朝に公園を散歩 小さな幸せの時間


朝に公園を散歩 小さな幸せの時間

以前に、太陽光を浴びるのが健康に良いことや、
近視回復に遠くの緑を見ることが良いと書きました。

朝日と夕日を毎日浴びて、光を食べる

近視の視力回復法

 

私は、最近は、朝に近くの公園を散歩しています。
これは、日々の小さな幸せの時間の1つです。

その利点をいくつか書きます。

 

・遠くの緑を見るのは、目に良い。

・綺麗な空気を吸える。

公園は、緑と土が多い。
緑は、二酸化炭素を吸い、酸素を出す。
土は、有害な物質を吸着するので、空気が綺麗。

 

・太陽光を浴びると、元気になる。 目が覚める。

どんな天才やお金持ちでも、太陽ほどの光と熱を出す大きな球体は作れない。
太陽は、偉大な存在です。
しかし、この先は、温暖化やオゾン層の破壊などで、太陽光を浴びれなくなる可能性がある。

 

・犬の散歩を見て癒される。

公園で犬の散歩をしている人をよく見かける。
可愛い犬を見るだけで癒される。

 

・散歩は良い運動になる。

毎日数十分間、歩くことは健康の基本。

 

・散歩は、良いアイデアが出る。

創造的な仕事をしている人で、 散歩のときに、いいアイデアが出る人がいる。
そのため、散歩を日課にしている人が少なくない。

 

・散歩すると、ものが覚えやすい。

俳優がセリフを覚えるのに、散歩しながら覚えると、頭に入りやすいという人がいる。
歩くと、脳が活性化するのかもしれない。

 

いろいろと書きましたが、ただ公園などを歩くだけで、これだけの利点がある。

小さいころから、公園や山や川などを毎日歩いたり、遊ぶといいです。

 

口臭を少なくするには、お腹を引っ込ませる

 

口臭を少なくするには、お腹を引っ込ませる

 

口臭の原因は、さまざまなものがあります。

舌が白くなることが原因のことが多いです。
唾液が少なくなると、口臭や虫歯になりやすくなる。
口の中が不快になり、気分も悪くなる。

 

対策としては、普段から、お腹を何度か引っ込ませるといい。
そうすることで、お腹がマッサージされ、活性化する。

口臭がなくても、お腹を引っ込ませたり、手で軽くマッサージをすることは、お腹の健康にいい。


これで口臭が少なくなることがあります。
口臭でお悩みの方は、お試しください。

私は、口臭がしたときに、なんとなく、お腹を引っ込ませるといいんじゃないのと思って、してみたらいい感じでした。
健康法は、なんとなくこれが良いのではと思う方法が、効果があることがよくある。

 

注意点は、ご飯を食べた後は、お腹に食べ物があるので、しないこと。
強く腹を引っ込ませると、お腹が痛くなることがあるので、軽くすることです。

 

 

目のさまざまな障害は、カルマが関係しているかもしれない

 

目のさまざまな障害は、カルマが関係しているかもしれない

 

私は、小さい頃から近視で、だんだんと視力が低下していきました。
このままだと、日常生活にとても不便だと思い、視力を良くしたいと思うようになった。

 

私は5年ほど前は、視力が0.9まで見えるコンタクトレンズをしていた。
コンタクトをし続けると、視力が良くならないと思い、まずはコンタクトからメガネに変えた。

そして、なるべく毎日遠くを見るように心がけた。

その後、試行錯誤して、以前に書いた、目を閉じて遠くを見るなどを思いつき、少しずつ視力が回復。

 

近視の原因は、テレビゲームやパソコンなどを長時間見ることが、大きいと言われていますが、その他に、近視や遠視、緑内障、白内障などの目のさまざまな障害は、人のカルマが関係していることもあるかもしれない。
人の病気が、カルマの解消であることが多いように。

 

私も長い間、近視でしたが、カルマが無くなってきたので、視力が回復してきた気がする。

 

ですから、視力を良くしたいと思ったら、視力回復の訓練も大切ですが、カルマを無くすために日々、魂を磨いて、徳を積むと良いかもしれない。

 

近視の視力回復法(2) 目を閉じて遠くを見る

 

近視の視力回復法 (2) 目を閉じて遠くを見る

 

以前に近視の回復法をブログに書きました。

近視の視力回復法


小さいころから、遠くの緑などを毎日見ることが大切。

しかし、現代は環境が激変し、忙しい人が多い。
昔のように、毎日遠くを見る時間が無い。
どうしてもパソコンやスマートフォンを何時間も見てしまう。

 

では、どうすればいいか、考えたのですが、
「寝るときに目を閉じる。

そのときに、遠くを見る」
というものです。
(すでに実践している人が、いるかもしれないですが)

 

目を閉じて、目の前の10メートル先くらいの一点を想定して、それを見る。

 

寝るときに、コンタクトレンズのようなものを付けて、視力を矯正するものがある。
これに少し似ていると思う。

 

