霊界でも食物を食べる

 

霊界でも食物を食べる

これまでに、食べ物に関する記事をいくつかブログに書きましたが、日月神示によると、なんと霊界の人は、霊界でも、この世と同じように食物を食べるという。


霊人の食物であるが、これまたその霊人の状態によって千変万化する

この世でも、人の内分によって食べるものが、それぞれ違ってくる。人の内分が高まると、食物も質の良いものに変わってくる。
逆に、ジャンクフードなどの質の低いものを好む人は、内分が低い人が多い。

日本の昔の和食は、とても質が高く、日本人に理想的な食べ物。これは、日本人の内分の高さが関係している。

その他、フランス料理やイタリア料理など、それぞれの国の人の内分によって、食べるものが変わる。


霊人と食物が調和して、歓喜となる。歓喜とは、神のこと。
食物を食べて美味しいと感じることは、神の歓喜が関係している。


霊人は、植物性のものを好み、動物性のものは好まない。
性の遠く離れた食物ほど神の歓喜の度が強くなる。


確かに、この世でも植物性の食べ物のほうが、体が元気になるし、健康に良い。動物性を多く食べると、気分が悪くなる。
植物性がいいのは、歓喜の度の強さが関係していた。

 

 


「すべての食物は、ことごとく食べて一物も残さないのである」とあるので、なるべく残さずに、野菜を全部を食べるようにすると、健康にも良いかもしれない。


食物を食べることは、神の歓喜を食べることだったのです。

 

日月神示
地震の巻 第15帖

霊人はまた、いろいろな食物を食している。
言うまでもなく霊人の食物であるが、これまたその霊人の状態によって千変万化するが、要するに歓喜を食べているのである。

食べられる霊食そのものも、食べる霊人もいずれも食べる、ということによって歓喜しているのである。

地上人の場合は、物質を口より食べるのであるが、霊人は口のみでなく、目からも、鼻からも、耳からも、皮膚からも、手からも、足からも、食物を身体全体から食べるものである。


そして、食べるということは、霊人と霊食とが調和し、融け合い、一つの歓喜となることである。


霊人から見れば、食物を自分自身たる霊人の一部とするのであるが、食物から見れば霊人を食物としての歓喜の中に引き入れることとなるのである。


これらの行為は、本質的には、地上人と相通じる食物であり、食べ方ではあるが、その歓喜の度合いおよび表現には大きな差がある。

食物は歓喜であり、歓喜は神であるから、神から神を与えられるのである。

以上のごとくであるから、他から霊人の食べるのを見ていると、食べているのか、食べられているのかわからないほどである。

また霊人の食物は、その質において、その霊体の持つ質より遠く離れたものを好む。
現実社会における、山菜、果物、海藻等に相当する植物性のものを好み、同類である動物性のものは好まない。


何故ならば、性の遠く離れた食物ほど歓喜の度が強くなって来るからである。

霊人自身に近い動物的なものを食べると歓喜しないのみならず、かえって不快となるからである。


そして霊人はこれらの食物を歓喜によって調理している。

そしてまた与えられたすべての食物は、悉(ことごと)く食べて一物も残さないのである。

 

この世の何を拝んでもいい

この世の何を拝んでもいい

日月神示に「宇宙の総てはこの神の現れであり、一面であるから、その何処つかんで拝んでもよいのである」とある。

人は、昔から様々なものを拝んで来ましたが、基本的に何を拝んでも良かったのです。

 

これに関する私の経験を書きます。

左馬とひょうたん


3年ほど前に、デパートで1,5センチほどの左馬とひょうたんがセットになった縁起物を5000円ほどで買った。


左馬
は、将棋の駒に馬の字が、左右逆に書かれていて「まう(舞う)」という意味で縁起が良い。

ひょうたんは、上下がねじ式になっており、色々な縁起物が詰まっている。
水晶、ひょうたん、サイコロ、カエル、七福神の大黒さんと恵比寿さんなどが入っている。


70歳位のお爺さんが販売していて、色々とお話してくれた。

私は、昔の人はこんなユニークな物を作っていたのかと思い、日本の昔の文化を学ぶつもりで、これを買った。


これをいつもパンツのポケットに入れていた。たまに握りしめたり、磨いたりした。


それからは、ひょんなことから、人から思いもよらぬ物を貰うラッキーなことが何度かあった。

これは、ひょうたんをいつも持っていたからかもしれない。というのも、貰ったものは、ひょうたんに形が似ていることが多かった

 


どんぐり

次に、他にもいつもポケットに入れておくといいと思い、どんぐりを1つポケットに入れておいた。

すると、知り合いのお婆さんから、自分の庭で植えているグミの木の枝を切ったものを何度か頂いた。
グミの木を人から頂くのは、生まれて初めて。

グミの木の実は、赤くて形が、どんぐりに似ている
これもやはり、どんぐりをいつも持っていたからかもしれない。


初めに書いた左馬とひょうたんのセットの縁起物は、昔の人がいつも持っていると、同じようなものを引き寄せることを、多分知っていたのでしょう。

これは、良い知恵です。

自分の家と食べ物

まず、多くの人が大切にしなければならないのは、自分の家と食べ物です。

家を毎日掃除し、整理整頓する。
毎日の食べ物に感謝する。
これは、生活の基本です。
そうすると、嬉しいことが起きてきて、生活が良くなっていく。


その他にも、お金が好きなら、お金をいつも大切に扱うといい。お金が不思議と手に入るようになる。

服が好きなら、服をいつもお手入れすると、また新たな服と出会えることがある。

自分の好きなものや、欲しいものを大切にするといいです。

 


日月神示
春の巻 第22帖

宇宙の総てはこの神の現れであり
一面であるから
その何処つかんで拝んでもよいのである
その何処つかんで、縋(すが)ってもよいのであるぞ

水の流れも宗教ぞと申してあろう
総てに神の息、通っているぞ
一本の箸拝んでもよいのじゃ
ちゃんとめあて、決めねばならん


月光之巻 第23帖

金が好きなら金を拝んでも良いのじゃ
区別と順序さえ心得て居れば
何様を拝んでもよいぞ

金を拝めば金が流れて来るぞ
金を拝み得ぬイコヂ(意固地)さが
そなたを乏しくしたのじゃ赤貧は自慢にならん、無神論も自慢にならん

清貧は負け惜しみ

清富になれよと申してあろうが
清富こそ弥栄えの道、神の道
大ひつき大神のマコトの大道ぞ

 

 

友を作る秘訣

 

友を作る秘訣

前回に友を作ることが大切と書きました。
人、動物、植物、鉱物と友となる

犬や猫の動物や植物は、素直な心を持っているので、親しくするのは、難しくないですが、人との関係は、そう簡単ではないことも多いです。

特に、初めて会う人や、好きな異性や、苦手に感じる人、仕事で会う人といい関係を築くのに、悩むことは多い。

友を作るには、どうすればいいのか。


自分が相手の人になりきってみて、その人の立場を想像することです。

そうすると、自分がどうすれば相手が喜んでくれるか、逆にどうすれば嫌と思うかが、ある程度分かってくる。
そして、相手の為を思って、相手が喜んでくれることを行うことです。

 

 

 

まずは、自分の親や兄弟や友人などの、自分が親しい人に優しく接することから始めるといいです。
慣れてくると、自分が想像するだけで、何をすれば喜んでくれるか、逆に何をすれば嫌と思うかが分かってくる。

 

繰り返し行なっていくと、想像力やコミュニケーション能力が付き、きっと人といい関係が、築けるようになる。

 


日月神示

月光之巻 第56帖

そなたはいつも孤独
そなたの不運は孤独からじゃ
友作れよ
友を作る事は己を作る事と申してあろが
友を作る事は新しき世界を作る事ぞ


一人の世界は知れたものぞ

一人ではマコトの道を生きては行かれんぞ友と申しても人間ばかりでは無いぞ
山も友、川も友、動物も植物も皆友ぞ
大地も大空も皆友となるぞ
何もかも皆友じゃ 皆己じゃ

皆々己となれば己は無くなるぞ
己無くなれば永遠に生命する
無限の己となるのじゃ

御神前で拝むばかりでは狭いぞ
野菜拝めば野菜が
魚拝めば魚が己となるのじゃ


拝むことは「和す」こと

和すことが友作る秘訣ぞ
友を己とすることは、己を友とすることじゃ
友に捧げることじゃ

親は子に捧げるからこそ、子が親となるのじゃ

分かったか

 

 

一二三の食べ方で病気が治る

 

一二三の食べ方で病気が治る

 

日月神示

日の出の巻 第8帖

ヒフミの食べ物に病無いと申してあろうがな
一二三の食べ方は一二三唱えながら噛むのだぞ

四十七回噛んでから呑むのだぞ
これが一二三の食べ方頂き方だぞ

神に供えてからこの一二三の食べ方すれば
どんな病でも治るのだぞ
皆の者に広く知らせてやれよ

心の病は一二三唱える事に依って治り
肉体の病は四十七回噛む事によって治るのだぞ
心も身も分け隔て無いのであるが
会得(わか)る様に申して聞かせているのだぞ
取り違い致すでないぞ

 

一二三祝詞は、文字数が合計で47ある。

一二三祝詞

ひふみ、よいむなや、こともちろらね
しきる、ゆゐつわぬ、そをたはくめか
うおえ、にさりへて、のますあせゑほれけ


これを唱えながら噛むとありますが、もちろん声を出しながら、噛んで食べることはできないので、私は心の中で、一二三祝詞を唱えて食べています。

47回を数えるのは面倒ですが、一二三祝詞が47文字なので、便利です。

噛む回数は、あまり気にしなくてもいいと思います。

一口にだいたい47回くらいのつもりで。 


よく噛むことは、想像以上に健康に良い。

食べ物が唾液と混ざり細かくなって、消化が良くなる。
小さい頃からよく噛むことで、顎が鍛えられる。

 

 

 

神に供えてからこの一二三の食べ方すれば、どんな病でも治るのだぞ
どんな病でも治ると言い切っているのがすごい。

心の病は一二三唱える事に依って治り
肉体の病は四十七回噛む事によって治るのだぞ
心の病と肉体の病では、治し方が違う。
各人の病気によって治し方を変えること。


現在は、私は病気ではないので、この食べ方で病気が治る体験はないのですが、ガン、糖尿病、高血圧、うつ病など治療が困難な病気の方は、試してみてもいいと思います。

きっと病気が快方へ向かうでしょう。

 

生まれ赤子の素直な心

 

生まれ赤子の素直な心

人間の学や智も、なかなか立派なもので、人の生活に役立つこともありますが、神の力には到底及ばない。


むしろ科学の発達が、核兵器、原発、環境破壊などを生み出し、地球を大きく破壊する危険性も出てきている。

この先も科学は発達していくが、進歩すればするほど、地球を破壊、汚染し、資源を枯渇させ、むしろ人間が住みにくくなる可能性がある。
このことを科学者は、十分に考える必要がある。


日月神示に「人間心捨てて仕舞って、智恵や学に頼らずに、神の申すこと一つも疑わず、生まれ赤子の心のうぶ心になって、神の教え守ることぞ」とある。


邪気のない、生まれ赤子のような素直な心でないと、神の申すことは分からない。

素直な心で神の教えを守り、ミタマを磨くことで、自分の器が大きくなり、生活が良くなっていく。

 

 

日月神示

磐戸の巻 第16帖

世の元からの生神が揃って現れたら
皆腰抜かして、目パチクリさせてもの言えん様になるのだぞ

神徳貰った臣民でないと中々越せん峠だぞ
神徳はいくらでも背負いきれん迄にやるぞ
大きい器持って御座れよ
掃除した大きい入れものいくらでも持って御座れよ神界にはビクともせぬ仕組み出来ているのだから安心して御用つとめて呉れよ
今度はまことの神の力でないと
何も出来はせんぞと申してあろうが

日本の国は小さいが天と地との神力強い
神のマコトの元の国であるぞ

洗濯と申すのは
何事によらぬ、人間心捨てて仕舞って
智恵や学に頼らずに、
神の申すこと一つも疑わず
生まれ赤子の心のうぶ心になって
神の教え守ることぞ


ミタマ磨きと申すのは

神から授かっているミタマの命令に従って
肉体心捨てて了って
神の申すことは背かん様にする事ぞ

学や智を力と頼むうちはミタマ磨けんのぞ

学越えた学、智越えた智は
神の学、神の智だと云うこと分からんか


梅の巻 第15帖

科学科学と人民申しているが
人民の科学では何も出来ん
乱すばかりじゃ

神に尋ねて神の科学でないと何も成就せんぞ
分からなくなったら

神に尋ねと申してあること忘れるなよ
一に一たす二ばかりとは限らんのじゃ
分かったか

 

 

自分の悪い癖を治す

自分の悪い癖を治す

誰にでも悪い癖、変な癖のようなものは、持っているものです。

例えば、嫌いな人を憎むことは、よくあること。

仕事や日常の生活で、嫌な人がいるものですが、その人をいつも心のなかで憎むと、その思いがカルマとなり、自分に返ってきて自分がまた嫌な思いをする。
いつまでたっても嫌な思いをすることになる。
これは、性格の良くない人によくあることです。


逆に言うと、いつも嫌な思いをするとしたら、自分に悪い癖があるということです。

ですから、人を憎む悪い癖を直す努力をしなければならない。
時間はかかりますが、努力で直せる。

 

楽天ウェディング

 

私も仕事で嫌な人を憎むことがたまにありましたが、心を平静に保ち、素直な心でいるようにすると、少しずつ嫌な思いをしなくなっていきました。
自分が経験することは、自分の心の反映。


日月神示では「そなたの持つ悪い癖を治して下されよ。その癖治すことが御神業ぞ」とあるので、多くの人が持つ悪い癖を直すことは、とても大切なことです。

直すことで、自分がな思いをしなくなっていく。

 

 

日月神示

月光之巻 第52帖

そなたはつまらん事にいつも心を残すから
つまらん事が出て来るのであるぞ
心を残すと云うことは
霊界との繋がりがあることぞ
つまらん霊界にいつまでくっついているのじゃ
何ごとも清めて下されよ

清めるとは和すことであるぞ

同じもの同志では和ではない
違ったものが和すことによって
新しきものを生むのであるぞ

奇数と偶数を合わせて

新しき奇数を生み出すのであるぞ
それがまことの和であり清めであるぞ

善は悪と、陰は陽と和すことじゃ

和すには同じあり方で
例えば五と五との立場で和すのであるが
位(くらい)においては陽が中心であり
陰が外でなければならん。

天が主であり、地が従でなければならん

男が上で女が下じゃ
これが和の正しきあり方ぞ
逆さまならんぞ
これを公平と申すぞ

口先ばかりで良い事を申すと悪くなるのじゃ

心と行が伴わねばならん
分かり切ったこの道理が行われないのは
そなたを取り巻く霊の世界に幽界の力が強いからじゃ
そなたの心の大半を幽界的なもので占めているからぞ
己自身の戦まだまだと申してあろうがな
この戦中々じゃが
正しく和して早く弥栄え結構ぞ

そなたの持つ悪い癖を治して下されよ
その癖治すことが御神業ぞ
自分で世界を立て直す様な大き事申して御座るが
そなたの癖を治すことが最も大切な御用でないか
これに気がつかねば落第ぞ

 

悪銭身につかず 楽に得たものは、楽に失う (2)

悪銭身につかず 楽に得たものは、楽に失う (2)

 

日月神示では、メグリのある金や物は持ってはいけないと言っている。「メグリ」とは、自分にめぐって来るカルマのこと。
同じお金でも、メグリのあるお金と、メグリのないお金がある。

ギャンブルなどで得たお金は、メグリのある悪銭なので、すぐに使い果たしてしまい、事故や病気などの不幸に見舞われる。
どんどん寄付することです。

日本にカジノを作る案がありますが、大きなカルマを作るので、日本にとって大きなマイナスです。以前にブログに書きました。

日本にカジノ建設は、大きなマイナス


・簡単なことではないですが、お金をたくさん得ても、普通の暮らしをして、貯金することです。

・お金の管理や資産運用などを、本などで学ぶこと。

余ったお金を寄付したり、困っている人の支援物資の購入に使うことも大切です。


悪銭は作らないようにしよう。

 

 

 

日月神示 

春の巻 第31帖 

今の自分の環境がどんなであろうと
それは事実であるぞ
境遇に不足申すなよ
現在を足場として境遇を美化し、善化してすすめ
そこにこそ神の光、喜び現われるのじゃ
逃げ道つくれば迷いの道に入るぞ
楽に得たもの、楽に失う

 

磐戸の巻 第10帖 

メグリある金でも物でも
持っていたら良い様に思っているが
えらい取り違いであるぞ
早く神の申すこと聞いて下されよ


黄金の巻  第90帖 

金持つと金の地獄に理屈もつと理屈の地獄に、神に捉はれると神の地獄に落ちて苦しむぞ。
持たねばならんし、中々ぢゃなあ。
先づ求めよ、求めねばならん。先づ捨てて求めよ、求めて行ぜよ。

 

 

仕事が遊び 遊びが仕事

 

仕事が遊び 遊びが仕事

人は、仕事を一生懸命すると、その仕事が楽しくなり、生きがいになることが多い。もちろん、仕事によっては、辛いことばかりということもある。

日月神示には「五人分仕事すれば分かって来るぞ
仕事とは嘉事であるぞ それが神の御用だぞ」とある。


実は、人の
仕事は、神様の大切な御用なのです。
これを知る人は、まだ少ない。
人は、あの世に行っても、この世でしていた仕事と同じような仕事をすることが多い。
あの世でも仕事をして、神の御用として働くことになる。それが霊人の生きがい。

 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ひふみ神示〔新版〕 [ 岡本天明 ]
価格:8640円(税込、送料無料)

 

自分の遊びを人の役に立たせて、仕事に繋げることも大切。

自分の趣味、美味しいものを食べる、旅行に行く、映画を見る、本を読む、洋服、電化製品、家具などを買うなど、自分が楽しいことをすると、その感想をブログに書く、写真を載せる、動画を公開するなどして、人の役に立たせるといいです。
自分の貴重な財産にもなる。

200ページ、300ページと書くと、徳が積める。アフィリエイトなどで広告費を稼ぐのもいいです。


神の御用である仕事を、生きがいにすることが大切。

 

日月神示 風の巻 第1帖 

眼覚めたら起き上がるのだぞ
起きたらその日の命頂いたのだぞ
感謝せよ、大親に感謝、親に感謝せよ
感謝すればその日の仕事与えられるぞ

仕事とは嘉事(よごと)であるぞ
持ち切れぬ程の仕事与えられるぞ
仕事は命だぞ、仕事喜んで仕え奉れ

我出すと曇り出るぞ
曇ると仕事分からなくなるぞ

 

空の巻 第7帖 

先ず己の仕事せよ
五人分も十人分も精出せと申してあろう
五人分仕事すれば分かって来るぞ
仕事とは嘉事であるぞ
仕事せよ
仕事仕えまつれよ
それが神の御用だぞ

神の御用だと申して
仕事休んで狂人の真似に落ちるでないぞ
静かに一歩一歩進めよ
急がば廻れよ
一足飛びに二階には上がれんぞ
今の仕事悪いと知りつつするは尚悪いぞ

仕事、仕事と神に祈れよ
祈れば仕事与えられるぞ
祈れ祈れとくどう申してあろうが
よき心よき仕事生むぞ
嘉事生むぞ

 

 

人は仕事で成長する

人は仕事で成長する

多くの人のこの世に生まれてくる目的は、魂を磨くことです。魂の磨き方はさまざまですが、その中でも、仕事をすることが魂を磨くのに適している

人は死後、あの世に行ってからも、自分の内分に適した仕事に励んでいる。どの仕事をするかは、自分の内分で決まるので、この世でしていた仕事と同じ仕事をすることが多い。


現在は、過労死の事件で労働時間を短縮したり、休日を多くして余暇にお金を使ってもらい、
経済を活性化するなど、なるべく仕事を長くしないようにする動きがある。


 もちろん、過労死を無くすことや、余暇を楽しむことも大切です。しかし、仕事は自分を磨くとても大切なものなので、軽視してはいけない。
普通の人より多く働いて、健康を保ち、素晴らしい仕事をしている偉い人は、昔からたくさんいる。


[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

道をひらく [ 松下幸之助 ]
価格:939円(税込、送料無料) (2017/2/22時点)


苦労の多い今の仕事が、楽になり楽しめるように工夫、改善、勉強していくことで、仕事が生きがいになっていく。そうすると長時間働いても、苦にはならなくなる。
もちろん健康管理には気をつけて
、無理をしてはいけない。


神から与えられた仕事を楽しみ、魂を磨こう。

 

日月神示

キの巻 17帖

今の仕事五人分も十人分も

精出せと申してあろうがな
急ぐでないぞ
その御用済んだら次の御用にかからすのだから
この世の悪も善も皆御用と申してあろうが
身魂相当の御用致しているのだぞ
仕事しながら神示肚に入れて行けば
仕事段々変わるのだぞ


月光之巻 第61帖


そなたの苦労は取り越し苦労

心配りは忘れてならんなれど
取り越し苦労、過ぎ越し苦労は要らんぞ
そうした苦労は、そうした霊界をつくり出して
自分自身が要らぬ苦労をするぞ
何事も神に任せよ
そなたはまだ神業の取り違いして御座るぞ

そなたの現在与えられている仕事が神業であるぞ
その仕事をより良く、より浄化する様
行(ぎょう)じねばならんぞ
つとめた上にもつとめねばならん
それが御神業であるぞ

そなたはそなたの心と口と行いが違うから
 違う事が次から次へと折り重なるのじゃ
コト(言)正して行かねばならんぞ
苦を楽として行かねばならん
苦と心するから苦しくなるのじゃ
楽と心すれば楽と出て来るのじゃ
ちょっとの心の向け方、霊線の繋ぎ方ぞ

 

罪を憎まず人も憎まず

 

罪を憎まず人も憎まず

人は、人から嫌な経験をすると、人を憎むことがある。
善が神の表れの一つなら、悪も神の表れの一つ。

ですから、基本的に悪を憎んではいけない。


簡単なことはないですが、憎まない努力をすることで、少しずつ憎まないようになる。

悪の経験をするのは、自分の中に悪があるから同じ悪を経験する。
自分の中に悪がなければ、外の悪はなくなる。
自分の中=外の世界。


シルバーバーチは「嫉妬心・貪欲・恨み・憎しみといった邪念は、身体的行為よりも大きな悪影響を及ぼします」と言っている。

 

 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

シルバー・バーチの霊訓(1)新装版 [ アン・ドゥーリー ]
価格:1296円(税込、送料無料) (2017/3/6時点)

 

人の念は、目に見えないですが、実は大きな力がある。
なんと!身体的行為よりも念の方が、力があることがある

 

人を憎むと、それがカルマとなり自分に返ってきて、身体的行為よりも嫌な経験をすることになる。
また、病気になったり、歪んだ性格になる。人相も悪くなる。
神はすべてを知っている。


嫌な経験をしても、罪も人も憎まないようにしよう。

 

日月神示
黄金の巻 第53帖

罪を憎んでその人を憎まずとは悪のやり方
神のやり方はその罪をも憎まず


シルバーバーチ

霊的成長は、思いやりの心、寛容の精神、同情心、愛、無私の行為、そして仕事を立派に仕上げることを通して得られます。
言いかえれば、内部の神性が日常生活において発現されてはじめて成長するのです。

 

邪(よこしま)な心、憎しみ、復しゅう心、悪意、利己心といったものを抱いているようでは、自分自身がその犠牲となり、歪(ゆが)んだ、ひねくれた性格という形となって代償を支払わされます。

 

嫉妬心・貪欲・恨み・憎しみといった邪念は、身体的行為よりも大きな悪影響を及ぼします。
思い切り人をぶん殴ることによって相手に与える身体的な痛みよりも、その行為に至らせた邪念が当人の霊と精神に及ぼす悪影響の方が、はるかに強烈です。


私は憎しみを抱くことはできません。
摂理を知っているからです。
大霊は絶対にごまかせないことを知っているからです。

誰が何をしようと、その代償はそちらにいる間か、こちらへ来られてから、支払わされます。

いかなる行為、いかなる言葉、いかなる思念も、それが生み出す結果に対しては、その人自身が責任を負うことになっており、絶対に免れることはできません。

ですから、いかにみすぼらしくても、卑(いや)しくとも、大霊からいただいた衣をまとっている同胞を憎むということは、私にはできません。