病気や地震などの災難をなくす方法

 

病や地震などの災難をなくす方法

日月神示によると、手首、腹、首、頭、足、胸、へそ、脊首、手の息が合っていれば病が無い。
これらに何か異変があれば、病や災難に要注意。

その場合は、「一二三祝詞」を何度も唱えると、体の異変が収まる。「祓え祝詞」も唱えるといい。

祝詞のCDが発売されているので、CDを聞くと、どのようにして唱えるか分かる。
「一二三祝詞」と「祓え祝詞」は長いので、紙にコピーして読むといい。

 

 

 

この助けてくれる神様は、オオカムツミ神。
どのようにして人を助けてくれるのか分かりませんが、神の力は三次元の人知を超えている。


飛行機事故や大地震がある日も息が乱れる。

人の体は、事前に危険を察知する不思議な能力がある。
体に違和感がある日は、要注意です。特におヘソの部分。
その日は、事故や地震に気を付ける習慣が大切。


近い将来、南海トラフ大地震が日本に起きて、多くの人が亡くなる可能性が高い。

その時のために、この災難を避ける方法を会得しておくといい。大地震が起きたときに、助かる可能性が高まる。

 

【 一二三祝詞(ひふみのりと) 】

ひふみ、よいむなや、こともちろらね
しきる、ゆゐつわぬ、そをたはくめか
うおえ、にさりへて、のますあせゑほれけ

 

【祓え祝詞】

かけまくもかしこき、いざなぎの大神、つくしのひむかの、たちばなの、おとのあはぎはらに、みそぎはらえたまえるときになりませる、つきたつふなどの神、みちのなかちはの神、ときおかしの神、わつらいのうしの神、ちまたの神、あきくひのうしの神、おきさかるの神、おきつなぎさびこの神、おきつかいへらの神、へさかるの神、へつなぎさびこの神、へつかいへらの神、やそまがつひの神、おおまがつひの神、かむなおひの神、おおなおひの神、いづのめの神、そこつわたつみの神、そこつつのおの神、なかつわたつみの神、なかつつのおのみこと、うわつわたつみの神、うわつつのおのみこと、はらえと四はしらの神たちともに、もろもろのまがごと、つみけがれをはらえたまえ、きよめたまえともうすことを、きこせめせと、かしこみかしこみもうす

 

日月神示
日の出の巻 第15帖

病あるか無いか、災難来るか来ないかは
手届くか届かないかで分かると申してあろうがな
届くとは注ぐ事ぞ

手首の息と腹の息と首の息と頭の息と足の息と
胸の息とへその息と脊首の息と手の息と
八所十所の息合っていれば病無いのだぞ

 

災難見ないのだから、毎朝神拝みてから
よく合わせてみよ
合っていたらその日には災難無いのだぞ
とくにへその息一番大切だぞ

もしも息合っていない時にはヒフミ唱えよ

唱え唱えて息合うまで祷(いの)れよ
何んな難儀も災難も無くしてやるぞ


この方意富加牟豆美(オオカムツミ)神であるぞ

神の息と合わされると災難、病無くなるのだぞ
大難小難にしてやるぞ、生命助けてやるぞ


この事はこの方信じる人でないと誤るから

知らせるではないぞ
手二本足二本入れて十柱ぞ、手足一本として八柱ぞ
この事早く皆に知らせて
どしどしと安心して働く様にしてやれよ


飛行機の災難も地震罪穢れの禍いも

大きい災難ある時には息乱れるのだぞ
「一二三祝詞」と「祓え祝詞」と神の息吹と息と
一つになっておれば災難逃れるぞ

信じる者ばかりに知らせてやって呉れよ

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です