AI(人工知能)は、急速に進化していく (5)

AI(人工知能)は、急速に進化していく (5)

これまで、AIについて書きました。
国家間のAIの開発競争があるので、競争に遅れると大きな利益を失ってしまう。
そのために、科学者が開発を進めている。

AIによって、急速に生活が便利になり、楽になる良いことがある反面、楽になった分、人が肉体的、精神的な能力が低下してしまう可能性が高い。

これにも要注意です。

 

現在でも、パソコンやスマートフォンの普及によって、さまざまな弊害が、出ている。
多くの人が、この解決に努力している。

目や頭が疲労する。
近視になる。
猫背になる。 肩がこる。

日本語の文章が、手で書けなくなる。
特に漢字が書けない。
言葉を話す機会が減り、話すことが下手になる。
コミュニケーション能力の低下。
小学生からスマホを持つことで、将来どのような悪影響が出るのかよく分からない。

将来、コンピューターが、生活の全てを制御するようになると、さらに人への悪影響が出る可能が高い。
生活が楽すぎて、怠け者になる。

2062年の未来人も、2062年の人は、「勤勉性に欠けている」 「大和魂、武士道精神、これらは2010年の人間と比較すれば劣る
と言っている。

これは、コンピューターの大きな進化と関係があると思う。


2062年の未来人

Q.2010年の若者と2062年の若者で変わったなぁと思う所は?

A.勤勉性に欠けている。(2010/11/21)

Q.未来人さんの時代と現代をくらべて、日本人の性格は変わっていますか?

A.大和魂、武士道精神、これらは2010年の人間と比較すれば劣る。(2010/11/21)


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする