天王寺公園 「SPOONBILL」 コーヒーとレモンケーキとフィカス・プミラ

 

天王寺公園 「SPOONBILL」 コーヒーとレモンケーキとフィカス・プミラ


2
018年2月19日 大阪の天王寺公園の「てんしば」へ行きました。
ここは、2015年に大きく変わった。
以前は、浮浪者やカラオケ店などの存在で、あまり行きたくない場所でした。
それが、2016年にグッドデザイン金賞を受賞。これは凄い。

 

現在は、飲食店や子供の遊び場などがある。
公園の楽しい雰囲気に心が和む。

子供が、のびのびと体を使って遊べる場所があることは、子供の発育に良い。
こういった場所が、他にももっとできるといい。

公園の奥へ行くと、まだ工事をたくさんしていた。
これからも大きく変わっていく。

 

てんしばの「SPOONBILL」へ行きました。

アメリカ西海岸をイメージした店内で、植物が多くリラックスできる。
レモンケーキ (380円)とブレンドコーヒー (450円)を注文。税抜き。
観葉植物のフィカス・プミラ 400円。税抜き。

 

レモンケーキは、レモンの酸っぱさがいい。
380円の割に小さいので、もう少しサイズが大きいと嬉しい。

赤いスコップのような可愛い皿にケーキが載っていた。
やや皿が小さい。ケーキがこぼれてしまう。

販売用の観葉植物を店内にたくさん置いていた。
フィカス・プミラを買った。



これは上にはあまり伸びず、横に伸びるので、上に置いて下に葉を垂らしたりする。
茎の途中から出る気根を壁や他の木の幹ににくっつけて、上にもよじ登っていく。
大切に育てていきたい。

 

難波高島屋の「銀座若松」 パフェ

 

難波高島屋の「銀座若松」 パフェ

 

2018年2月16日に難波高島屋の「銀座若松」へ行きました。

みつ豆にこしあんと黒蜜を合わせた「あんみつ」は、昭和5年にこのお店で誕生した。

パフェが、高島屋の会員証を提示すると、100円ほど割引なので、これにしました。
810円 (税込)。

 


内容は、焼いた小さい餅2個、マロン、抹茶のアイス、生クリーム、小豆、ゼリー など。

上に乗っている丸いもなかの皮が、日本の昔の被り笠を思わせて面白い。
日本古来の和菓子という印象を受ける。

餅と小豆があるので、お腹がけっこう膨れる。

生クリームは油分があるので、私はやや気分が悪くなる。
個人的には、生クリームが多く感じたので、この半分でも良い。

 

和菓子は、油分が少なく、あっさりしたものが多いので好きです。
油分が少ないほうが、健康にも良い。

緑茶が付いていたので、よりスッキリした味わいになる。

美味しかったです。

 

「ダマンリュミエール」60食限定ワンプレートランチ

 

2018年2月9日に、大阪の難波高島屋のダマンリュミエール」で60食限定ワンプレートランチを食べました。

価格 1950円。 紅茶900円 割引350円=550円。
合計2500円。

「ダマンリュミエール」は、ミシュラン星シェフ唐渡泰さんプロデュース。

 

週替りのワンプレートランチは、大きな皿に6種類入っている。

  • 牛肉の煮込みを茄子器にのせて丸ごとパイ包み焼き
  • 海老と野菜のうるち米付け焼き 人参のエッセンスを添えて
  • ブッコリーとカリフラワーのガトー
    ディル風味乳化ソースとご一緒に
  • 瑞々しい野菜のマリネ 貝の旨味ジュレのアクセント
  • 長時間丸ごとローストして甘味と旨味を閉じ込めた南瓜のスープ
  • 本日の日替わりパン2種類

13時までの特典に、デザートがサービスされることもある。

 

 


料理を食べた感想

料理のデザインや色使いが、お洒落。
デパートにあるフランスのシャネル、エルメス、ヴァンクリーフアンドアーペルなどの美的感覚の高さに共通するものがあると思う。
シェフは日本人ですが、フランス料理をよく勉強していると感じる。

 

パイ包み、マリネ、スープなど6つの多彩な味や食感が楽しめるのが楽しい。
このあたりが、フランス料理は、とても優れている。
他の国は、なかなかできない。

 

今回のランチは、クリーミーな料理や肉などがあるので、油分が多く、私は、食後にやや気分が悪く感じた。
料理の味や栄養の点では、ご飯、お味噌汁、焼き魚などのあっさりした和食の方が、多くの日本人には合っている
毎日食べる料理は、やはり和食。
 

紅茶は、おすすめの紅茶を注文した。
そして出てきたのが、「ウーロンキャラメルバターソルト」。
グリーンウーロンに塩バターキャラメルの香りを付けたもの。
なかなか良かったですが、定番のダージリンなどの方が、やはり紅茶らしくて良かったです。

 

私の横の席は、中国の男女がいて、高島屋は外国人が多くなったなと感じた。
レストランも外国人で賑わうことは、良いことです。
日本に来てくれて感謝。

 

外国語の理解は、なかなか難しいですが、おそらく、数年以内に高性能の自動翻訳機が開発される
そうなると、通訳者なしでも、かなり会話できるようになる。

 

「メゾンカイザー」 あべのハルカス タワー館店

 

「メゾンカイザー」  あべのハルカス タワー館店

 

2018 2月12日

メゾンカイザー 」 近鉄あべのハルカス タワー館店で、パンとコーヒーを頂きました。

フランス人のパン職人のエリック・カイザー氏が、取締役を務めているようです。

大阪では、ハルカス内の2店だけです。

 

店内に人気パンのベスト5が載っているので、お店に2度行って、1位~5位まで全部頂きました。

パンは、だいたい200円~400円ほど。
どれもおいしいです。とても良い小麦粉を使っていると思う。
その他の製法なども良いのでしょう。

パンを1,5センチほどに切って、温めてくれるのは、良いサービス。
これでさらに美味しくなる。

 


コーヒーは、前回はモカ (500円)、今回はオリジナルブレンド (450円)を飲みました。

モカは、やや量が少ない。
オリジナルブレンドは、やや薄い。
ミルクを入れるので、濃い目がいいです。

しかし、パン屋さんにコーヒー屋さんのレベルを要求するのは、酷かなと思います。

 

以前に行ったときは、パンの食べ放題があって、嬉しかったです。
今もあるのかな。

細長いバケットを食べましたが、お腹一杯になったので、ビニール袋に入れてもらい、持って帰りました。

 

店内は狭い。人がパンをトレーに乗せて通りにくい。
食べる所もやや狭い。
これは、多くの人が感じる結構なマイナス点だと思います。
店が広いと、それだけ場所代が高くなりますが。

 

レジの店員さんが、透明のマスクをしているのは、清潔でいいと思います。
他の料理人も、マスクをもっとしていいかもしれない。

以前にも書きましたが、小麦粉のグルテンが健康に良くない説がある。
日本のお米が原料のパンがあると、ありがたい。

小麦は体に悪いという説 (1)


このような人気のパン屋さんがあるのは、フランスと日本のパン職人の長年の努力のおかげです。
ありがとうございます。