人を助けると、神がその人を助ける

人を助けると、神がその人を助ける

人は、自分のした行動が、自分に返ってくる因果応報の原理がある。この摂理は、だれも変えられない。人の行動、言葉、心の想いは、寸分違わず記録され、自分に返ってくる。

を助けると、自分が人から助けられる。人を怒ると、人から怒られる。人を殺すと、逆にいつか殺されることになる。

お腹に宿った子は、すでに魂をもつ人間です。宿った子をおろす人工妊娠中絶は殺人と同じ2014年は日本で中絶数が、年間約18万件大きなカルマを背負うことになる。

生まれた赤ちゃんを虐待で殺すと重罪ですが、お腹の中で殺すと罪に問われない。法的な殺人が、毎年何万件も起きている。中絶をゼロにしなければならない。

現在、中絶するか迷っている人は、中絶しない方がいいです。中絶すると殺人の大きなカルマをつくり、中絶しなかった人生よりもはるかに苦しむことになる。

困っている人、死にそうな人をどんどん助けることが大事です。自分も困った状況になったときに、助けられる。日本だけでも病気や貧困などで死にそうな人は、数えきれないほどいる。人民救済のボランテァア団体の活動に参加するのもいいです。

落語では「文七元結」が、人助けの噺で面白い。人助けをすると自分が助けられることが、うまく表現されている。

 

日月神示 

松の巻 第20帖
ここまで来れば大丈夫だぞ。
心大きく持って焦らずに御用せよ。
饌(け)にひもじくない様、身も魂も磨いておけよ
もう何事も申さんでも天と地にして見せてあるから
それよく見て、改心第一ぞ。
悪は霊力が利かん様になったから
最後の足掻(あが)きしているのだぞ。
人助けておけば、その人は神助けるぞ。
神界と現界の事この神示よく分けて読みて下されよ
これから愈々の御用あるぞ。

 

春の巻  第7帖
言分けて書きおくから、迷わん様に、人民の理(みち)歩んで呉れよ。
何も彼も嬉し嬉しとなる仕組、
人民に禍(わざわい)無いのじゃ。
不足無いのじゃ。
いつも楽し楽しの歌で暮らせる仕組じゃぞ。
と申して、心で分かっても、今の人民には分かるまいから、更に言分けて、こまかに説いて聞かすぞ。
理(みち)しるべをつくりおくぞ。
これがよろこびの理じゃ。
人民のいのちを正しく育てることが一番の喜び。
人民と申す者は神の喜びの全(まっと)き現われであるぞ。
いくら穢れても元の神の根源神のキをうけているぞ。
それを育てることじゃ。
導くことじゃ。
死なんとする人助けるのもその一つじゃ。
宿った子殺すことは、人民殺すことじゃ。
今の人民九分九厘は死んでいるぞ。
救え、救え、救え。
おかげは取り徳(どく)じゃ。
生かせよ。生かせよ。
生かす理(みち)は神示読むことじゃ。

和歌山の「ふくろうの湯」へ行く。 病気になった。

和歌山の「ふくろうの湯」へ行く。病気になった。

1月4日に和歌山の和歌山城と天然温泉「ふくろうの湯」へ行きました。
この日が、九星気学で南西が吉方位だったので、私の住む大阪から南西にある和歌山へ行きました。

「ふくろうの湯」で温泉と岩盤浴と食事のセットを利用。料金は、2300円ほど。これだけ盛りだくさんで2300円ほどとは安い。

和歌山から大阪へ帰るころから体がしんどくなり、家に着いたときは、熱が少し出ていました。寝るときには、頭がボーとして、のどが少し痛い状態が続いた。

翌日に一度嘔吐してから、少し体が楽になり、完治するのに12日ほどかかった。咳が10秒に1回ほど出ることが5日ほど続いた。寝るときにも咳が出て、辛かった。

病気は、少なくてもここ5年は1度もなかったので、体の疲れが、正月休みに出たと思ったのですが、正月休みにも病気になったことは、ほとんどないのでおかしいなと思いました。

気学のサイトに、吉方位へ行くと好転反応があると書いていました。好転反応とは、体の毒出しのようなもので、タバコを禁煙すると口内炎ができるのに似ている。病気や怪我や交通事故にあうことがある。

以前に、吉方位の堺のりんくうへ2度行ったのですが、その時は、なんともなかった。堺より和歌山の方が距離が長いので、効力が大きかったのでしょう。でも、これで方位の力が本当にあると実感しました。

気学を始める方は、初めは短い距離から始めて、体を慣らしていくことをおすすめします。

気学で吉方位へ旅行して、楽しい思いをして簡単に開運とはいかない。価値あるのもを手に入れるには、病気や怪我やお金などのそれなり代価が必要
日月神示やシルバーバーチも同じことを述べている。

 

日月神示

春の巻 第59帖

進むにはそれ相当の苦労と努力要るぞ。
胡坐(あぐら)かいて
懐手(ふところで)していては出来ん。
時も要るぞ。
金も要るぞ。
汗も要るぞ。
血も要るぞ。
涙も要るぞ。
良いもの程値が高い。

 

シルバーバーチ

 産みの苦しみがなければ、悲しみの涙がなければ、価値あるものは何一つ実現できません
地上世界はやがてこのことを、苦しみと悲しみの涙をもって学びとることになるでしょう。いま私たちは、物質界の暗黒を打ち破ろうと活躍しています。
また私たちの教えは、いま世界の至る所で人々の心を啓発しつつあります。
こうして、霊の光が次第に地上に浸透していくにしたがって、唯物主義の闇は消散するのです


もう一つ、別の摂理をお教えしましょう。
代価を払わずして価値あるものを手に入れることはできないということです
よい霊媒現象を得たいと思えば、それなりの感受性を磨かなくてはなりません。
また、この世的な富を蓄積していると、それなりの代価を支払わされます。つまり地上的なものに心を奪われて、その分だけ霊としての義務を怠れば、地上的な富は増えても、こちらの世界へ来てみると、自分がいかにみすぼらしいかを思い知らされます。

 

原子、人間、地球、太陽系などは、同じ構造をしている

原子、人間、地球、太陽系などは、同じ構造をしている

原子、人間、地球、太陽系、銀河系などあらゆるものは、同じ構造をしている。近い将来の岩戸開きでは、あらゆるものの構造が変化するらしい。

 

日月神示

冬の巻 第1帖
宇宙は霊の霊と物質とからなっているぞ
人間もまた同様であるぞ
宇宙にあるものは皆人間にもあり
人間にあるものは皆宇宙にあるぞ
人間は小宇宙と申して、神のヒナガタと申してあろう

至恩之巻 第5帖

人民の肉体も心も天地も皆同じものから同じ想念によって生まれたのであるぞ。 故に同じ型、同じ性をもっているぞ。

そのかみの天津神はイザナギ、イザナミの神と現われまし、成り成りの成りの果てにイザナギ、イザナミの命と成り給いて、先ず国土をつくり固めんとオノコロの四音の島をならし八尋殿(やひろどの)を見立てられたのであるぞ。

これがこの世の元、人民の頭に、東西南北の四方があり、八方と拡がるであろうが。

八十となり、八百、八千と次々に拡がって八百万(やおよろず)となりなるのであるぞ。

至恩之巻 第6帖
四と八によってなされたのであるから、森羅万象の悉くがその気を受けているのであるぞ。 原子の世界でもそうであろうが。 これが今の行詰まりの原因であるぞ。
八では足らん、十でなくてはならん。 〇でなくてはならんぞ。
岩戸ひらきの原因はこれで分かったであろうがな。

至恩之巻 第16帖
太陽は十の星を従(したが)えるぞ。 原子も同様であるぞ。 物質が変わるのであるぞ。

人民の学問や智では分からん事であるから、早く改心第一ぞ。
二二と申すのは天照大神殿の十種(とくさ)の神宝に ﹅ を入れる事であるぞ。 これが一厘の仕組み。 二二となるであろう。 これが富士の仕組み。
七から八から鳴り鳴りて十となる仕組み。 なりなりあまるナルトの仕組み。 富士(不二)と鳴門(成答)の仕組み愈々ぞ。
これが分かったならばどんな臣民でも腰を抜かすぞ。