時間が無い人でも、実行しやすい。

少しの休み時間や電車や飛行費に乗るときなどでも、目を閉じて遠くを見る訓練ができる。

一ヶ月ほど試してみて、ものが少しハッキリ見えだしたら、効果あり。

これで、近視が回復する人が増えれば幸いです。

 

近視の視力回復法

 

近視の視力回復法

遠くの緑を見ると目にいい

昔から「遠くの緑を見ると目にいい」と言われている。
木の緑を見ると癒されるし、リラックスできる。
目にも体にも良い。

公園や自宅などで、毎日30分ほど遠くの緑を見ることを毎日の習慣にするといい。

遠くの緑をぼーっと見るのではなく、ピントを合わせるように、目を細めたり、目を大きく開けたりするのを毎日繰り返す。

 

私は、読書やパソコンを使うときに、文字がぼやけるほどの強い近視でした。
このままだと不便だと思い、読書やパソコンを使うとき、初めにぼやける文字を数分間見て、ピントを合わせる訓練をしました。
それを毎日続けると、少しずつハッキリ見えるようになった。

 

パソコン、スマートフォン、テレビゲームなどを長時間見た後は、目が疲労し、視力が低下している。
その後に、数分でもいいので、遠くの緑や景色を見て、視力を修正することを習慣にするといい。
 

その他にも、食事をするとき、歯を磨くとき、テレビ、散歩、自転車、車、電車に乗るときなど。
遠くを見る時間が少しでもあれば、遠くを見てピントを合わせる訓練をする。 


自転車を押して歩くのも、運動になるので良い。
歩くほうがゆっくり前に進むので、遠くを見やすい。

子供は、学校の登下校のときに、前の遠くを見ることを習慣にするいい。

 

一日に遠くを見る機会を何度もつくることです。

 

太陽光が健康に良い

太陽光を浴びることも、目や体の健康に良い。
2日に1度くらい、30分ほど太陽光を浴びることを習慣にすると良い。

室内で遠くを見るより、太陽光の下で遠くを見る方が、目が良くなりやすい感じがする。

過去の記事  朝日と夕日を毎日浴びて、光を食べる

人間は日の子なので、太陽光を浴びると元気になる。
病気もしにくくなる。

 

しめサバで食中毒になった

 

しめサバで食中毒になった

私の母親が、最近、近所にできた業務用スーパーで、サバを酢に漬けた「しめサバ」を買い、食べて食中毒になった

お腹が痛くなり、一日寝込んだ。
サバに線虫が、付いていたらしい。
病院でお薬をもらい、3日ほどで治った。

 

これまでに、しめサバを長い間食べてきたが、食中毒になったのは初めて。

ネットで調べると、業務用スーパーは、安いけど品質が悪いものが、少なくないようです。
調理師の腕も悪いことが、少なくないようです。

 

スーパーには、安いが体に悪い品が、少なくないので要注意。
信頼できるお店やメーカーから購入することです。

野菜は、外国産より国産が、健康に良いです。

過去の記事 野菜は、国産が健康に良い

 

 

 

こうしておこった食中毒【事業者編】⑧しめサバによるアニサキス食中毒

このサイトより

アニサキスの食中毒を予防

加熱調理が最も効果的。
マイナス20℃24時間以上(中心部まで完全に)凍結すると死滅する。

しめさばを作る場合、塩じめ工程でマイナス20℃24時間以上(中心部まで完全に)凍結することも予防法の一つです。

 

 

頭の血流を良くすると、脳や育毛に良い

 

頭の血流を良くすると、脳や育毛に良い

 

逆立ちで脳の血流が良くなるという説

 

逆立ちすると脳の血流が良くなるらしい。
脳の血流が良くなると、脳の働きも良くなる。

以前に、テレビで東大生が「逆立ちしながら勉強する」というのを放送していた。
理由は、逆立ちすると、脳に血液がたくさん流れて、記憶しやすいという。
これは、テレビでは科学的に証明されていなかった。

逆立ちは難しいので、前屈で血流を良くしてから、普通に勉強すると良いと思う。

 

コーヒーと脳の血流

 

コーヒーが、脳の血流を悪くするという説がある。
しかし、逆に血流が良くなるという説もある。

それでも飲みますか? コーヒーの弊害5つのこと

一体どっちなのか?
健康の話では、このような話は少なくない。

 

朝のコーヒー2杯くらいなら、問題はない。
コーヒーを飲んで気分が悪くなったりしたら、飲むのを止めると良い。

コーヒー豆の質も、なるべく良いものを選んだほうが健康に良い。

 

私は以前は、朝と午後にコーヒーを飲んでいたが、今は朝だけにしている。
これは、コーヒーを淹れて飲む時間を節約するためもある。

過去の記事 午後にコーヒーを飲むのを止めた

 

コーヒーで脳の血流が下がると、頭皮の血流も下がり、薄毛になる可能性があるかもしれない。

脳の血流が良くなると、頭皮の血流も良くなり、髪の毛が健康に育つ。

過去の記事 頭皮の血流を良くして薄毛を防ぐ

 

