もテレビの嘘を何十年も黙っているほど甘くはない。
これからは警察が動くことになる。

 


無料ダウンロードサイト

私は昔に、無料で音楽をダウンロードできるサイトを少しだけ利用したことがある。サイトの名前は忘れました。

あるとき、ダウンロードのやり方を間違えて、少し怖いユーザーから厳しく文句を言われた。このようなサイトを利用する人は、怖い人が少なくない。

あまり使えなかったので、すぐにこのサイトの利用を止めた。


結局は、音楽や映画などは
有料レンタルや有料ダウンロードや図書館の利用や、DVDやCDを購入した方が良いということになった。

私は今は、ツタヤの「ディスカス」でレンタルしている。

図書館は無料で利用できますが、国民の税金が使われている。


特に、自分の好きな本や映画や音楽は、自分で買って何度も繰り返し楽しんだ方が身につく。

お金を支払うことで、印税などが作者に入り、次の創作活動にお金を使えることになる。


只より高いものはない」という言葉を知っておくと、無料のものに警戒するようになる。

 

嘘情報と在日の多いテレビを見ない

嘘情報と在日の多いテレビを見ない

日本のテレビは嘘情報、捏造情報をたくさん流し、日本人を洗脳している。
また、テレビの経営者や芸能人は、在日が多い。


最近では、百田尚樹氏が日本のマスコミの嘘を暴いた。マスコミはこの先も嘘を流すので、これからも、嘘を
暴いて頂きたい。

 

2011年の東日本大震災は、「人工地震」であるという説がある。インターネットや本では、この説がたくさん出てくる。

しかし、「人工地震」という言葉は、テレビや新聞やラジオでは、まったく出てこない。
地震学者もテレビなどでは、一言も言わない。地震を研究しているのだから、人工地震のことはもちろん知っている。
マスコミは、完全に情報操作されている。

 

日本の芸能界の多くは、昔から在日が経営しており、在日が優遇されて、日本人は芸能界になかなか入れない。

在日は日本人の名前を名乗り、日本人のフリをしてテレビに出ている。視聴者は、在日を日本人だと思って応援する。このような奇妙なことが、昔から何十年も続いている。

今はネットで、だれが在日かを検索して知ることができる。
だれが在日かを知り、テレビを見ると、在日がとても多いことが分かる。


私は、これらを知ってから、なるべくテレビを見ないようにしている。あまり信用もしない。

 

飛行機雲に似たケムトレイルを目撃

飛行機雲に似たケムトレイルを目撃

私は、健康のために日光浴を30分~1時間ほどしているのですが、2017年の7月に、近くの公園のベンチに座り、日光浴をしていたら、頭上に飛行機雲があった。

白くて長い雲は、ずっとそのまま残っていて、10分ほどでだんだんと太くなり、少し薄くなっていいた。
そして、またその雲の上に飛行機が飛び、飛行機雲を残していった。


雲が消えずにずっと残っているのが不自然で、これがいわゆる「ケムトレイル」かと思った。

ケムトレイルとは、飛行機で有害な化学物質を空中噴霧すること。


飛行機雲とはなにか

JAPAN AIRLINES 日本航空 一等航空整備士 のお話。

「飛行機雲は2種類のでき方があります。
1つ目は、エンジンから出る排気ガスが作り出す雲です。
2つ目は、飛行機の主翼などの後ろに空気の渦ができて、部分的に気圧と気温が下がり、水分が冷やされるためにできる飛行機雲があります。

とはいえ飛行機雲は、そんなに頻繁に見られるわけではありません。飛行機の飛ぶ高さや上空の温度、湿度、空気の流れなどの条件がそろわないと、発生しないのです」

飛行機雲は、あまり発生しないようです。


神人氏の大日月地神示

神人氏の大日月地神示では「空からも毒撒き地汚し、病の元になるもの撒き散らしておりますぞ。要となる水にも毒撒かれ続けておりますのじゃ。命の水、守り為されよ。命の土、守り為されよ」とある。

 神は、悪魔が空や水に毒を撒き散らして、人を病気にすることは知っている。
日本や海外の土や水は、昔から汚染され続けているので、人が病気になりやすくなっている。
土や水を浄化しなければならない。

しかし、これほど汚染されているにも関わらず、私たちは汚染であまり病気になっていない気がする。


人以外の何かが、人知れず土や水を浄化してくれているのかもしれない。

もしそうだとしたら、とても感謝する。

 

画家の山下清は、サヴァン症候群ではないという説


画家の山下清は、サヴァン症候群ではないという説

金子幸博氏は、過去のあらゆる人の波動振動測定ができる能力の持ち主で、すでに世界中のあらゆる偉人を測定している。

画家の山下清は、サヴァン症候群だったという説があるが、波動振動測定では、それは誤りであったということです。

山下 清の測定

これが真実なら、絵画関係者に結構な衝撃となるでしょう。


サヴァン症候群の人達の意識振動集中は、特殊な集中点があるが、

山下清は、この特殊な集中点は無いので、彼はサヴァン症候群ではない。

 

山下清は、3歳の頃に重い消化不良で命の危険に陥り、一命こそ取り留めたものの、軽い言語障害、知的障害の後遺症を患った。
しかし、絵画の能力は抜群に高い。


金子幸博氏は、霊界に関する本も出版している。

 

 

金子幸博氏のサイトでは、釈迦、キリストなどの聖人、日本の神社、仏像などさまざまなものを測定しており、真実はそうだったのかと、とてもためになる。

 

 

家畜の屠殺はカルマを作る

 

家畜の屠殺はカルマを作る

前回にも書きましたが、日本や外国で、毎日大量の家畜を屠殺しているので、大きなカルマを作る。

家畜の屠殺の動画がたくさんあり、それを見ると、あまりにも残酷で、肉を食べる気がなくなる。
このような残酷なことを毎日行って、カルマが無いことはあり得ない。

 

そのカルマは、家畜を殺した人や肉を食べた人を中心にして、人類全体が苦しむことで解消される。


昔から狂牛病(BSE)や鳥インフルエンザなどの家畜の伝染病などの病気が、大きな社会問題になっている。

これは、家畜をたくさん殺したカルマが、返ってきた結果のひとつである可能性が高いと思う。
カルマがなければ、人が家畜の病気に脅かされることはないと思う。

 

牛、豚、鳥、羊、山羊、馬、鹿、イノシシなど、すべての種類の家畜に伝染病があり、人が大きな恐怖を感じている。

家畜の監視伝染病

 

 

 

そして、その問題解決に数十億円、数百億円と莫大な費用が掛かる。そのお金は、国民の税金が使われる。

日本では、狂牛病に2001年から全頭検査を行い、毎年100億円も費やしているという。しかし、全頭検査以外にも殺処分などで億単位の費用が掛かる。

日本のBSE検査状況

 

これらの伝染病は、殺された家畜の復讐、または、家畜を多く殺してはいけないという警告のような気がする。
しかし、伝染病が発生しても、相変わらず家畜を毎日殺すので、また不思議と伝染病が発生して、大きな問題になる。

家畜の伝染病をなくすには、家畜を殺す数を少なくして、カルマをなくしていくしかないと思う。

 

病気や地震などの災難をなくす方法

 

病や地震などの災難をなくす方法

日月神示によると、手首、腹、首、頭、足、胸、へそ、脊首、手の息が合っていれば病が無い。
これらに何か異変があれば、病や災難に要注意。

その場合は、「一二三祝詞」を何度も唱えると、体の異変が収まる。「祓え祝詞」も唱えるといい。

祝詞のCDが発売されているので、CDを聞くと、どのようにして唱えるか分かる。
「一二三祝詞」と「祓え祝詞」は長いので、紙にコピーして読むといい。

 

 

 

この助けてくれる神様は、オオカムツミ神。
どのようにして人を助けてくれるのか分かりませんが、神の力は三次元の人知を超えている。


飛行機事故や大地震がある日も息が乱れる。

人の体は、事前に危険を察知する不思議な能力がある。
体に違和感がある日は、要注意です。特におヘソの部分。
その日は、事故や地震に気を付ける習慣が大切。


近い将来、南海トラフ大地震が日本に起きて、多くの人が亡くなる可能性が高い。

その時のために、この災難を避ける方法を会得しておくといい。大地震が起きたときに、助かる可能性が高まる。

 

【 一二三祝詞(ひふみのりと) 】

ひふみ、よいむなや、こともちろらね
しきる、ゆゐつわぬ、そをたはくめか
うおえ、にさりへて、のますあせゑほれけ

 

【祓え祝詞】

かけまくもかしこき、いざなぎの大神、つくしのひむかの、たちばなの、おとのあはぎはらに、みそぎはらえたまえるときになりませる、つきたつふなどの神、みちのなかちはの神、ときおかしの神、わつらいのうしの神、ちまたの神、あきくひのうしの神、おきさかるの神、おきつなぎさびこの神、おきつかいへらの神、へさかるの神、へつなぎさびこの神、へつかいへらの神、やそまがつひの神、おおまがつひの神、かむなおひの神、おおなおひの神、いづのめの神、そこつわたつみの神、そこつつのおの神、なかつわたつみの神、なかつつのおのみこと、うわつわたつみの神、うわつつのおのみこと、はらえと四はしらの神たちともに、もろもろのまがごと、つみけがれをはらえたまえ、きよめたまえともうすことを、きこせめせと、かしこみかしこみもうす

 

日月神示
日の出の巻 第15帖

病あるか無いか、災難来るか来ないかは
手届くか届かないかで分かると申してあろうがな
届くとは注ぐ事ぞ

手首の息と腹の息と首の息と頭の息と足の息と
胸の息とへその息と脊首の息と手の息と
八所十所の息合っていれば病無いのだぞ

 

災難見ないのだから、毎朝神拝みてから
よく合わせてみよ
合っていたらその日には災難無いのだぞ
とくにへその息一番大切だぞ

もしも息合っていない時にはヒフミ唱えよ

唱え唱えて息合うまで祷(いの)れよ
何んな難儀も災難も無くしてやるぞ


この方意富加牟豆美(オオカムツミ)神であるぞ

神の息と合わされると災難、病無くなるのだぞ
大難小難にしてやるぞ、生命助けてやるぞ


この事はこの方信じる人でないと誤るから

知らせるではないぞ
手二本足二本入れて十柱ぞ、手足一本として八柱ぞ
この事早く皆に知らせて
どしどしと安心して働く様にしてやれよ


飛行機の災難も地震罪穢れの禍いも

大きい災難ある時には息乱れるのだぞ
「一二三祝詞」と「祓え祝詞」と神の息吹と息と
一つになっておれば災難逃れるぞ

信じる者ばかりに知らせてやって呉れよ

 

 

この世の何を拝んでもいい

この世の何を拝んでもいい

日月神示に「宇宙の総てはこの神の現れであり、一面であるから、その何処つかんで拝んでもよいのである」とある。

人は、昔から様々なものを拝んで来ましたが、基本的に何を拝んでも良かったのです。

 

これに関する私の経験を書きます。

左馬とひょうたん


3年ほど前に、デパートで1,5センチほどの左馬とひょうたんがセットになった縁起物を5000円ほどで買った。


左馬
は、将棋の駒に馬の字が、左右逆に書かれていて「まう(舞う)」という意味で縁起が良い。

ひょうたんは、上下がねじ式になっており、色々な縁起物が詰まっている。
水晶、ひょうたん、サイコロ、カエル、七福神の大黒さんと恵比寿さんなどが入っている。


70歳位のお爺さんが販売していて、色々とお話してくれた。

私は、昔の人はこんなユニークな物を作っていたのかと思い、日本の昔の文化を学ぶつもりで、これを買った。


これをいつもパンツのポケットに入れていた。たまに握りしめたり、磨いたりした。


それからは、ひょんなことから、人から思いもよらぬ物を貰うラッキーなことが何度かあった。

これは、ひょうたんをいつも持っていたからかもしれない。というのも、貰ったものは、ひょうたんに形が似ていることが多かった

 


どんぐり

次に、他にもいつもポケットに入れておくといいと思い、どんぐりを1つポケットに入れておいた。

すると、知り合いのお婆さんから、自分の庭で植えているグミの木の枝を切ったものを何度か頂いた。
グミの木を人から頂くのは、生まれて初めて。

グミの木の実は、赤くて形が、どんぐりに似ている
これもやはり、どんぐりをいつも持っていたからかもしれない。


初めに書いた左馬とひょうたんのセットの縁起物は、昔の人がいつも持っていると、同じようなものを引き寄せることを、多分知っていたのでしょう。

これは、良い知恵です。

自分の家と食べ物

まず、多くの人が大切にしなければならないのは、自分の家と食べ物です。

家を毎日掃除し、整理整頓する。
毎日の食べ物に感謝する。
これは、生活の基本です。
そうすると、嬉しいことが起きてきて、生活が良くなっていく。


その他にも、お金が好きなら、お金をいつも大切に扱うといい。お金が不思議と手に入るようになる。

服が好きなら、服をいつもお手入れすると、また新たな服と出会えることがある。

自分の好きなものや、欲しいものを大切にするといいです。

 


日月神示
春の巻 第22帖

宇宙の総てはこの神の現れであり
一面であるから
その何処つかんで拝んでもよいのである
その何処つかんで、縋(すが)ってもよいのであるぞ

水の流れも宗教ぞと申してあろう
総てに神の息、通っているぞ
一本の箸拝んでもよいのじゃ
ちゃんとめあて、決めねばならん


月光之巻 第23帖

金が好きなら金を拝んでも良いのじゃ
区別と順序さえ心得て居れば
何様を拝んでもよいぞ

金を拝めば金が流れて来るぞ
金を拝み得ぬイコヂ(意固地)さが
そなたを乏しくしたのじゃ赤貧は自慢にならん、無神論も自慢にならん

清貧は負け惜しみ

清富になれよと申してあろうが
清富こそ弥栄えの道、神の道
大ひつき大神のマコトの大道ぞ

 

 

友を作る秘訣

 

友を作る秘訣

前回に友を作ることが大切と書きました。
人、動物、植物、鉱物と友となる

犬や猫の動物や植物は、素直な心を持っているので、親しくするのは、難しくないですが、人との関係は、そう簡単ではないことも多いです。

特に、初めて会う人や、好きな異性や、苦手に感じる人、仕事で会う人といい関係を築くのに、悩むことは多い。

友を作るには、どうすればいいのか。


自分が相手の人になりきってみて、その人の立場を想像することです。

そうすると、自分がどうすれば相手が喜んでくれるか、逆にどうすれば嫌と思うかが、ある程度分かってくる。
そして、相手の為を思って、相手が喜んでくれることを行うことです。

 

 

 

まずは、自分の親や兄弟や友人などの、自分が親しい人に優しく接することから始めるといいです。
慣れてくると、自分が想像するだけで、何をすれば喜んでくれるか、逆に何をすれば嫌と思うかが分かってくる。

 

繰り返し行なっていくと、想像力やコミュニケーション能力が付き、きっと人といい関係が、築けるようになる。

 


日月神示

月光之巻 第56帖

そなたはいつも孤独
そなたの不運は孤独からじゃ
友作れよ
友を作る事は己を作る事と申してあろが
友を作る事は新しき世界を作る事ぞ


一人の世界は知れたものぞ

一人ではマコトの道を生きては行かれんぞ友と申しても人間ばかりでは無いぞ
山も友、川も友、動物も植物も皆友ぞ
大地も大空も皆友となるぞ
何もかも皆友じゃ 皆己じゃ

皆々己となれば己は無くなるぞ
己無くなれば永遠に生命する
無限の己となるのじゃ

御神前で拝むばかりでは狭いぞ
野菜拝めば野菜が
魚拝めば魚が己となるのじゃ


拝むことは「和す」こと

和すことが友作る秘訣ぞ
友を己とすることは、己を友とすることじゃ
友に捧げることじゃ

親は子に捧げるからこそ、子が親となるのじゃ

分かったか

 

 

人、動物、植物、鉱物と友となる

 

人、動物、植物、鉱物と友となる


人間一人の世界は、知れたものですが、友を作ることで、自分知らない新たな世界を知ることができ、自分が大きくなる。

人、動物、植物、鉱物といつも親しくし、友となることで、心が明るくなり、楽しい毎日を過ごせる。
どんどん新しい世界を作っていくことです。


いつも親しくしていると、目に見えない霊的なつながりが強くなる。

人が病気になったときに、親や兄弟が同じ病気になったり、動物も同じ病気になる、植物が枯れる、鉱物が変色するなどが起きることがある。
そして、病気の人が、不思議と病気が治ることがある。


これは偶然のときもあるが、偶然ではなく愛する人の病気を軽減するために、身代わりになる場合がある。

驚くのは、これは距離が遠くに離れていても起きること。距離が離れていても、霊的なつながりがあるということ。


何も飼っていない人、育てていない人は、何か自分の興味のあるものから育てるといいです。
植物は、通販でもたくさん販売している。

 

 

動物は、動物の保護施設などで譲ってもらうといいです。
インターネットにもサイトが沢山あります。
ペットショップで買うのは、あまりおすすめしません。


「ペットのおうち」では、多くのペットの里親を募集している。

ペットのおうち


その他にも山、川、火、空などあらゆる自然と親しむこともいいです。
昔から人々は、自然に親しんできた。
自分が大きく明るくなり、一切が自分となる。