未来人のジョン・タイターは偽物? 波動測定で見る

 

未来人のジョン・タイターは偽物? 波動測定で見る

 

以前に紹介した、あらゆるものの波動を測定するサイトで、アメリカの未来人「ジョン・タイター」を測定していました。

謎が謎でなくなるとき・・・振動の神秘!
2016年
11月


この結果は、偽物ということです。

 

N3と意識集中ポイントを合わせて考えると、ペテン師的な要素を持っている意識人物

「魂に訊く」では
「ジョン・タイターは、本当に2036年未来から来たのですか?」
答えは、「違う」

波動測定が、100%的中するとは限らないので、断定はできない。
2062年の未来人」も本物かどうか測定して頂きたいです。

 

2003年に発行された書籍 「JOHN TITOR A TIME TRAVELER’S TALE」 について、タイターの両親と名乗る人物とその対応を行った弁護士は、出版社から多額の現金を受け取ったと言われている。

やはり、これが引っかかる。
金銭目的の可能性がある。

未来からやってきた男?「ジョン・タイター」とは?

 

ジョン・タイターは、自分が生まれた1998年へタイムトラベルを行い、自分の両親と生後2ヶ月の自分自身に会って、2000年までの約2年間、4人で奇妙な同居生活をしていたという。

これも疑問に思う。

 

過去の自分や両親に会うことは、過去の自分や両親の人生を大きく変えてしまう。

過去を大きく変えることは、大きな罪になるので、これはしてはいけないことだと思います。

2062年の未来人は、過去の自分に会うのは、許されないと言っている。


2062年の未来人

Q.未来にいる自分が、タイムトラベルにより今の自分に会うことはできるか
A.可能だが許されない。
(2010/11/21) 


 

もしかすると、ジョン・タイターも2062年の未来人と同じように、本物の未来人とお金儲を企む偽者が、存在している可能性もある。

 

私も以前にジョン・タイターについて書きました。
私は本物か偽物かは、分からないという考えでした。
現在も同じ考えです。

未来は決まっていない。変えることができる。

未来人ジョン・タイターは、本物か偽物か

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です