京都文化博物館へレオナルド・ダ・ヴィンチ展に行った

 

leonardodavinci2-680x272

京都文化博物館へ『レオナルド・ダ・ヴィンチと「アンギアーリの戦い」展』へ行きました。

それぞれの絵画が発する波動、オーラがありますが、上にある絵画のダ・ヴィンチの「タヴォラ・ドーリア」は、この展覧会の数ある絵画の中でも、やはり断トツにいい波動を感じます。

この絵画は人が殺しあう戦いの絵画なのですが、怖さはあまり感じません。絵画のタッチが柔らかく、まるで天国で描かれたような感じがします。
ダ・ヴィンチの優れた人格が、この絵画によく表れている。

ダ・ヴィンチの「タヴォラ・ドーリア」は未完成で、不明な点がいくつかあります。しかし、東京芸術大学の方が彫刻で見事に絵画を再現しています。これで絵画の全体がとても分かりやすくなりました。芸術的にもすばらしく、いい仕事をしています。
この他の名画も彫刻で再現してもらいたいです。

topicsfeb0a8aeff6fc539a8c47a59ede194d4

 「タヴォラ・ドーリア」の複製絵画(1800円ほど)と絵葉書を購入し、額に入れて家に飾りました。とても気に入りました。

 

 

 

 

 

コスモスの造花を13本購入

 

コスモスの造花を13本購入

高島屋でピンクのコスモスの造花を購入しました。
1本1000円ほど。7日間だけのお店の展開でした。

布を染めて、ぜんぶ手作りで、たくさんの種類の花を見事に創作してる。
これは簡単にはできない。

生花は、数日で枯れてしまうのが難点ですが、布製の造花なので長年持つのがいいです。

 

花瓶に入れて玄関に飾りました。玄関が華やかになった。
花の本数は13本にした。
最近知ったのですが、数には吉数と凶数があり、13は吉数らしいです。
吉数の効果はあるかは分かりませんが、試しに吉数を使っています。

 

 

 

 

 

大阪のCOCOA SHOP AKAITORI に行く

大阪の心斎橋の「COCOA SHOP AKAITORI」へ行った。

注文したのは、ホットorアイスココアとケーキ1種のセット 1100円。
お店は古いし狭い。ココアの味はおいしいです。ボリュームは普通。ケーキの鳥カゴはカワイイ。

しかし、店内のココア関連の装飾に驚いた。

ココアの空き缶が、上の棚にずらっと並び、昔の人形や写真や本などが壁にギッシリと埋め尽くされている。店員さんの非常に手間暇をかけた温かみを感じる。お店が生きている感じがする。

これほど強烈な個性のカフェは少ない。お店が何十年も続いてきたのも、お店の個性の強さが大きい。この非日常的な空間を味わいに、お客さんがお店にやって来る。

お店を繁盛させるには、お店をいつもきれいに掃除し、整理整頓し、美しく装飾することが大切。家を大切にすると、家もそれに応えてくれる。

 

20080124172616

images