「となりのトトロ」と「火垂るの墓」 手描きの良さ

「となりのトトロ」と「火垂るの墓」 手描きの良さ

スタジオジブリの傑作「となりのトトロ」と「火垂るの墓」。
共に1988年制作。

今から30年も前の作品。
以前に書いた「北斗の拳」も傑作ですが、この2作は、今でも日本アニメ史上で最高レベルの傑作。
これらを超えるアニメを作るのは、至難の業です。

アニメのお手本とも言えると思います。
これからアニメを作る人は、この作品を何度も観て学ぶといいです。

何十年も繰り返し放送されても飽きない。
私もこれまでに、何度もテレビで観ました。
天才的なアニメの職人達が、魂を込めて、ものすごい手間をかけて作っている。

スタジオジブリもこの先は、CG (コンピュータ・グラフィックス) や3Dをさらに取り入れると思いますが、昔からの魂のこもった手描きのセル画の作品も続けて頂きたいですね。
私は、最も繰り返し観ても飽きないのは、昔からの手描きのアニメだと思います。

2作とも時代が昭和
監督が昭和の時代を生きてきて、その豊富な経験が映画に反映されている。
これからも昭和の時代の作品を作ると面白いと思います。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする