瞬間移動(テレポーテーション)する人が実在する

 

 

瞬間移動(テレポーテーション)する人が実在する

 

私は、これまで「瞬間移動(テレポーテーション)」は、ほとんど知らなかったので信じていなかったのですが、どうやら瞬間移動(テレポーテーション)をする人が、実在するらしいということが分かってきました。

その原理は、まだよく分かっていません。
これから解明されていくことでしょう。

 

2062年の未来人も、遥か先の未来で自分が瞬間移動を体験し、とても面白かったと言っていた。
瞬間移動が科学的に解明されていき、150年後くらい実用化されるかもしれません。

瞬間移動については、以前にも紹介した波動測定のサイトで知りました。
このサイトの筆者も、自分が過去に瞬間移動の経験があったと言っている。

 

 

波動測定のサイト

 

この上の動画のランキング1位のロシアの男性の瞬間移動がすごい。

私もこの動画は、本物の可能性が高いと感じます。
私は、波動測定はできません。
動画から感じる人物や映像の雰囲気が、偽物となんとなく違うと感じる。

偽物の動画もいくつか見ましたが、どうしても胡散臭さが出てしまう。
本物は、本当に凄い能力を発揮している生々しさがある。

 

初めは、男性の着ている服は、瞬間移動で消えたのに、持っていた本は、残ってバサッと落ちる演出は、出来すぎかなと思いました。

映像を何度か見ていると、本も一緒に消えたなら、現在の映像技術でも演出できそうな気がする。
しかし、本だけ残して違和感なく姿を消す映像を作るのは、難しくなると思う。

ニセの瞬間移動の映像を作って、人を騙すという雰囲気も感じられないと思う。

 

波動測定のサイトでは、男性の意識集中ポイントは「サハスラーラ」

ここまでサハスラーラ集中が、自然に拡大している状態は、聖者レベルの手前の人物しか知らないという。

「サハスラーラ」というのは、本物の信頼性が高まる。
普通の人は、この意識はまず無理です。

 

一体、聖者レベルの意識を持つこの男性は、何者なのか?

疑問点

瞬間移動の後は、どこへ行ったのか?
自分の行きたい場所へどこへでも行けるのか?

 

車の前にいる青白い光を放っている人物 (波動測定ではP8) も何者か不明。
普通の人が光を放つのは、まず無理。
CG (コンピューターグラフィックス) か特殊能力者か未来人かもしれない。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です