お勧めの暗記法(3) 学校の授業でも声に出す

 

お勧めの暗記法 (3) 学校の授業でも声に出す

 

以前に書いた、声に出して読む暗記法は、主に言葉の音を覚えるのに役立つ。

漢字の筆順や英語のつづりの暗記は、実際に紙などに繰り返し書いて覚える。
これは以前に書きました。

毎日、漢字を書く練習をする

 

日本の学校では、日本語の文章や英語の単語や文章を生徒に読ませる。
読ませる回数は、1回~3回ほどです。
しかし、1回~3回では、人は暗記できない。
これでは、読めるかを確かめる程度で終わる。

人が暗記するには、毎日のように繰り返して声に出すと覚えやすい。

 

学校の授業でも、毎日繰り返して、声に出して読み、空で言えるようにすると、知識がたくさん身につく。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です