人を助けると、神がその人を助ける

人を助けると、神がその人を助ける

人は、自分のした行動が、自分に返ってくる因果応報の原理がある。この摂理は、だれも変えられない。人の行動、言葉、心の想いは、寸分違わず記録され、自分に返ってくる。

を助けると、自分が人から助けられる。人を怒ると、人から怒られる。人を殺すと、逆にいつか殺されることになる。

お腹に宿った子は、すでに魂をもつ人間です。宿った子をおろす人工妊娠中絶は殺人と同じ2014年は日本で中絶数が、年間約18万件大きなカルマを背負うことになる。

生まれた赤ちゃんを虐待で殺すと重罪ですが、お腹の中で殺すと罪に問われない。法的な殺人が、毎年何万件も起きている。中絶をゼロにしなければならない。

現在、中絶するか迷っている人は、中絶しない方がいいです。中絶すると殺人の大きなカルマをつくり、中絶しなかった人生よりもはるかに苦しむことになる。

困っている人、死にそうな人をどんどん助けることが大事です。自分も困った状況になったときに、助けられる。日本だけでも病気や貧困などで死にそうな人は、数えきれないほどいる。人民救済のボランテァア団体の活動に参加するのもいいです。

落語では「文七元結」が、人助けの噺で面白い。人助けをすると自分が助けられることが、うまく表現されている。

 

日月神示 

松の巻 第20帖
ここまで来れば大丈夫だぞ。
心大きく持って焦らずに御用せよ。
饌(け)にひもじくない様、身も魂も磨いておけよ
もう何事も申さんでも天と地にして見せてあるから
それよく見て、改心第一ぞ。
悪は霊力が利かん様になったから
最後の足掻(あが)きしているのだぞ。
人助けておけば、その人は神助けるぞ。
神界と現界の事この神示よく分けて読みて下されよ
これから愈々の御用あるぞ。

 

春の巻  第7帖
言分けて書きおくから、迷わん様に、人民の理(みち)歩んで呉れよ。
何も彼も嬉し嬉しとなる仕組、
人民に禍(わざわい)無いのじゃ。
不足無いのじゃ。
いつも楽し楽しの歌で暮らせる仕組じゃぞ。
と申して、心で分かっても、今の人民には分かるまいから、更に言分けて、こまかに説いて聞かすぞ。
理(みち)しるべをつくりおくぞ。
これがよろこびの理じゃ。
人民のいのちを正しく育てることが一番の喜び。
人民と申す者は神の喜びの全(まっと)き現われであるぞ。
いくら穢れても元の神の根源神のキをうけているぞ。
それを育てることじゃ。
導くことじゃ。
死なんとする人助けるのもその一つじゃ。
宿った子殺すことは、人民殺すことじゃ。
今の人民九分九厘は死んでいるぞ。
救え、救え、救え。
おかげは取り徳(どく)じゃ。
生かせよ。生かせよ。
生かす理(みち)は神示読むことじゃ。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする