パンを箸で食べると、手が汚れない

 

パンを箸で食べると、手が汚れない

 

私は昔から朝食は、パンとコーヒーをよく食べています。
ただ、最近は、小麦には体に良くないグルテンが含まれているという説があるので、ご飯を食べることもある。
小麦粉の代わりに、米粉が原料のパンも良いです。

 

パンやドーナツを食べるときは、ふつうは、パンやドーナツを手でつかんで食べる。
しかし、パンは、手でつかむと、パンの粉やマーガリンやジャムや砂糖などが手に付く。
その場合は、指を舐めることが多い。

これまでは、これが普通だと思い、パンを食べていた。

しかし、パンを箸やフォークで食べると、手が汚れないので、なるべく箸やフォークで食べるようにしている。
そんなのは面倒だという方は、手でもいいです。

 

私は、小学校のときの給食のパンのときから、パンを手でつかむ習慣がついていた。
給食のパンはコッペパンなので、手は汚れない。

 

手が汚れるパンやドーナツの場合は、箸やフォークを使うのも衛生的でいいです。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です