コロナウイルス対策の食事

コロナウイルス対策の食事

コロナウイルス対策には、健康に良い食べ物や食べ方が大切だと思います。

以前にも、それについて書きました。

一二三の食べ方で病気が治る

放射能被害を防ぐには、味噌汁

和食

野菜中心の和食がいいです。

やはり、日本人には和食が合っていると思います。

味噌汁、納豆、豆腐、煮物、海苔、ひじき、きなこ、小豆などたくさんある。
国産の野菜や無農薬だとさらに良い。

味噌汁は、広島の原爆の放射能の被害をかなり抑えることができたすごい食べ物です。

私も週に3回ほど味噌汁を食べています。

インスタント味噌汁のように、味噌と乾燥ワカメを自分で買って、お湯で溶かして簡単な味噌汁を作るときもあります。

備蓄用に乾燥ワカメと味噌を買いました。

学校の給食に以上のような和食が出るといいのですが、コロナウイルスで休校になり、自宅で勉強となると、食事が変わってしまうことが多い。
家でも和食がいいです。

何度もよく噛む

日月神示
「ヒフミの食べ物に病無いと申してあろうがな

一二三の食べ方は一二三唱えながら噛むのだぞ
四十七回噛んでから呑むのだぞ
これが一二三の食べ方頂き方だぞ

神に供えてからこの一二三の食べ方すれば
どんな病でも治るのだぞ


よく噛むことで、病気が治る。

何度もよく噛んで食べることが大切。

緑茶

急須でいれた緑茶を飲むと、体がスッキリする。
私も毎日飲んでいます。

緑茶は、口内や体内のウイルスの増殖を防ぐ効果があるようです。
コロナウイルス対策に、急須でいれた緑茶を毎日何杯か飲むといいでしょう。

栄養学博士が教える自分の免疫を高める食事法

子供の食事が大切

日月神示
「よくない子が出来た、その子には海の藻草や山の菜、
野菜を食べさせてくれよ、段々よい子になるぞ」
と書いている。

これは、問題行動をする子供に海の藻草、山の菜、野菜を食べさせると、良い子になるということだと思います。

食べ物は、人の性格や行動にも大きな影響を与えている。

健康に悪いものを食べると、イライラしたり、脳が働きにくくなるなどの悪影響が出ることがある。

昔から学校の給食には、パンと牛乳が出ますが、それよりも和食を多くすることが大切です。

小さい頃から健康に良い食べ物や食べ方は、とても大切です。

日月神示
五葉之巻 第1帖

あの子を生んで、この子を産んで
去ったのであるぞ。

その中に一人だけよくない子が出来た、
その子には海の藻草や山の菜、
野菜を食べさせてくれよ、
段々よい子になるぞ。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする