日月神示

神は全てを知っている

投稿日:

 

神は全てを知っている

前回、「神や太古から地球に関与している宇宙人が、ほぼすべての地球人の行動を完璧に把握しているのは、真実のようです」
と書きました。

 

日月神示やスピリチュアリズムのシルバーバーチも「全知全能の神が存在する」と言っている。

神は摂理によって宇宙を創造し、摂理によって万物を治めている。
マクロからミクロに至る宇宙のすべての存在物が、神の摂理の支配を受けている。

神とは摂理や法則であり、摂理や法則とは神であるということです。

 

シルバーバーチのサイトの「霊性進化の道」には、神の摂理について詳しく書いている。
素晴らしい内容です。

2.神の摂理(法則)について


日月神示
何事も神には帳面に付け留めているのだから、間違い無いぞ
とある。
人の行い、言葉、心の全部が記録されているということです。
これは、信じられないことですが、真実です。

真実だからこそ、摂理が少しの間違いもなく完璧に働く。


日月神示

下つ巻 第37帖

臣民は神の入れものと申してあろうが
天の日津久(ひつく)の民と申すのは
世界治める身魂の入れものの事ぞ
民草とは一人を護る入れものぞ

ひつくの民草は神がとことん試すのだから
可哀想なれど我慢して呉れよ
その代わり御用つとめて呉れたら
末代名を残して、神から御礼申すぞ

何事も神には帳面に付け留めているのだから
間違い無いぞ



磐戸の巻 第19帖

この神の申す事よく肚に入れて
もうかなわんと申す所堪(こら)えて
またかなわんと申す所堪えて
愈々どうにもならんという所堪えて
頑張って下されよ

神には何もかもよく分かって
帳面に書きとめてあるから
どこまでも、死んでも頑張って下されよ
そこまで見届けねば、この方の役目果たせんのぞ

可哀想なれど神の臣民殿、堪えに堪えて
マコトどこまでも貫きて下されよ



日月神示には、臣民は苦労が多いが、我慢して頑張ってくれという言葉がいくつかある。

この先は、日本や外国の人々が、多くの苦労をする可能性が非常に高い。
戦争や自然災害で死傷者がたくさん出る。
覚悟しておかなければならない。

 

神の他にも、太古から地球に関与する宇宙人も、地球人の行動を完璧に把握しているようです。

これは、ものすごい科学技術です。
地球人の科学では、不可能です。


テレパシーで人に情報を送ることもよくあるようです。

例えば、大学の研究者が、一生懸命研究に打ち込んでいると、宇宙人が、アイデアをテレパシーで送ることがあるそうです。

私は、これは真実だと思います。
これまでの地球人の科学技術の急速な発展は、宇宙人の関与があると思います。
この先も、宇宙人がさまざまな科学技術や知識を与えてくれるでしょう。
感謝したいと思います。

 

-日月神示

Copyright© 日常 , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.