第三次世界大戦のロシア (2)

第三次世界大戦のロシア

前回の続きでロシアについて、いくつか書きます。

プーチン大統領、愛犬「ゆめ」を記者団にお披露目

日本政府は、2012年に秋田犬をロシアのプーチン大統領に贈った。
犬の名前は「ゆめ」。

プーチン大統領が、日本から贈った犬を受け取ってくれたのは、親日感情があるからでしょう。
反日なら犬など受け取らない。

プーチン大統領は、若い頃から日本の柔道も習っている。

プーチン大統領
柔道は単なるスポーツではない。柔道は哲学だ

ちなみにフィギュアスケートのザギトワ選手も日本から秋田犬を贈られている。

日本が秋田犬を贈ったのは、良いことだと思います。

犬猫などのペットは、人の性格をを優しくする。
ストレスを和らげるなどの働きがある。

秋田犬の「ゆめ」が、プーチン大統領の性格を少しでも穏やかにしてくれるといい。

これによってプーチン大統領の外国への核攻撃を少しでも防ぐことができたらいいです。

核攻撃は、自国が攻撃を受けて、大きな怒りがこみ上げ、報復で実行することが多い。

ロシアの核兵器

ロシアの核兵器の進化は、凄いことになっている。
他の国は対抗手段が無いので、太刀打ちできない。

【第三次世界大戦】ロシアが「アメリカ本土の核攻撃ターゲットリスト5」を公開! 発射から5分で壊滅…プーチンの最終警告だ!

★核魚雷ポセイドン・ロシアの終末兵器・核の巨大津波がアメリカを襲う

ロシアの核攻撃の標的が、アメリカの軍事施設ばかり。
アメリカは、かなり危ない状況になっている。

もし、核魚雷ポセイドンがアメリカの海岸で爆発したら、世界中の海が汚染される。
確実に魚介類を食べられなくなる。

これは2062年の未来人も言っている。

2062年の未来人

Q.海に放射能をばら撒かれる大事故があり、魚が食べられなくなるという話もほんとなのかとも。

A.海洋生物は“ほぼ”食する事が出来ない状況(2062年)だ。
(2010/11/14)

第三次世界大戦で被害を受ける地域は、過去に作った大きなカルマが関係していることが多いと思います。
そんなカルマは無いよと言う人も多いと思いますが、カルマ無しに被害を受けることは、神の摂理から見ると、あり得ない。

日月神示のロシア

日月神示には
オロシヤに上がっておった極悪の悪神
愈々神の国に攻め寄せて来るぞ」

「ロシアの悪神の御活動と申すものは
神々様にもこれは到底かなわないと思う様に激しき御力ぞ」

「オロシヤの悪神と申すのは
泥海の頃から生きている悪の親神であるぞ」

と書いている。

オロシヤとは、ロシアのことでしょう。

太古からのロシアの悪の親神が、日本にも攻めてくるという。

太古からのロシアの悪の親神なので、現在のロシア軍とは別のものでしょう。

どのようにして日本に攻めてくるのかは、自然災害なのか兵器なのか分かりません。

この悪神は、ものすごい力のある神らしい。
しかし、いざとなったら神が守るようです。

これからは、北の方向に要注意です。

日本も悪神に攻められて、大きな被害を受けることを覚悟しておく必要がある。

日月神示

日の出の巻 第7帖

オロシヤに上がっておった極悪の悪神
愈々神の国に攻め寄せて来るぞ

北に気をつけと、北が愈々ギリギリだと申して
執念気つけてあった事近くなったぞ
神に縁深い者には、深いだけに見せしめあるのだぞ
国々もその通りだぞ
神には依帖無いのだぞ

ロシアの悪神の御活動と申すものは
神々様にもこれは到底かなわないと思う様に激しき御力ぞ

臣民と云うものは神の言葉は分からんから
悪神の事に御とつけるのは分からんと申すであろうが
御とは力一杯の事、精一杯の事を申すのであるぞ
何処から攻めて来ても
神の国には悪神には分からん仕組み致してあるから
心配ないのだぞ

愈々と成った時には神が誠の神力出して
天地揺すぶってトコトン降参だと申す処まで
ギュウギュウと締めつけて万劫末代
言う事聞きますと改心する処まで揺すぶるから
神の国、神の臣民心配するでないぞ

心大きく御用して呉れよ
何処に居ても御用している臣民助けてやるぞ

日の出の巻 第20帖

オロシヤの悪神と申すのは
泥海の頃から生きている悪の親神であるぞ

神の国は結構な国で世界の真中の国であるから
悪の神が日本を取って末代の住家とする計画で
トコトンの智恵を出して
何んなことしても取る積りで愈々を始めているのだから
余程褌締めて下されよ
北に気を付けてくれよ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする