お勧めの暗記法 (1) 声に出して毎日読む

 

お勧めの暗記法 (1) 声に出して毎日読む

 

多くの人は、学校や仕事などで、たくさんの知識を覚えなければならない。
暗記法は、さまざまな方法がある。

 

私が実践してみて、良いと思ったのは、ありふれていますが、

覚える知識を毎日声に出して読むことです。


脳を鍛える訓練にもなる。

・1回目~3回目くらいは、覚えることはできない。

・お経のように、毎日繰り返して、声に出して読む。

・その後、何も見ないで声に出す練習をすると、スラスラと言えるようになる。

・覚える内容をあまり理解していなくても、言葉は覚えているので、後から少しずつ理解が深まることもよくある。

 ・この暗記法は、主に言葉の音を覚えるのに役立つ

 

これは、映画やドラマのセリフを覚えるのと似ている
セリフを覚えるのも、声に出して毎日読み、空で言う練習をすると、長いセリフでも言えるようになる。

他にも、プロの歌手は、たくさんの歌を歌える。
僧侶は、とても長いお経を空で言える人が多い。

 

たぶん、人の脳は、言葉や文章を何度も声に出すと、覚えることができるようになっているのでしょう。
そうでないと、人は言葉を話せない。

 

暗記には、この力を利用するといい。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です