 

原子の構造。
中心に原子核があり、周りに電子がいくつかある。
岩戸が開くと電子の数が増えるらしい。
1314159_011

人間の構造。
人間の場合は、チャクラが原子の電子や太陽系の惑星に相当するのではないかと思います。
人間のチャクラは、7個ほどある。
岩戸が開くと、チャクラが増えるのかもしれません。

福原氏のサイト「日月神示(ひふみ神示)の真の解釈」
人間の岩戸開きについて

chakra

 

地球の構造。地球にもチャクラがある。
地球のチャクラの図。 

o0725046012963084446

 

太陽系の構造。
中心に太陽があり、周りに惑星が、水金地火木土天海の8個。
岩戸が開くと10個になるらしい。

未発見の惑星が2つも?実は良くわかってない太陽系の全容

 
orbit-v2-m

 

銀河系の構造。これも原子や太陽系と同じような構造をしている。
F07002

 

人事を尽くして天命を待つ

人事を尽くして天命を待つ

日月神示には、「神に任せきれ」という言葉がたくさん出てきます。神には偉大な力があり、人を助けることができるということでしょう。

日月神示

黒鉄の巻 第26帖
神は理屈ではない。 理であるぞ。
生きた自由自在の、見当取れん、絶対であるぞ。 只求めるより外に道ないぞ。
親呼ぶ赤児の声で神を求めよ。 神に呼びかけよ。 総てを投げ出せよ。 任せ切れよ。
神は喜びの光となって、そなたに現われて来るぞ。
理屈の信仰に囚われると邪道。 赤児心の理解は第一ぞ。

黒鉄の巻 第20帖
任(まか)せ切らねばマコトの安心立命ないぞ。
任せ切るには、任せ切って安心出来る神を掴まねばならん。 お蔭信心や病気治しの神では任せ切れまいがな。
早く合点結構ぞ。 大きな生命に通じる者には死は無いぞ。 通じなければ死あるぞ。

春の巻 第16帖
あなた任(まか)せ、良い妻と申してあろうが。
神任せが良い人民であるぞ。 この神と認めたら理解して、マカセ切れよ。
太元(おおもと)の神様にホレ参らせよ。
真の信仰の第一歩ぞ。 

春の巻 第26帖
神に任せきると申しても それは自分で最善を尽くして後のことじゃ。 努力無しに任せるのは悪任せじゃ。
悪(あく)任せ多いのう。

 

神はこの世のことをすべて知っており、人には想像できないほどの大きな力があります。
人には就職、受験、病気、結婚、人間関係など悩みや願いごとが多いですが、神を信じて任せきり、自分は日々努力することです。
人事を尽くして天命を待つ」という素敵な言葉があります。

私は現在37歳の独身で、結婚相手はいません。しかし、かならず相手が見つかると信じて、日ごろ御魂を磨く努力をしています。

結婚相手や必要な人との出会いは、太古から地球に関与している宇宙人が、アレンジすることがあるようです。この宇宙人は、人間よりはるかに進化していますから、任せきるのがいいです。
http://blog.livedoor.jp/psychicreader/archives/4063724.html

http://blog.livedoor.jp/psychicreader/archives/4061139.html

 

占いでは、なかなか幸せになれない。御魂磨きが大事。

占いでは、なかなか幸せになれない。御魂磨きが大事。

占いや霊能には、さまざまな種類があります。四柱推命や占星術で人の一生の運勢や性格の鑑定、易占やタロットで近い将来のことを鑑定、霊能の前世や守護霊の鑑定など。
腕のいい占い師や霊能者に鑑定してもらうと、的中率が高くて多くの人は驚きます。はまってしまうと、高額の鑑定料に大金を費やしてしまうこともある。

しかし、昔から占い師や霊能者に鑑定してもらう人がたくさんいるのに、幸せになった人や願いが叶った人は、あまりいない。占いで幸せになれたら、この世は幸せな人であふれるはず。

それはなぜでしょうか?占いは、現在の人の状態を鑑定しているだけからだと思います。人の宿命と運命は違う。宿命は生まれる前に決めた大まかな人生の青写真。これは四柱推命や占星術である程度は鑑定できる。しかし細部は、まだ決まっていない。

易占やタロットでは近い未来を鑑定できるが、今の状態を鑑定しているのであり、運命は自分の努力で御魂を一生懸命に磨くと、どんどんいい運命に変えられる。

太古から地球に関与している宇宙人は、地球人の行動を監視して、行動次第で人の将来を変更することができるそうです。

http://blog.livedoor.jp/psychicreader/archives/4433446.html

また、アカシックレコードに書き込むこともできるそうです。

http://blog.livedoor.jp/psychicreader/archives/4531983.html

 

占いや霊能は、現在の自分の大まかな状態を知る手段として使い、日ごろから御魂を磨く努力をして、良い運勢にすることを人生の主眼にするといいです


日月神示にいい文章があるので紹介します。

日月神示

黒鉄の巻 第26巻第29帖

運命は自由自在のものではあるが、又強いるものでもあるぞ。
大きくも、小さくも、薄くも、厚くも、その人の心次第に変わるぞ。
元(もと)は霊界にあるからぞ。
嬉し嬉しで運命を迎える気、結構ぞ。
この世の事だけでこの世のこと動かんぞ。
霊界との関係によって、この世が動いている道理分からねばならん。
早く神の心に、神意さとれよ。 遠慮いらん。
何事も天から出て来るのじゃ。
天からとは心からのことじゃ。

春 の 巻 第27巻  第33帖
新玉の真珠の波も草も木も
春立ちそめてよみがえりけり
今の科学は科学のことは分かるが
それより上の事は分からん。
今の科学はあるものがあると云うことだけしか 分からんのじゃ。
よい求めにはよい感応、よい感応によい働き
よい理解となり、よい生活生まれる。
間違った求めには間違った神
間違った生活生まれるぞ。
道理じゃナァ。  窮屈であってはならん。
しかつめらしく固くなっていてはならんぞ。
笑いの道、喜びの道にこそ神のハタラキあるのじゃ
宿命は宿されたもの。
一つのワクに入っているのであるぞ。
運命は自分で切りひらく事出来るぞ。
磨け磨け、ミタマ磨き結構。
信念だけでは行き詰まるぞ。

与えるものは、無限にある

与えるものは、無限にある

この世には、人に与えるものは、無限にある。
どんどん人に与えて、人助けすることです。
与えれば与えるほど、自分が豊かになっていきます。

 

日月神示  

秋の巻 第15帖

自分が生んだもの、自分から湧き出るものは
いくら他に与へてもなくならんぞ

与へよ、与へよ、与へてなくなるものは
自分のものでないと申してあろう

無くなると思ふのは形のみ見てゐるからぢゃ
カラのみ見るからぢゃぞ 本質は無限に拡がるぞ
与へる程よりよく、神から与へられるぞ
井戸の水のようなもんぢゃ

汲めば汲むほどよくなる仕組

 

五十黙示録  碧玉の巻
第12帖

ささげるもの、与へるものは、いくらでも無限にあるでないか
ささげよささげよ、与へよ与へよ
言(ことば)こそは誰もがもてる 其(理)のささげものであるぞ
与へても与へても無くならんマコトの宝であるぞ

 

 

ひふみ神示〔新版〕 [ 岡本天明 ]

 

 与へる程よりよく、神から与へられるぞとあります。
これは一人一人の行動を、神は把握しているということです。
神から与えられるのだから心強い。


私は2011年から犬猫の動物愛護団体に、家や勤務先で不要になった物、ビニール袋、紙袋、新聞紙や古タオル、毛布
(小屋の下に敷く)などを支援物資として定期的に送っています。
送る物資がなくなることはなく、むしろ送るものが自然と集まってくる感じです。
お金がかかるのは、送料のみです。


自分もしようと思った方は、「支援物資 犬猫」などで検索すれば、たくさん出るので、見てください。 


「人の言葉」は、お金をかけずに人に、無限に与えられるものです。

ブログやメールマガジンや本を執筆する。ブログにコメントする。
親や子供や友達に役立つ話や面白い話をする。
講演会を開く。落語や講談や漫才などの話芸。
歌を歌うなど、人の言葉の仕事だけでもたくさんあります。


太陽が光を地球に無償で与え続けるように、人も今の自分ができることで、世のため人のために与えればいいのです。
    

 

2016年は日本の大地震に注意

2016年は日本の大地震に注意

2016年は、日本に大地震が来るかもしれません。地震の場所や規模は分かりませんが、要注意です。以下のサイトを参考にしました。  

 

2062年の未来人

 
Q.あなたの時代までにあった歴史に残るような大きな自然災害(2011~2062年)を いくつか教えてください

A.自然災害に関しては、言う事が許されない。人口動態変化に繋がる事は言えないのだ。 ただし、忠告しておく。yあ 間 N意 埜 b於 レ(⇒山に登れ) (2010/11/14)  

Q.今後また大きい地震くる?

A.地震に関しては、本当に申し訳なかった。 あれが私が出来る範囲の最大限の警告だったのだ。 大きな地震に関しては許される範囲内ならば答える。 (2011/7/22)

Q.前回あなたが来て大震災が起きました。 今回あなたが来たということは何かあると私は思ってもいいでしょうか?

A.冷静な判断力が必要だ。お任せする。 (2011/7/25)

 

2062の未来人は、2010/11/14に来て、4か月後の3.11の地震を予言しました。彼は、地震の被害などを調査しているのかもしれません。 そして、2012/12/20に【南海トラフ地震逃げろ】の暗号を残した。

この未来人が来た後に、大地震が起きることがある。
今度は2016年4月に来る予定なので、4月~8月くらいまでが要注意だと思います。  

 

日月神示の時節を読む

日月神示の時節に詳しいサイト

岡本天明 「天明九十六才七ヵ月、ひらく」 1920年 + 96才 = 2016年
皇太子徳仁様 「五十六才七ヶ月 みろくの世 」1,960年+56= 2016年
2016年が、みろくの世の始まりのようです。

八月ぐらぐら

1995年と2011年が時節表で8月にあたり、大地震が起きたように、2016年も8月にあたり地震に要注意です
2016年から地球全体が変化していくようです。

大勢の人が死ぬ大地震の大難が小難になるように、皆が願い努力するしかありません。

 

日月神示
天つ巻 第24帖 

今の臣民  盲聾(めくらつんぼ)ばかりと申しあるが
その通りでないか
この世はおろか自分の身体の事さえ
分かってはおらんのだぞ
それでこの世を持って行く積りか
分からんと申しても余りでないか
神の申す事違ったではないかと申す臣民も
今に出て来るぞ

神は大難を小難に
まつり変えているのに分からんか
えらい惨(むご)い事出来るのを
小難にしてある事分からんか

ひどいこと出て来る事待っているのは
邪(じゃ・蛇)の身魂ぞ
そんなことでは神の国の臣民とは申されんぞ

臣民は神に悪い事は小さくして呉れと
毎日お願いするのが務めぞ

臣民近慾だから分からんのぞ
慾も無くてはならんのだぞ
取り違いと鼻高とが一番恐いのぞ
神は生れ赤子の心を喜ぶぞ
磨けば赤子となるのぞ
いよいよが来たぞ


青葉の巻 第16帖

神示で知らしただけで得心して改心出来れば
大難は小難となるのぢゃ

やらねばならん 戦は碁、将棋、位の戦ですむ
のぢゃ、人民の心次第、行ひ次第で空まで変
ると申してあろがな

この道理よく心得なさりて、神の申すこと判
らいでも、無理と思ふ事も貫きて下されよ、
これがマコトぢゃ。