 

 

 

前屈で頭の血流を良くする

 

逆立ちは難しいので、立った状態で頭を下げる前屈は、誰でもしやすい。
足のストレッチにもなる。

ペターッと前屈で若返る レベル別・硬いもも裏を解消

頭を下げた状態を数分間続けるだけ。

これを1日に3度くらい行う。

軽いジャンプを数分間繰り返す

軽いジャンプやスクワットは、場所を取らないし、体にも負担が少なく、いい運動になる。

過去の記事 頭皮の血流を良くして薄毛を防ぐ

 

毎日、全身の血流を良くする体操をしよう。

 

 

耳から液体が出た

 

耳から液体が出た

9月初めごろ、耳から液体が少し出てきた。
大人になってからは、初めての経験で、少し驚いた。
「耳だれ」というらしい。
でも数日で自然に治った。

原因は、夏の暑さ、毎日の家と土地の掃除、仕事、パソコンの疲労などが重なってしまったのだと思う。

自然に治ってホッとした。

悪化すると病院へ行かなければならない。

 

最近は、体が疲れやすいので、午後に15分ほどの短時間の睡眠をなるべく取るようにしている。
睡眠をとると、頭がスッキリして疲労が回復する。

 

 

小麦は体に悪いという説 (2)

 

小麦は体に悪いという説 (2)

小麦が原料の食べ物は、日本にたくさんある。

パン、クッキー、ケーキ、うどん、ラーメン、パスタ、天ぷら、お好み焼き、たこ焼きなど。学校の給食も毎日パンです。

日本では小さい頃から、これらをほぼ毎日食べているので、小麦の害を何十年も受け続けている人が多い。
もちろん、小麦の害には個人差がある。

しかし、小麦が原料の食べ物は、日本では欠かせません。
無いと食べ物に困る。販売店も困る。

 

健康に良い小麦の開発が急務だと思います。
品種改良前の昔の小麦を普及させるのもいいかもしれない。

それが不可能なら、小麦が原料の食べ物を少なくしていく必要がある。

パンの原料の小麦の代わりに、日本の米を使うことも増えている。

この先は、麺類やクッキーなども米が原料のものが増加すると思う。

 

 

 

2062年の未来人は、2062年の未来の主な食べ物は 「米。大豆。じゃがいも」 と言っている。小麦は言っていない。
小麦はこの先は、衰退するかもしれない。

 


2062年の未来人
 
 Q.食文化について。日頃よく食べているものは? A.米。大豆。じゃがいも。(2010/11/21)

 

どなたか2062年の未来人に質問する機会があれば
「小麦は、品種改良されていて健康に悪いのか?」 
「小麦が原料の食べ物は、将来、少なくなるのか?」 
聞いてみるといい。

 

 

小麦は体に悪いという説 (1)

 

小麦は体に悪いという説 1

 

小麦は、体に悪いという説を最近知ったので、小麦が原料のパン、うどん、ラーメン、クッキー、天ぷらなどをなるべく控えている。

私は、毎朝、パンとコーヒーでしたが、お米に変えた。

 

小麦が体に悪い理由

現代の小麦は、品種改良や遺伝子操作を重ねて、流通するほとんどの小麦は、体に悪いものになっているという。

 

小麦を改悪した人達は、小麦を食べた世界中の多くの人の健康を悪くしたので、これは大きな罪になるのではないでしょうか。

現在は、その人達はどうしているのか不明ですが、大きなカルマを作った可能性が高い。
そのカルマで長く苦しむことになる。
遺伝子組換えはカルマを作るので、してはいけない。

 

少し前に、パスタ屋さんでパンが食べ放題のコースを選んで、パンを沢山食べた。
その後、家に帰ったら久しぶりに下痢をした。
食べ過ぎが悪かったのかと思った。

小麦が原料のパスタとパンが、健康に悪かった可能性がある。
これまで、食べ過ぎで下痢をすることは、ほとんどなかった。

 

テニスのノバク・ジョコビッチ選手も、小麦を抜く食事で体が健康になり、成績も良くなったという。
それを書いた本もよく売れている。

 

 

行動には前兆がある

私は、ジョコビッチの本や小麦が体に悪いという本を1ヶ月ほど前に、本屋で見かけた。
それは初めて知ったので、少し意外な感じがした。

 

次は、ラジオでジョコビッチの小麦を抜く本のことを聞いた。
やっぱり、小麦は体に悪いのかと思った。

 

次は自分のブログで、遺伝子操作がカルマを作るという記事を書いて、小麦が昔に品種改良で、体に悪いものに変わっていることを知った。

そして、小麦を控えるようになった。

 

このように、実際に行動にすることには、前兆があり、次第に行動に移るということがよくある気がする。
前兆に気がついていると、行動に移りやすくなる。

 

しばらくの間、小麦をなるべく抜く食事を続けてみる。