スタジオジブリは、CGで傑作を作れるか (4)

スタジオジブリは、CGで傑作を作れるか (4)

映画監督になるには、多くの勉強や修行が必要  

映画監督には、文学や美術などの深い教養が必要。
宮崎駿監督や高畑勲監督の教養は、ものすごい。

高い人格も必要。
宮崎駿監督や高畑勲監督の言動には、感銘を受けることが多い。

以前に、宮崎駿監督に続く人が出るには、身魂を磨いて人格を高めることが大切だと書きました。

天才・宮崎駿監督に続く人は、どうすれば出てくるか

映画監督になるには、多くの勉強や修行が必要。

宮崎吾朗監督は、長編アニメの監督は、しばらくは無理でも、絵がとても上手いので、アニメの制作には、これからも参加できると思います。

宮崎吾朗監督の父は、宮﨑駿
母は、元アニメーターの宮﨑朱美

弟は、版画家の宮﨑敬介
祖父は、版画家の大田耕士

宮崎家の家系を見ると、絵がとても上手な人が多い。
吾郎さんの子供も多分、絵が好きで上手でしょう。

日本は手描きのセル画のアニメが良い

私は、アニメ業界についてあまり知りません。素人です。
素人から見て、なぜ日本のアニメにCG(コンピューター・グラフィックス)を多く取り入れようとするのか、疑問に思うことがある。
CGを取り入れたが、残念な結果になった作品がけっこうある。

アメリカの映画は、CGの映画がとても発達している。
日本のアニメもCGの勉強をするのはいいですが、手描きのアニメも大切にしなければならない。
CGは、手描きの良さには、なかなか敵わない面がある。


この動画は、海外のクリエーターが、ジブリのシーンを3Dにしたもの。

CGの演出が、とても上手い。
しかし、キャラはジブリのアニメを使っている。
これもCGにしてしまうと、面白くないと思う。
CGは、ものすごく綺麗ですが、無機質で味のなさが出てしまう。

まずは、宮崎吾朗監督の絵の才能を生かした手描きのアニメを作ることが、大切だと思います。


スタジオジブリでアニメの傑作を作ることは、とても難しいことですが、頑張って欲しいです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする